メーガン妃できちゃった婚?お腹大きい画像を妊娠週数でチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メーガン妃が妊娠されて新たなロイヤルベビーの誕生が待ち遠しいですが、妊娠が早かったのでできちゃった婚と言われています。果たして本当にそうでしょうか?またお腹大きいメーガン妃の画像を見たいファンも多いようです。できちゃった婚なのかどうか、お腹大きい画像などご紹介していきたいと思います。

ヘンリー王子とメーガン妃のウェディング

View this post on Instagram

Just Married: Introducing The Duke and Duchess of Sussex #RoyalWedding

Kensington Palaceさん(@kensingtonroyal)がシェアした投稿 –


2018年5月19日にウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂でヘンリー王子とメーガン妃は無事に挙式をしました。訪問者は10万人を超えて大変話題になりましたね!

そんな2人の結婚式ですが、誓いの言葉の前に米国聖公会のマイケル・ブルース・カリー総裁主教の説教、「スタンド・バイ・ミー」のゴスペルなど、アメリカ出身のメーガン妃らしい、枠にとらわれない素敵な結婚式でした。

メーガン妃妊娠発表


そんな結婚式から約5ヶ月後の10月15日にイギリス王室はサセックス侯爵夫人であるメーガン妃が妊娠したことを発表しました!!

挙式から日が経っていなかったことから、祝福と驚きの声が多数あがりました。ヘンリー王子とメーガン妃は婚約後のインタビューで「近い将来、子供がほしい」と答えていたので、妊娠も早くからしたいと考えていたのでしょうね!

それにメーガン妃は今年37歳になります。まだまだお若いですが、出産となると高齢出産の域に入るので早めの出産をと思っていたのでしょうね。

メーガン妃できちゃった婚なのか?

メーガン妃の妊娠があまりにも早かったので、「もしかしてメーガン妃できちゃった婚?」との噂がありますが、結論から申し上げるとできちゃった婚ではありません。

仮にも王室なので、さすがにできちゃった婚はまずいかなと思いますよwきちんと婚約というプロセスを踏んでからの妊娠となります。

婚約を発表したのが2017年11月27日で、挙式をしたのが2018年5月19日です。婚約の時点で既に妊娠していたとなると、遅くとも2018年の初夏には出産していることになりますからね!できちゃった婚説はデマでした。

メーガン妃妊娠何ヶ月?出産予定日は?

ではメーガン妃は妊娠何ヶ月なのでしょうか?イギリス王室の発表によると、妊娠を公表した2018年10月15日の時点で妊娠3ヶ月だったようです。安定期と呼ばれる5ヶ月にはまだ達していませんが、流産の確率が下がってくるころではありますね。

長期外遊が控えていたので、イギリス王室もメーガン妃の体調を考えて早めに公表をしたのだと思われます。そして肝心の出産予定日ですが、2019年の春と伝えられています。具体的には4月下旬ごろだと言われていますよ!

詳しくはこちらの記事をどうぞ!
⇒メーガン妃生い立ち出生から結婚まで!今は妊娠何ヶ月か予想!?

メーガン妃お腹の子の性別は?

気になるお腹の子の性別なのですがいったいどちらなのでしょうか!?

性別が分かる週数

一般的に性別が分かるのは早くても妊娠5ヶ月ごろだと言われています。特に男の子だと見えるものがあるので、早く分かる確率が高いですね。ですが胎児の態勢によっては男の子でも女の子でももっと後にならないと性別が判明しない場合もあります。

2018年12月時点で妊娠5ヶ月くらいなので、もしかしたらもう判明している可能性はありますね。ですが、キャサリン妃の時もそうでしたが、性別は公表しないので、生まれるまでのお楽しみですね!(ウィリアム王子がうっかりばらしてましたけど)

ヘンリー王子の希望は?

妊娠を発表したあと長期外遊に出発したヘンリ―王子とメーガン妃ですが、外遊先で性別の希望が聞けたみたいです!

ファンが「おめでとうございます!女の子だといいですね」と話しかけると

僕もそう思います

と答えたそうです。

名前の最有力候補なのは「アリス」と「アレキサンダー」のようですが、周囲から名前の候補リストをもらっているので、それを見てこれから2人でじっくり考えるようですよ。

スポンサーリンク

メーガン妃お腹大きい画像

キャサリン妃の時もそうでしたが、週数が進むごとにお腹が大きくなっていく様子が何かと注目されますよね。メーガン妃も妊娠5ヶ月になり、だいぶお腹が目立ってきました。そこで妊娠週数ごとにメーガン妃お腹大きい画像をまとめます。

妊娠3ヶ月

こちらは外遊先のオーストラリアでの写真です。当然ですがまだ全然お腹出てないですね。お腹が出てくるとこの体勢出来ないんですよね!

妊娠4ヶ月

こちらロイヤルファミリー揃ってのお写真です。4ヶ月に入ったころと思わる時期ですが、タイトなお洋服でもまだ全然わかりませんね。腰の所にベルトしてますし、言われないと分かりません!

妊娠5ヶ月

こちらは5ヶ月に入られたころのお写真です。一気に大きくなりましたね!初産婦さんはお腹出てくるのが遅いと言われていますが、結構大きい気がします!ドレスのせいでしょうか?それともビッグベイビー?

妊娠6ヶ月

View this post on Instagram

Today The Duchess of Sussex made her first visit to @TheMayhew since becoming Patron – Mayhew is a grassroots charity working in a unique way to improve the lives of animals and people to better communities both in London and internationally. Mayhew looks for innovative ways to reduce the number of animals in need through pro-active community and educational initiatives and preventative veterinary care. Among the people she met was Wully, a formerly homeless pet refuge service user, and his two dogs Azzy and Gallis – The Duchess found out about the different ways Mayhew’s animal welfare officers have supported Wully and his pets over the past 11 years. Her Royal Highness also met Roobarb the dog, who is part of Mayhew’s dog therapy programme TheraPaws, which puts smiles on the faces of vulnerable individuals. The Duchess met volunteers who dedicate their time to Mayhew community programmes, including the trap, neuter and return programme, which controls and cares for the feral cat communities in London. And Her Royal Highness was also able to meet the team behind Mayhew’s international work, which includes an overseas vet training programme in countries like India and Afghanistan to help improve animal welfare.

Kensington Palaceさん(@kensingtonroyal)がシェアした投稿 –

こちらは妊娠6ヶ月に入られたころのお写真です。最初のころはコートを着ていればそんなに目立つことのなかったお腹ですが、コートを着ていてももうお腹が前に突き出してきて、誰がみても妊婦さんだというのは一目瞭然ですね!

妊娠7ヶ月

妊娠7ヶ月ごろの写真です!ゆったりマタニティスタイルが多いので、はっきりとお腹の形はわかりませんが、ゆったりした洋服でもお腹が更に一回りおおきくなったのが分かりますね。

メーガン妃出産方法は?

またまたキャサリン妃が出てきますが、キャサリン妃が前回出産したときは、産後7時間で公の場に姿を表して話題になりました。多分、普通の人だったら出産してすぐに、完璧な状態で人前には出れないと思います…。

キャサリン妃はジョージ王子は産後26時間、シャーロット王女は産後10時間、そして第三子のルイ王子はさらに短縮して7時間で退院していました。

多分日本のお母さん達はみんな無理っていうと思いますし、キャサリン妃が産後7時間で退院してるからママはみんな同じようにできると思われたら嫌だなって思っていると思います。

そんなスピード退院できるのには訳があって、やはりその出産方法が大きいようです。イギリスでは無痛分娩で、日帰りで出産するのが主流だそうで、さすがに産後7時間は早いような気もしますが、お国柄の違いでイギリスなど欧米諸国ではそんなに珍しいことではないようです。世界的にみても日本は産後の入院期間が長いほうに入ります。

それからキャサリン妃の場合はいつまでも入院していると病院やほかの患者さん、妊婦さんに迷惑がかかると配慮してスピード退院したともいわれています。退院しても王室ですから、お医者さんはいますしね。そのあたりのケアはやっぱり一般人とは違うわけです。

そこで、注目されているのはメーガン妃の出産方法です。メーガン妃の出身国であるアメリカでも無痛分娩が主流です。ですので、メーガン妃もキャサリン妃と同様に無痛分娩を選択する方向でほぼ間違いないと思われます。

メーガン妃できちゃった婚?お腹大きい画像を妊娠週数でチェックまとめ

以上メーガン妃の妊娠についてお伝えしました。

メーガン妃の妊娠が結婚からあまりにも早かったので、できちゃった婚か?という噂がありますが、そうではありませんでした。挙式後3ヶ月でスピード妊娠です。37歳という年齢や、子供が欲しいと以前から言っていたので、早めに考えていたのだと思われます。

2018年12月に妊娠5ヶ月を迎え、お腹もだいぶ大きくなってきました。出産まであと4ヶ月、ロイヤルベビーの誕生が待ち遠しいですね。

スポンサーリンク

〇関連記事
ヘンリー王子の子供時代が愛くるしい!実の父親と噂されるヒューイットとは?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする