岡田健史本名は水上恒司?出身中学校高校と野球部で甲子園か!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

岡田健史さんが中学聖日記で話題ですね。新人俳優ながら大抜擢されたわけですが、岡田健史は芸名で本名が水上恒司だという噂も…出身中学校高校もどこか気になりますね!野球をされて甲子園を目指していたそうです。本名が水上恒司なのか出身中学校や甲子園情報など調査します!

岡田健史さんのプロフィール

引用:http://www.spicepower.jp/profile/kenshi_okada.html

名前:岡田健史(おかだ けんし)
生年月日:1999512
出身地:福岡県
身長:180cm
体重:67
血液型:О
特技:野球
趣味:筋トレ
所属事務所:スウィートパワー(スパイスパワー)

桐谷美玲さんや黒木メイサさんなど女優さんが多数所属。
社歴は浅いものの、人気女優が所属しており注目の新興事務所。
スウィートパワー所属は女優だけだが、高杉真宙を間違って女子だとスカウトしたことから
スパイスパワーを立ち上げたという。

180cmのイケメンスポーツマンなんですね。プロフィールだけで好感度UPしちゃいます。20183月に高校を卒業したばかりなので、去年の夏までは本当に野球に打ち込んできた高校球児なのでしょう!!

岡田健史の本名は水上恒司?

岡田健史さんの本名調べました。

「水上恒司」さんと言うそうです。「水上」って岡田健史さんの外見通り、本名も爽やかですね。

〇関連記事
芸名の岡田健史の由来は事務所社長に関係してる?
中学聖日記岡田健史事務所はどこ?黒岩くんかっこいい画像やセリフ!はこちら

岡田健史の出身中学校高校は?

出身中学校について調べましたが、地元福岡の中学校に通っていたということしか分かりませんでした。新たな情報がありましたら、追記します。

岡田健史さんの出身高校についても調べました。

出身高校は長崎県諫早市になる「創成館高校」でした。
創成館高校は文化部も運動部もどちらも活躍している部活動が活発な高校で、文化部だと放送部・劇部、運動部だと野球部やサッカー部が活躍しているそうです。

岡田健史さんは創成館高校の野球部のキャッチャーとして活躍していました。
プロ野球選手を目指していたというぐらいですから、朝から晩まで部活動漬けの毎日だったのではないかと思います。
創成館高校は野球部の強豪校で90回記念選抜高騰学校野球大会ベスト8、第48回明治神宮野球大会準優勝、第141回九州地区高校野球大会初優勝と輝かしい戦歴を残しています。

岡田健史甲子園を目指すイケメンキャッチャー画像


やっぱりかなりのイケメンなので、高校時代にもちょっと話題にはなっていたようです。
そうですよね、高校野球好きの私ですが、こんなにイケメンな高校球児はそんなにはいないですよ。しかもキャッチャーっていうのがまたいいですね。普段はマスクをしてその素顔は見えないけど、マスクを外した時に見えるその素敵な容姿!!!うん、いいです!

ドラマが決まってからも、高校時代のイケメンキャッチャーが話題となっているようですね!

岡田健史野球部引退後は演劇部で活動?

そんな野球に一筋だった岡田健史さんですが、演劇部からの依頼で長崎を舞台にした劇で特攻隊の青年の役を演じたそうです。
調べてみると創成館高校の演劇部で長崎原爆投下直前の爆心地の家族を描く創作劇「髪を梳(と)かす八月」という劇を公演していたので、おそらくこの劇では?と思います
県大会では岡田健史さんの演技が高く評価されたそうです。創成館高校の演劇部はレベルが高くてこの創作劇で全国大会にも出場しているそうです。

こちら演劇部顧問の方のツイートです。全国大会にも出場していますし、長崎FMでの放送や新聞にも取り上げられたりして、注目度の高い演劇部です。


そんなレベルの高い演劇部からお声がかかるのも、未経験にも関わらず結果を出せるというこ
もどちらもすごいですね。もちろん努力もあったかと思いますが、演じることの素質もあったんですね!

こで演じることが楽しいと感じて演劇にも興味が沸いてきたのだと思います。

確かにこんなにイケメンが同じ校内にいたら、私が演劇部員でも誘いますよ!
舞台映えするでしょうし、野球部でキャッチャーとして大きい声で沢山指示も出していたでしょうから、声も張れて演劇部員にぴったりな逸材ですね。

岡田健史さんは演劇部での活動を通して、芸能界に興味をもったことは間違いないと思うのですが、なんと現在所属している事務所に中学1年生の冬から5年間スカウトされ続けていたそうです。
プロ野球選手を目指していたそうなので、そんな芸能界の話なんて眼中になかったそうですが、この演劇部での経験が彼の芸能界デビューを後押ししたんでしょう。

スポンサーリンク

岡田健史中学聖日記で鮮烈デビュー

演劇部の活動を通して演じることに目覚めた岡田健史さんですが、10月スタートの新ドラマ「中学聖日記」(TBS毎週火曜日10時~)で主演有村架純さんの相手役を務めることとなりました。
九州で5年間スカウトされ続けた岡田健史さんが満を持してデビューとなります。
新人俳優としては大抜擢です。
ドラマ「アンナチュラル」などを手掛けたプロデューサー新井順子氏が、プロデューサーを務めることでも注目の作品です。

この中学聖日記とは漫画雑誌「FEELYOUNG」(祥伝社)で人気連載中の同名漫画を原作としています。漫画家かわかみじゅんこさんの作品です。
田舎の中学校で教師をつとめる教師末永聖(有村架純)と10歳年下の中学生黒岩晶(岡田健史)による禁断の恋を描くドキドキラブストーリーです。
しかも主人公の末永聖には婚約者もいるんだとか。ちなみにその婚約者は町田啓太さんなんだどか。いいですね、禁断もの~ww

しかしいきなり有村架純さんのお相手役ですからね、デビュー作でこの役はかなりプレッシャーだと思います。
野球一筋だった岡田健史さんはこの黒岩晶役が決まって以来、毎日稽古に励んでいるんだそうです。普通の高校生だった岡田健史さんが有村架純さんのお相手で、地上波デビューまで果たしてしまうんですから緊張しますよね。

高校を卒業してトントン拍子できているように見えますが、この役に抜擢されるまでに長期間にわたるオーディションがあったそうです。
注目作品ですから、制作側の人たちもオーディションはかなり厳しく審査されていたんではないかと容易に想像できますね。

プロデューサーの新井順子氏はいい意味で洗練されていない、純粋な感じがしたと起用理由について語っています。

確かに昨年まで野球一本で生活してきた岡田健史さんにはまさにこの役がぴったりだったのではないかと思います。
それに去年まで現役高校生だったまだ19歳の岡田健史さんだったら、きっと初々しい高校生役を見事に演じてくれると信じています。

岡田健史本名は水上恒司?出身中学校高校と野球部で甲子園か!まとめ

岡田健史さんの出身高校は長崎県諫早市の創成館高校でした。
創成館高校は野球の強豪校で、そこでキャッチャーを務めていましたね」。
その端正な顔立ちから、高校時代からイケメンキャッチャーとしてちょっとした話題になっていましたね。

そしていよいよ10よりTBSの中学聖日記でデビューを果たします!
まだまだ無名の岡田健史さんですが、一躍人気俳優さんの仲間入りの予感です。

高校野球で鍛えたその精神力でぜひ芸能界でも活躍してほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. しま。 より:

    水上と同じ中学でした。小学校も知ってます。