紀平梨花両親の職業調査!ホシザキ勤務でお金持ち!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今シーズン大活躍の紀平梨花選手ですが、ご両親はどんな職業なのでしょうか?ホシザキという会社に勤務しているという噂もあります。フィギュアスケートはお金がかかることで有名ですからね!紀平梨花さんのご両親の職業や、ホシザキという会社について調べてみたいと思います。

紀平梨花父親の職業は?

まずは紀平梨花さんの父親から見ていきましょう。

お名前は紀平勝己さんと言って、1967年6月7日生まれで2018年現在51歳になられる方ですね。大阪のご出身です・

スケートの経験はありませんが、趣味でスキーをされていたそうです。フィギュアスケートの経験はないので、父親の勝己さんはもっぱら応援専門だそうです。技術面についてのアドバイスより、メンタルの部分で父親の影響が大きいようです。

練習などで良くない態度が見られたりすると、紀平梨花さんに厳しく指導することもあるそうです。ただし父親の勝己さんは厳しいだけではなく、大会ごとに表彰台の選手の所属チームを調べたり情報を集めて、自分の娘にはどこでスケートをさせるのがいいのかということを考えたりと、父親の勝己さんも紀平梨花さんのスケートに真剣に向き合っていることが分かります。厳しさの中にも愛情をもって、応援しているんですね。

そんな父親の勝己さんの職業は何か調査しました。詳細な会社や職業などは分かりませんでしたが、一般企業にお勤めのようですよ!

紀平梨花母親の職業は?

続いて紀平梨花さんの母親についてみていきます。お名前は紀平実香さんで1971年7月31日生まれの方なので、2018年時点で47歳になられます。ご出身は兵庫県の西宮市です。

学生時代はバスケットボール部で所属し、社会人になったからはスキーもされていたそうです。父親の勝己さんの趣味もスキーですから、お子さんが産まれる前はもしかしたらお二人でスキーを楽しんでいたりしたのかもしれないですね。

実香さんは短大時代に栄養学について学ばれていたことがあり、その知識を生かして、娘の梨花さんの体づくりのサポートをしています。フィギュアスケートはジャンプなど体に相当負担がかかるスポーツですので、チーズなどカルシウムがあるものを梨花さんに食べさせて骨の強化などを意識していたそうです。

そんな紀平梨花さんの母親実香さんの職業ですが、デパートの販売員をされています。以前は正社員として働いていたそうですが、紀平梨花さんのサポートに重点がおけるように、時間に融通が利く現在の仕事に転職をされたようです。

紀平梨花親はホシザキ勤務?

紀平梨花さんのご両親の職業について調べていると「ホシザキ」というキーワードが出てきます。ホシザキって会社の名前でしょうか?調査してみたところ、ホシザキというのは冷蔵庫や製氷機などの厨房機器を販売しているメーカーのようです!

紀平梨花さんの母親の実香さんはデパート勤務なので、父親の勝己さんの勤務先でしょうか?これは色々調査をしてみましたが、ここに勤務しているという根拠は見つけられませんでした。

ホシザキという会社は本社が愛知県なのですが、全国に営業所があるようなので、ここに本当に努めている可能性もゼロではないのかなと思います。またホシザキの年収を調べてみると推定で700万円くらいはお給料がもらえるようです!結構いい方ですよね!

ホシザキに勤務しているかどうか新たな情報がありましたら、追記していきます!

紀平梨花は美人姉妹!姉の画像は?

ここまで紀平梨花さんのご両親について見てきましたが、紀平梨花さんには4つ年上の姉の萌絵さんがいます。萌絵さんの画像はこちらです。


とってもかわいいですね!萌絵さんもTwitterやインスタのアカウントを開設されていて、妹の梨花さんとの2ショットなどをのせています。

そんな萌絵さんも実はフィギュアスケートをもともとやっていたそうです。現在はavexが運営するavex artist academyという養成学校でダンスや演技などを学んでいるようです。将来は女優や、歌手などを目指している芸能人の卵なのですね!

もともとフィギュアスケートをやっていたといいうことですから、ダンスなどはきっとお上手でしょうし、表現力も十分にありそうですよね!そして何より可愛らしい!!

今後お姉さんの活躍も気になっちゃいますね!

スポンサーリンク

紀平梨花の実家の場所は?お金持ちなのか調査!

紀平家が住むご実家は一体どこなのでしょう!?フィギュアスケートといえば、お金がかかるスポーツとして有名ですが、やはり豪邸のお金持ちなのか気になるところですよね。

ですが、紀平梨花さんのご実家は先ほどもご紹介したとおり、父親の勝己さんは一般企業にお勤めですし、突出してお金持ちということではないようです。ただしお金のかかるフィギュアスケートをずっと続けているわけですから、それなりの収入を得ている方だというのは予想できます。

ちなみにフィギュアスケートは月20~50万円程度かかるといいます。年間にすると500万円前後です。年収によっては、フィギュアスケートの費用を賄っておわりですよね。生活費もひっ迫しそうです…。最近だと白岩優奈さんがクラウドファンディングで選手を続けるための費用を募っていて話題になりましたよね!

〇関連記事
⇒白岩優奈の親がお金持ちで豪邸?両洋高校を選んだ理由とは

ご実家の場所は兵庫県の西宮市にありました。西宮から紀平梨花さんが所属している大阪の関西大学の練習場所まで車で約1時間の距離を毎日通っていたのです!片道1時間ってすごいですよね。しかも朝練もしていたので、母親の実香さんは毎朝3時に起きて朝食づくりや家事をして、朝5時には大阪へ向けて出発をしていたそうです。そうして朝練が終わるとまた学校のある西宮に戻ってきて、放課後になったらまた練習場所の大坂へ通うという毎日片道1時間の距離を2往復もしていたというので、本当に頭の下がる思いです。

そんな移動が多い毎日を送っていたわけですが、より練習場所に近い場所にということで、紀平家は持ち家の一軒家を売却して、スケートリンクの近い場所へ引っ越しをしました。紀平梨花さんは転校をしています。そして父親の勝己さんも引っ越しにより通勤時間がのびてしまったのですが、娘の為にがんばると、毎日長時間かけて通勤しているそうです!

父親の勝己さんが会社に遠くなっても、一軒家を売ることになっても、娘の為にがんばれる素敵なご両親ですね。まさしく一家全体で紀平梨花さんをサポートしているようです。

紀平梨花の幼稚園はヨコミネ式

紀平梨花さんの活躍で紀平梨花さんが通っていた幼稚園が話題になっています。それは兵庫県西宮市にある広田幼稚園といって、ヨコミネ式という教育法を取り入れた幼稚園なのです。ヨコミネ式ってご存知ですか?幼児教育などに興味がある方なら聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

ヨコミネ式とはあのプロゴルファーの横峯さくらさんの伯父さんの横峯吉文さんが提唱した教育法のことで、ヨコミネ式の幼児教育を受けると幼稚園で掛け算マスターとか、跳び箱8段跳べるとか色々言われています。紀平梨花さんの場合も、5歳の時に片手で側転ができたそうなので、ヨコミネ式が今の紀平梨花さんに多少なりとも影響は与えているのかなと思います。

ちなみにこの広田幼稚園は英才教育がすごいということで、1時間かけて通う子がいたり、毎年募集をかけるとすぐ定員を超えてしまったりととても人気だそうです。

紀平梨花の学歴!高校はN高等学校

広田幼稚園を卒園後は、地元の兵庫県西宮市の西宮市立大社小学校に進学、中学校は上ヶ原中学校という公立へ進学をしましたが、先ほどご紹介した通り、練習場所により近い場所にということで、中学校は途中で転校して、関西大学の中等部へ転校をしています。

高校はよりフィギュアスケートに集中できる環境を求めて、全日制ではなく通信制のN高等学校に進学しました。N高等学校とは沖縄に本校があり、カドカワとドワンゴが共同で作った学校なのです。ネットコースを選択すると自分が好きな場所で好きな時間に受講をすることができるので、フィギュアスケートとの両立を考えてこの学校にしたそうです!

スポンサーリンク

紀平梨花のコーチは?

紀平梨花さんはフィギュアスケート界では有名な濱田美栄コーチに師事しています。関大所属のコーチなのですが、同門には宮原知子さん、本田真凛さんなど数々の有名選手がいます。濱田美栄コーチ自身もフィギアスケート選手をしていましたが、出身大学である同志社大学を卒業とともに引退をします。その後、コーチへ転身し京都醍醐FSC及び、関西大学でコーチを務めています

そしてもう一人、イケメンだと話題のコーチがいます。それはこの方・・・

田村岳斗コーチです。田村コーチも元フィギュアスケート選手で、現在はコーチ、プロスケーターとして活躍されていて、濱田コーチと一緒にコーチングにあたっているんですね!

そして振付師は2人いて、現在はディビッド・ウィルソン氏とトム・ディクソン氏が担当しているようです。ディビッド・ウィルソン氏はあの伊藤みどりさんの振付をしたこともあるそうですよ!現在は人気振付師の一人です。もう一人のトム・ディクソン氏も元選手で、現在は振付師として活躍しています。

紀平梨花の代名詞トリプルアクセル

今や紀平梨花さんの代名詞となったトリプルアクセルですが、成功をしたのは2016-2017シーズンのことでした。この年はフィギアスケート強化選手にも選ばれ、頭角を現してきていました。

ジュニアグランプリのリュブリャナ杯にて初めてトリプルアクセルを成功させたんです。若干14歳にして女子史上初となる6種類8つの3回転ジャンプを成功せさ、一気に有名人となりました。

そして2018-2019シーズンはシニアに移行した年なのですが、グランプリファイナルで優勝し、シニア移行した年にグランプリファイナルで優勝という快挙はあの浅田真央さんいらい13年ぶりのことでした!それだけすごいことをやってのけたんですね!

〇関連記事
遅咲きのトリプルアクセルジャンパー!細田采花って誰?
細田采花(あやか)プロフィールは?出身高校大学、親やコーチまとめ!

紀平梨花トリプルアクセル成功の決め手は微調整!

やはりジャンプの決め手はなんといっても、エッジです。

紀平梨花さんもこのエッジを安定すべく、日々取り組んでいて、新しいスケート靴に変えた時などは、およそ1ヶ月ほどかけてジャンプが跳べるように調整をしていくそうです。

またスケートのエッジだけではなく、靴紐の締め具合も非常に繊細で、昨年は靴ひもを強く締めすぎて結果が出せないこともありました。やはりいかに自分の足と同じような感覚までスケート靴を持っていくかというのがすごく難しいところなんですね。

また紀平梨花さんは衣装についても美しさだけではなく、ジャンプを跳ぶのに支障がないか、跳びやすいかと言うところまで、細かく確認をして生きながら最終デザインを決めて、製作をしていっているそうです。

やはり一流になればなるほど、細かいことにとても全力を尽くされているのだと感じます!

紀平梨花はストイックに食事管理!

紀平梨花さんは練習だけではなく、食事面でもかなりストイックに取り組んでいるんです!

トリプルアクセルを跳び続けられるように、栄養学を学んで、毎日コンビニで買っていた食事もお弁当に変えて、食材も自分で手配しているそうです!

大好きなお寿司もシャリは半分残したり、お菓子も大会前は控えたりと、自分で自分のことをちゃんと律することのできる、とても精神力が強い人なんですね!

また現在154cmの紀平梨花さんですが、浅田真央さんのようにすらっと身長を伸ばしたいと思って、毎晩寝る前に低脂肪の牛乳を飲むのが日課なんだそうです!牛乳を飲んでる姿を想像するとかわいいですね!

身長は154cmとのことですが、演技中の紀平梨花さんをみると、堂々としているからか、実際より身長が大きく見えるような気がしますね。

ちなみに紀平梨花さんですが、かなりストイックに食事を管理されているので、体脂肪率が驚異の6%をなんです~!

見て下さい!この割れた腹筋を!

女性って脂肪がどうしても男性より多めですが、男性のアスリート並みの体脂肪率に驚きです。

紀平梨花両親の職業調査!ホシザキ勤務でお金持ち!まとめ

紀平梨花さんについて調べてきました。

ご両親はそれぞれお仕事をされていて、父親は一般企業にお勤め、母親はデパート販売員でした。ホシザキという厨房機器に父親が勤めているという噂がありますが、本当かどうか根拠となる情報は見つけられませんでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする