井岡一翔タトゥーの意味が深い!試合のテレビ放映はいつ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

現役引退、結婚、離婚と話題の絶えない井岡一翔ですが、腕に入っているタトゥーの意味が判明しました。そのタトゥーの意味がなんとも深いんですよ!そんな井岡一翔の次なる試合のテレビ放映はいつでしょうか?試合のテレビ放映の日程についても調査します!

井岡一翔の引退から現役復帰


2017年の大晦日に電撃引退を発表した井岡一翔でしたが、2018年7月に今度は現役復帰を発表しました。まだ若いですし、きっとボクシングは続けてくれると思っていました!

復帰を決意してからは、ボクシングの拠点をアメリカに移して、階級もスーパーフライ級にあげています。

井岡一翔の復帰戦で見事勝利


そんな大注目の井岡一翔が復帰戦に選んだのはアメリカのビックイベント「SUPERFLY3」でした。2018年9月に約1年半ぶりの復帰戦で、対戦相手はマックウィリアムズ・アローヨです。2017年の大晦日の引退表明を撤回し、階級をスーパーフライ級にあげて臨んだ注目の試合です。

対戦相手のマックウィリアムズ・アローヨはプエルトリコ出身のボクサーです。プロボクシングの成績は20戦17勝(14KO)3敗です。スーパーフライ級で世界ボクシング評議会(WBC)と世界ボクシング機構(WBO)で3位にランクしていて、復帰戦の相手としては申し分なかったでしょう。実はこのアローヨには双子の弟がいて、マックジョー・アローヨと言いますが、弟もボクサーで元IBFスーパーフライ級王者というボクサー兄弟です。

気になる結果ですが、3-0の判定勝ちです。ダウンなどを奪い2人のジャッジが7ポイント差をつけるほどの圧勝でした。とはいえ、試合後のこの井岡一翔さんの顔の腫れ具合から、簡単な試合ではなかったことは分かりますね。

試合後、井岡一翔はこのようにコメントを残しています。

自分のパフォーマンスにとても満足しています。アメリカで戦えたことをとても嬉しく思っています。雰囲気は素晴らしかった!

この試合結果に本人も満足をしています。一方負けてしまったマックウィリアムズ・アローヨはこのように語っていました。

試合を受けた時から井岡一翔がクオリティの高いボクサーだということは知っていたが、今日はそれを見せつけられた

と語りながらも、結果についてはもう少し僅差だと思っていたようだったので、悔しさをにじませていました。

スポンサーリンク

井岡一翔タトゥーの意味

井岡一翔はその復帰戦の前に、公式練習に姿を現したのですが、その時に左腕の内側にタトゥーが入っていることが分かりました。そのタトゥーの画像がこちらです。

左腕の内側にタトゥーがあるのが分かりますか?

Thought is the blossom,
language the bud,
action the fruit behind it.

と書いてありますが一体どんな意味なのでしょうか?日本語訳にするとこうなります。

思いは花であり、

言葉は芽であり、

行動はその後に実をつける。

これはラルフ・ワルド・エマーソンという思想家兼哲学者の言葉なのですが、どう解釈したらいいのでしょうね。思いや言葉も大切で、それ以上に行動が大切ってことでしょうか?あなたはどう解釈されましたか?

井岡一翔タトゥーを入れた理由

実は日本ボクシングコミッション(JBC)ではタトゥーをいれたらいけないというルールがあります。現行のルールブックでは「次の各号に該当するボクサーは試合に出場することができない」として

入れ墨など観客に不快の念を与える風体のもの

と、明確にタトゥーをしたら試合には出場できないと記載があります。世界のボクシングシーンでみたら、タトゥー自体は決して珍しくなく、日本でもそうした選手はいるようです。ですが、そうした選手が出場すると、観客などからクレームがJBCに入ることが多いみたいなんです。そういったクレームに対応するのもJBCは大変なようで、そうしたことからJBCではルールブックにそのように明記をしているようです。

やっぱりタトゥーがあると温泉や銭湯に入れないのが常識の日本ですからね。たとえボクサーでもタトゥーをしていることに一定の批判はあるんでしょう。

しかし、なぜルールブックに明記してあるのに、井岡一翔はタトゥーをいれたのでしょうか?これは逆説的に考えれば、もう日本ではリングに上がらないからタトゥーをいれたともとれますよね。つまり、井岡一翔は日本のボクシングと決別し、アメリカに活動の場を移したとみられています。

実際にタトゥーをいれた理由について本人は「決意です」と語っているのです。前述したタトゥーに彫られている文字の思想家ラルフ・ワルド・エマーソンもアメリカ人なのです。アメリカに活動の場を移し、アメリカ人の思想家の言葉をタトゥーにする・・・なんだか井岡一翔さんの決意を感じ取ることができますね。

井岡一翔タトゥーの場所が気になる

先ほどご紹介した通り、井岡一翔のタトゥーの場所は左腕の内側にシンプルに文字がいれてありました。

腕に入れるタトゥーって外側に入れている人が多いイメージがあるので、内側に入れているのはなんだか珍しいですよね。特に日本だとタトゥーをしていることで、銭湯やプールへの入場制限があったりなにかと不便そうですし、そもそもタトゥー自体にあまりいいイメージがないかもしれませんね。

もしかたらそういったことも踏まえて、目立たない腕の内側にしたのだろうか…。でも井岡一翔はそんなことは関係ないかもしれないですね。外側だとその文字が見えないから、内側に入れてその文字が常に自分でも目にはいるようにしたのかもしれません。誰かにそのタトゥーを誇示するというより、自分自身を鼓舞するためのタトゥーなのかもしれません。

スポンサーリンク

井岡一翔試合のテレビ放映は?

そんな井岡一翔が4階級制覇をかけて、また試合が行われることが決定しました!

相手はフィリピンのドニ―・ニエテスです。3階級制覇王者同士の戦いで、勝者が4階級制覇達成となります。もし井岡一翔が勝利すれば日本人初の4階級制覇という偉業を達成することになるので、注目が集まっています!!

相手のドニ―・ニエテスは今まで戦ってきた相手の中でも最も最強といわれています。戦績は47戦41勝で前述した通り3階級制覇を達成、今回は4階級制覇を狙って井岡一翔との一戦にかけています。

日程:2018年12月31日
時間:18時
TBSにて放送予定!

1年の締め括りである大晦日にやるんですね!勝利して気持ちよく新年を迎えたいですね!

井岡一翔離婚!元嫁谷村奈南とは?

元嫁の谷村奈南さんは歌手でグラビアアイドルです。井岡一翔さんとの出会いは、よくある友人の紹介というやつですw

何度も食事をして仲がよい様子がフライデーされてしまうわけですが、当時井岡一翔さんはセレブタレントのソンミさんと交際していたので、この報道を否定しています。ですが、谷村奈南さんが井岡一翔さんに惚れ込んでアプローチをし、結局2015年3月に交際をスタートすることになりました。

こういった経緯があたったので二人の結婚は略奪婚とか略奪愛とか言われています。ですが、結婚については井岡一翔さんの父親が大反対をします。略奪愛とか谷村奈南さんの芸能活動のこととかあまりよく思っていなかったようです。

ですが、父親の反対を押し切って同棲をはじめ、国内で挙式をしましたが父親は欠席をしました。この結婚で親子確執!?とまで言われるようになってしまっていたところ、井岡一翔さんと谷村奈南さんとの別居報道そして2018年11月には離婚発表となり、わずか1年ちょっとの結婚生活に幕を閉じたわけです。

ですが、もともと反対されて結婚した2人、周囲はやっぱりという感じだったそうです。

井岡一翔タトゥーの意味が深い!試合のテレビ放映はいつ?まとめ

井岡一翔のタトゥーの意味はラルフ・ワルド・エマーソンという思想家兼哲学者の言葉で「思いは花であり、言葉は芽であり、行動はその後に実をつける。」という意味でした。タトゥーが禁止のJBCでは試合に上がれないので、日本ボクシングと決別したと見ている方もいるようです。

大晦日4階級制覇をかけた戦いがあります!見逃せません!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする