本庶佑息子と橋本徹の意外な関係!妻や子供は何してる?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本庶佑さんがノーベル生理学賞を受賞しましたが。本庶佑さんの息子さんと橋本徹さんの意外な関係が明らかになりました。息子さん意外にも妻や他に子供がいるのか孫はいるのか家族について調査していきたいと思います。本庶佑さんの息子さんと橋本徹さんの以外な関係とはいったい何でしょう!?

本庶佑さんがノーベル生理学賞を受賞

2018年10月1日に京都大学の本庶佑教授が本年度のノーベル生理学賞を受賞したことが報道されました!日本人としては日系受賞者も含めると26人目の受賞者となります。

12月10日にストックホルムで開かれる授賞式も楽しみにしておられるようです!

ノーベル賞わかりやすく言うと・・・

本庶佑教授がベーベル生理学賞を受賞したのいうのはお分かり頂けたかと思うのですが、いったいどんな研究内容が評価され受賞になったのでしょうか?わかりやすく簡単に説明をします。

結論からいうとガン細胞に攻撃をするという新しいガン免疫療法を可能にしたというとなんですが、それをできるだけかみ砕いでご説明します。

本庶佑教授の研究チームは「PD-1」という分子を発見したのですが、これは免疫の働きにブレーキをかけるたんぱく質のことなんですね。

免疫にブレーキなんて必要ないじゃん?

・・・と、思う方もいらっしゃるかもしれませんが、免疫機能が暴走して自分の体を攻撃してしまうこともあるので、それをうまく制御してくれているのでとても大切な機能なんですね。

でも一方でガン細胞もまたその免疫機能のおかげで、ガン細胞自身への攻撃を減らしてしまっていることが分かったのです。そうするとガン細胞は攻撃されないので、増殖していってしまうんですね。

それを防ぐために開発されたのがオプシーボという抗がん剤です。

オプシーボを投与すると、ガン細胞は免疫細胞の働きを弱めることが出来なくなってしまうので、免疫細胞にどんどん攻撃されるようになってしまう!という画期的な方法を見つけたのが本庶佑教授なんですね。

どうでしょうか、すごく砕けた感じになってしまいましたが何となくお分かりいただけましたでしょうか。

本庶佑の苗字が珍しいと話題

本庶佑教授のノーベル生理学賞を受賞と同時に、その「本庶」という苗字がとても珍しいと話題になっています。

本庶という苗字はなんと日本全国に30人しかいないそうです!30人っていったら、本気になったら全員に会えるくらいの人数ですね。学校の1クラスより少ないですよね。とても珍しいです。

そしてその読み方なのですが「ほんじょ たすく」教授といいます。全然当て字でもなんでもないので、一度聞いてしまえばその後間違えることはなさそうですが、「ほんじょ」という苗字が珍しすぎて、合っているのかどうか及びするときに不安になっちゃいますね。

〇関連記事
本庶佑教授の生い立ちについてはこちら
⇒本庶佑名誉教授の家族は?高校や生い立ちなど調査!

本庶佑息子と橋本徹さんの意外な関係

本庶佑さんには息子さんがいるそうですが、その息子さんと橋本徹さんの意外な関係があきらかになりました。橋本徹さんが自信がこのように語っていました。

本庶さんは僕の高校の同級生である本庶君のお父さん。

親しい間柄ではなかった。

彼は、僕の高校の中で学業超優秀な学生として有名で僕が親しくしていた友人連中のグループとは別のグループだったんだよね。

とおっしゃっています。意外なつながりですね!世間は狭いものです。

橋本徹さんの出身高校は大阪府立北野高等学校だそうです。橋本徹さんは高校時代成績はあまり良くなかったとしながらも、「全国高等学校クイズ選手権」の地方戦に出場経験がありますし、なにより司法試験に合格して弁護士になっていますから、頭の良い方だというのは分かります。しかもこの高校の偏差値は76でした。

そんな橋本徹さんが学業超優秀というくらいですから、本庶佑教授の息子さんは本当に優秀な方なんだなというのが分かりました!

スポンサーリンク

本庶佑妻の滋子さんとは?

本庶佑教授の奥さんは慈子さん(75歳)といいます。共通の趣味がゴルフだそうです。受賞の際の記者会見ではゴルフがお好きだと本庶佑教授はおっしゃっていたので、ご夫婦で楽しまれているのでしょうね。

本庶佑娘がいるの?

本庶佑教授には先ほどご紹介した橋本徹さんと同級生の息子さんと娘さんがいるそうです。娘さんについてはその存在は間違いないようですが、現在何をされているのかまでは分かりませんでした。

受賞の際の記者会見で奥さんの慈子さんは「研究場所が変わるたびに、子供も転校をしていって」とおっしゃっていました。本庶佑教授も家族に感謝の気持ちを伝えてはいましたが、本庶佑教授の仕事に合わせて、たびたび引っ越しをされるのは奥さんの滋子さんもお子さんもさぞ苦労をされていたんだなと思う印象的な場面でした。

本庶佑名言が深い!

教科書に書いてあることを信じない

なんでも書いてあることが正しいと思わずに、疑ってかかり、自分の目で正しいかどうかを判断するんだというふうにおっしゃています。

また「ネイチャーサイエンスに出ているもの9割ははウソで10年経ったら残っても1割」ともおっしゃってます。ネイチャーサイエンスに出てるものさえ、疑ってかかれ!ってことなんですね。

でも研究者っていうのはいろいろな角度から検証して、教科書や書籍にそうかいてあったからという先入観を捨てて、物事をみれるかというのが大切なんだなと思いました。私は学生時代テスト勉強といえば何事も丸暗記派でなぜとか考えないんで、研究者とか尊敬です。

物事に不可能はない。必ず道があるとの思いでやってきた

基礎研究というのはものすごく地道な作業でなんだけれども、この研究を通して多くの人を救うことができるし、本庶佑教授が亡くなった後も誰かが続けてくれればずっと患者さんの役に立つということをおっしゃっていました。

本庶佑教授は自分が生きている間だけのことでなく、もっともっと先を見越して自分の研究を未来につなげていくというお気持ちをもってらっしゃるのでしょうね。

がんは免疫療法で治療できるようになると確信

ねーべる受賞式に先立って行われた会見で「今世紀半ばまでにほとんどのがんは免疫療法で治療できるようになると確認している」とおっしゃいました。

今や日本人の2人に1人ががんになる時代だと言われているので、まさかほとんどのがんが治せてしまう日がくるの?」と驚きました。でもがんって明確な予防方法も分からないし、年配の方だけでなく、子育て世代の方、さらにはもっと若い方もいつ罹ってしまうか分からないので、こうした免疫療法が広まっていくと安心ですね。

本庶佑息子と橋本徹の意外な関係!妻や子供孫はいるの?まとめ

本庶佑教授の息子さんは橋本徹さんと大阪府立北野高校時代の同級生ということがわかりました。

妻は滋子さん、そして娘さんもいることが分かりました。娘さんにつていは詳しい情報はありませんでしたが、息子さん同様とても優秀な方なのではないのかなと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする