カルロスゴーンのマンションが超豪華!何人なのか分からない?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カルロスゴーンのマンションが豪華で高いと話題です。どんなマンションか調べてみたいと思います。またカルロスゴーンさんは世界各地に高級住宅をお持ちのようですが、結局何人なのか?わかりませんね。カルロスゴーンさんのマンションや何人なのかについて調査してみたいと思います。

カルロスゴーンの収入

カルロスゴーンが自身の報酬を少なく申告したとうことで東京地検特捜部に金融商品取引法違反の容疑で逮捕されました。これはどういうことかというと、2010年から2014年の間の報酬を50億円ほど過少申告し、そして新たに判明したのは2015年から2017年までの間に30億円ほど過少申告していたということです。つまり合計で80億円ほどの金額になります。

では役員報酬としてはどれくらいもらっていたのかと言うと…
2016年には10億9800万円、2017年には7億4000万円ほどでした。2017年は前年に比べると33%減していますが、CEOを退任し、会長に就任したため、報酬が減っていると説明をしていました。

実はカルロスゴーンがもらっていた報酬はこれだけではないのです。ルノーと三菱自動車の役員にもなっているので、日産と合わせて3社で報酬額はなんと20億円以上でした。

そんなにももらっているのに、どうして過少申告をする必要があったのかとても謎です。私のような平凡な一般市民には分からない理由があるのかもしれないですし、そもそもお金に対する価値観時代が違うんでしょうね。

カルロスゴーンのマンションが豪華

そんな一流企業のトップが住む自宅が気になりませんか?カルロスゴーンはほとんどを日本で過ごしているようで、日本での自宅マンションについての情報がありました。

カルロスゴーンのマンションはどこ?

カルロスゴーンの日本での自宅マンションは東京都港区元麻布にある森ビルの高級タワーマンション「元麻布ヒルズ」に住んでいます。

家賃は一番安いところで80万円程度なのですが、上層階になればなるほどその価格っも上昇し、100~400万円程度するそうです。

400万円ですか…1ヶ月のお家賃ですよね。一般人の年収のような金額が1ヶ月の家賃で消えていくなんてなんて格差なのだろうと感じてしまうのは私だけでしょうか。

カルロスゴーンと同じマンションに住む著名人

この「元麻布ヒルズ」ですが各界の著名人や芸能人も済んでいるという噂です。本当に住んでいるかどうか定かではありませんが、以下の方々が住んでいるという情報がありました。

嵐の二宮和也
三浦翔平と桐谷美玲夫婦
渡部健と佐々木希夫婦
福山雅治
高橋由伸
神田うの

世界各地に高級住宅を持っている?

カルロスゴーンは日本の「元麻布ヒルズ」とは別に世界各地に高級住宅を持っています。

レバノンのベイルート
ブラジルのリオデジャネイロ
フランスのパリ
オランダアのアムステルダム
アメリカのニューヨーク

リオデジャネイロオリンピックの時は、約6億円したという高層マンションに滞在して観戦したのでは?と言われています。またレバノンのベイルートにある住宅は15億円ほどするそうです。


こちらがリオデジャネイロオリンピックの水泳を観戦しているカルロスゴーンとその妻です。アイス美味しそうですね。

スポンサーリンク

カルロスゴーンの生い立ち、経歴

カルロスゴーンのお話をしていると、結局カルロスゴーンって何人なの?という疑問が浮かびます。カルロスゴーンが何人か分からないのにはその生い立ちが関係していますので、簡単にご紹介したいと思います。

名前:カルロス・ゴーン
生年月日:1954年3月9日 64歳
出身地:ブラジル

カルロスゴーンの生い立ち

カルロスゴーンの両親は父はレバノン系ブラジル人で母はレバノン系フランス人です。出身地はブラジルでアマゾン川流域の街ロンドニアというところで6歳まで生活をしたいたそうです。その地域では皆水を煮沸してから飲むのに、カルロスゴーンはそのまま生水を飲んだことにより、高熱がでて危なかったことがあるそうです。アマゾンの流域ってなんだかすごいところですね!

カルロスゴーンの経歴

そしてその後、家族でフランスに移住をします。これは母がレバノン系のフランス人だったからフランスだったんでしょうね。1987年にはフランスのパリ国立高等鉱業学校を工学博士を取得し卒業、その後フランスの大手メーカーであるミシュランに入社します。ミシュランでは南米支社で赤字から黒字に回復させ、ころころに「コストカッター」と呼ばれるようになります。

その後、北米支社の社長を歴任し、1996年にフランス自動車製造会社のルノーからヘッドハンティングをされて社長に就任しています。1993年にはそのルノーと日産が資本提携をし、1999年には日産のCOOに就任をしています。コストカッターの異名の通り、当時経営不振だった産をV字回復させたのは有名な話ですね。

2016年には三菱自動車の会長を兼務し、日産でも会長に就任しています。そうして起きたのが現在の金融取引法違反なんですね。

カルロスゴーンは何人なの?

それで、結局カロスゴーンは何人なの?ということですが、結果からいうとカルロスゴーンは多重国籍ということになります。国籍はレバノン、フランス、ブラジルです。両親がレバノン系で、父がブラジル人、母がフランス人だからなんですね。なので、何人かと聞かれるとレバノン人、ブラジル人、フランス人とお答えすることになります。

日本は多重国籍を認めていないので、複数の国籍をもつという感覚が分かりませんが、その生い立ちを振り返ってみても、ブラジルで生まれ、幼少期にフランスに引っ越して暮らしていたわけですが、故郷はどこかと聞かれるとなかなか難しいですね。

そういった生い立ちもあり(もりろんカルロスゴーン自身の努力もありますが)、アラビア語、フランス語、英語、スペイン語、ポルトガル語を話せるマルチリンガルなのです。日産のCOOに就任してからは、ペラペラではないももの、公の場でも積極的に日本語を話している姿をテレビでも見かけますよね。色々な言語を操るのがお得意なのだろうと思います。

カルロスゴーンはミスタービーンに激似!

カルロスゴーンのお顔を拝見するとなんだか既視感がありませんか?そうです!ミスタービーンにそっくりなのです。


ミスタービーンといえば、イギリスのコメディアン、ローワン・アトキンソンですね。ミスタービーンでミスタービーンを演じて日本でもとても有名になりました。ミスタービーンは力強い眉毛と目が特徴的だと思うのですが、カルロスゴーンも目と眉毛が特徴的で並べるとよく似てらっしゃるのです。

カルロスゴーンのマンションが超豪華!何人なのか分からない?まとめ

以上カルロスゴーンについて調べましたが、カルロスゴーンのマンションはとっても豪華な元麻布ヒルズということが分かりました。私には一生住める場所ではないので、一度内覧だけでもしてみたいなと思ったりします(笑)

そして何人かということでカルロスゴーンの国籍についても調査しましたが、フランス人であり、レバノン人であり、ブラジル人でもある多重国籍でしたね。日本は多重国籍を認めていないので、馴染みがありませんが、海外ではそういった多重国籍者はもしかしたらそんなに珍しいことでもないのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする