前橋汀子萩原健一が若い頃の結婚相手だった?妹が亡くなった理由とは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前橋汀子さんの若い頃の結婚相手はショーケンこと萩原健一さんだったのでしょうか?また妹さんがすでに亡くならているそうですすがその理由はなんなのでしょうか。それでは前橋汀子が若い頃に結婚した相手が萩原健一さんだったのか、妹さんが亡くなられた理由はなんだったのか調査します。

前橋汀子萩原健一が若い頃の結婚相手だった?

前橋汀子さんというお名前で検索をするとショーケンの愛称でおなじみの萩原健一さんのお名前も一緒に検索されているようです。これはどういうことなのでしょうか。調べてみたいと思います。

前橋汀子の結婚歴

現在は時期などは不明ですがお若いころに一度ご結婚をされているようです。

前橋汀子と荻原健一との関係は?

前橋汀子さんと萩原健一さんが結婚をされていたという情報はありませんが、以前交際をしていたと話題になったことがあります。萩原健一さんは自身の自叙伝でオリンピック出場を逃した選手の映画を作りたいと思った時に、その選手の姉がヴァイオリニストだったため、その役を前橋汀子さんにと思い出演をお願いしに行き、そこから前橋汀子さんとお付き合いがあったようなことをにおわせているそうです。

また当時週刊誌でも交際を疑われるような記事が出ているので、前橋汀子さんのお名前を検索すると萩原健一さんが出てくるようです。

ちなみにこの前橋汀子さんは大変美しい方で、若い頃は前橋汀子さんの美貌をめがけて伊丹十三、蜷川幸雄などがコンサートによく訪れていたそうです。前橋汀子さんは伊丹十三に「伊丹です」と話しかけられた時に、長らく日本にいなかった為に、「伊丹です」と言われても誰だか分からなかったそうです。

当時の著名人がそんなに押し寄せてくるなんて、美貌だけではなくて内側から出るその美しさや妖艶さに虜になっていたんでしょうね~

スポンサーリンク

前橋汀子の妹が泣くなった理由

妹前橋由子

前橋汀子さんにもは妹前橋由子さんがいました。妹の前橋由子さんは前橋汀子さんが4歳でヴァイオリンを始めると、2歳ですぐにピアノを習い始めたそうです。妹の前橋由子さんには才能があって、どんな曲でもすぐに弾けるようになったそうです。

妹の前橋由子さんと前橋汀子さんはコンサートやアルバムなどで多数共演をされています。

妹前橋由子が突然亡くなる

そんな前橋由子さんは1999年に温泉にて事故で亡くなったようです。享年53歳でした。

前橋汀子若い頃と現在まで~デビュー55周年を迎える~

前橋汀子さんですが、デビュー55周年を迎えた今でも精力的に活動を続けていらっしゃいます。

前橋汀子の若い頃

4歳でヴァイオリンを習い始めます。ご両親はどちらも音楽の経験はなかったのですが、やるからにはきちんと学ばせたいという思いがあり、小学生に上がってから、ロシア出身の小野アンナ先生に習うようになりました。(小野アンナさんとは日本人と結婚をして、のちに離婚をしてはいますが、日本でヴァイオリン教育の基礎を作った方と言われています)

前橋汀子さんは次第にヴァイオリニストを目指すようになり、17歳でロシアに音楽留学をします。その後、アメリカニューヨークへも留学をします。当時アメリカとロシアは冷戦状態だったので、その2か国に留学にいったことはとても貴重な経験ですよね。

ストイコフスキーの指揮でカーネギーホールデビューも果たし、国際的に活躍をするようになりました。一流の指揮者、一流の音楽団とも共演をし、2004年には日本芸術院賞、2007年にはエクソンモービル音楽賞を受賞しています。

前橋汀子現在の活動

2017年には演奏活動55周年記念コンサートも行い、精力的に活動しています。また最近では自ら演奏会を企画プロデュースをするようになり、国際的に活躍するヴァイオリニストでありながら、気軽に楽しめる演奏会を定期的に開催しています。料金も良心的なので、今まであまり音楽に興味がなかった人でも、行ってみようかなと思えるリサイタルみたいですよ!

また若い頃はその美貌で、男性ファンも多かったようですが、最近は以前からのファンに加えてここ数年でファンになったという同世代くらいの女性ファンが多いんだそうです。

前橋汀子萩原健一が若い頃の結婚相手だった?妹が亡くなった理由まとめ

萩原健一さんは結婚相手ではなくて、一時期お付き合いをしていると噂になったようです。

妹由子さんはピアニストで前橋汀子さんとも数多く共演されましたが、事故で亡くなられています。

2017年にデビュー55周年を迎えてもなお、コンサートを精力的に行われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする