根尾昂の読み方間違ってる?両親は病院勤めだけじゃない立派な医者だった!

スポンサーリンク

大阪桐蔭の根尾昂くんが大注目されています。ところで根尾昂くんの読み方間違ってませんか?またご両親はお医者さんなのですが、病院勤めだけではないことがわかりました。では根尾昂くんの読み方、ご両親の病院などについてご紹介していきます。

根尾昂の読み方間違ってませんか?

根尾昂という名前なんですが、間違って「すばる」なんて読んでいませんか?

根尾昂は「あきら」と読むんですよ!

大きくして見てみましょう!

「昴」すばる

「昂」あきら

すっごい似てますねwこれは間違っても仕方ないです。根尾昂は「昂る(たかぶる)」という漢字なんですね。

感情が高ぶる、上昇する、といった意味があるので、上を目指していってほしいという意味を込めてつけられたお名前かもしれませんね。

根尾昂のすごい経歴

名前:根尾昂
生年月日:2000年4月19日
出身地:岐阜県飛騨市
身長:177cm
体重:73kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:投手、遊撃手など
趣味:読書、映画鑑賞

特技:スキー

根尾昂は大阪桐蔭に入る前より、すごい選手だと話題になっていました。根尾昂が野球と出会ったのは小学生のときでした。2年生のときに地元の古川西クラブで投手、三塁手として活躍しました。

中学生の時には飛騨高山ボーイズというチームに所属し、投手や遊撃手を主なポジションとしていました。中学生の時にすでに146km/hの速球を投げ、すでにすごい選手だと話題になっていました。中学三年生の時にはJAPAN入りして、ボーイズリーグの世界大会にも出場した経験があります。

高校では名門に入ろうと大阪桐蔭の野球部に入りました。1年生のころがベンチ入りを果たし、投手としては150km/hのストレートをもつ抑えとして、打撃でも高校通算本塁打21本を記録し、走攻守のオールマイティな選手として大活躍しました。

そんな根尾昂は野球よりも当初はスキー選手として活躍をしていました。スキーは2歳の時に初めていて、中学校の時にはアルペンで全国優勝を果たし、国際大会にも出場経験があります。なんだかスキーでも成功しそうな輝かしい成績ですが、根尾昂は中学の時にスキーより野球が好きだと思い、その後は野球に専念することに決めたそうです。

根尾昂の出身である飛騨といえば雪が降るところですからね。小さいころからスキーやウィンタースポーツにはなじみがあったんでしょうね。

根尾昂の両親の病院について

そんな根尾昂を育てたご両親も話題になっています。ご両親について見ていきましょう。

ご両親について

父は根尾浩さんといい、あの白川郷で有名な白川村のご出身です。大学は自治医大を卒業し、いくつかの病院勤務を経て、現在は飛騨市宮川診療所の院長を務めていらっしゃいます。

母は根尾実喜子さんといい、父の浩さんと同じく自治医大をご出身です。浩さんとは大学時代の同級生だそうです。母も実喜子さんも地元の病院でいくつか勤務をされた後、河合診療所勤務となり、現在もその診療所の院長として働いていらっしゃいます。常勤医は実喜子さんだけの診療所だそうです。

ただの病院勤めだけじゃない

実は父母の浩さんと実喜子さんはただ病院勤めをされているだけのお医者さんではないようです。飛騨の山奥になる2つの村をご夫婦で何十年と診られてきているそうです。

飛騨といえば、冬には雪がつもり厳しい環境なのではないでしょうか。そういった場所で僻地医療を続けられるご両親はとても立派なお医者様ですね。

お二人が卒業した自治医大というのは、卒業後9年間は僻地での勤務が義務付けられているそうです。自治医大は僻地医療に特化した大学なんだそうです。

根尾昂の兄姉について

根尾昂には二人の兄姉がいます。

兄の学さん

お兄さんのお名前は学さんです。お父さんが浩、お兄さんが学なので、根尾家の男性は一文字で統一しているみたいですね!

お兄さんは国立の偏差値68の岐阜大医学部に通う3歳年上です。実はお兄さんも野球をやれれていて、斐太高校時代には岐阜県甲子園予選決勝まで進みました。ポジションはピッチャーでした。創立以来初の県予選大会決勝だったので盛り上がったそうです。

卒業後は岐阜医大のバスケ部に所属しています。(実は高校時代も高1の冬までバスケ部に所属していて、その後野球部に転向しています)

姉の春陽さん

お姉さんもご両親や学さんと一緒で医療関係者です。春陽さんは富山大学医学部看護科をすでにご卒業されててすでに社会人です。看護士として働かれています。

学生時代はやはりスキーが得意だったそうです。3兄弟とても頭もよく、運動神経もいいのですね!

スポンサーリンク

根尾昂の眉毛が気になる

根尾昂といえば、その意志の強そうな眉毛がとっても印象的ですよね。SNSの反応を見てみました。

根尾昂さんの眉毛やっぱり皆さん気になっているようです。そして最近には眉毛いじった?なんて声も見られました。

根尾昂が硬派すぎる

練習あるのみ

練習中の様子を見てみると、休憩中に根尾昂くんだけ、手にバーベルを持って手首を鍛えたり、お昼中も誰とも話さず、黙ってお弁当を書き込み、練習に戻っていました!

こ、硬派すぎる!練習熱心です!

遊んだりしない?

インタビューで「遊んだりしない?」と聞かれても「しない」

「好きなテレビ番組は?」「見ない」

こ、硬派すぎる!成績はオール5っていうけど、野球か勉強をしているんでしょうか!

根尾昂の夢や進路

将来の夢はプロ野球選手と断言をしています。自分が野球を続けるにあたって、両親が支えてくれたことにともて感謝をしていて、プロ野球選手になって恩返しがしたいそうです。プロ野球選手になるために、高校野球の名門である大阪桐蔭高校を選んだと言っています。プロを見据えて高校を選ぶって中学三年生の時にそんなことを考えていたなんて、脱帽でございます。

根尾昂ドラフト評価

走攻守がそろった根尾昂はドラフト評価でも大変人気です。重複指名されるとみられています。野球の技術ももちろんそうですが、頭もよく練習にも真面目に取り組む姿は、好印象ですよね。球団としてはやはり、よりよい人材をと思ったときに根尾昂は高い評価を受けることが容易に想像できますね。

現在は中日、ヤクルトに続いて巨人も根尾昂を1位指名を表明しています。10/25のドラフト会議が楽しみです。

まとめ

根尾昂の読み方は「ねお あきら」です。「すばる」ではありませんのでご注意ください。

ご両親(父、母)は僻地医療を長きにわたって続けておられるお医者さんでした。ご両親だけではなく、お兄さんも医大、お姉さんも看護士と、医療に携わる医療一家でした。

根尾昂は頭脳明晰で医者でもきっと成功をしたような気もしますが、こんな逸材プロ野球での活躍も楽しみです。どこの球団に入るのか今からワクワクします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする