コシノヒロコの娘や夫もファッション関係?コシノ三姉妹の家系図がすごかった!

スポンサーリンク

世界的なファッションデザイナーコシノヒロコさんと言えば、コシノ三姉妹の長女として有名ですよね、コシノヒロコさんには夫・娘さんがいます。プライベートはあまりご存知ない方に娘や夫について、またコシノ三姉妹の家系図(家系図が凄い!)についてご紹介します。

コシノヒロコの娘も夫もファッション関係者?

コシノヒロコさんのご家族ですが、夫と二人の娘さんがいらっしゃいます。コシノヒロコさんといえば、ファッションザイナーとして有名ですが、娘さんや夫もファッション関係者なのでしょうか?どんな方なのか見ていきます。

夫:村上熙さん

コシノヒロコさんは2度結婚を経験されています。初婚は学生時代、東京に下宿していた時に仲良くなった学習院大学卒業の松島久三郎さんという方です。松島さんという方とは離婚をし、再婚をしたのが元写真家で蕎麦屋をしている村上熙さんという方です。

村上熙さんは兵庫県芦屋市で「むら玄」という蕎麦屋を営んでいます。なんでも蕎麦はもともとは趣味でしていたそうですが、いつの間にかお店を開くまでになってしまったそうです。お店のお皿などは妻であるコシノヒロコさんがデザインをされているそうです。

世界的なファッションデザイナーのコシノヒロコさんの旦那さんが、蕎麦屋を経営しているだなんてとってもギャップがあって面白いですね!

長女:小篠由佳

長女の小篠由佳さんは株式会社コシノヒロコの代表取締役社長として、母のコシノヒロコさんを支えています。

次女:小篠ゆま

次女の小篠ゆまさんは母コシノヒロコさんと同じファッションデザイナーとして活躍しています。小篠ゆまさんは叔母であるコシノミチコさんのブランドミチコロンドンにてアシスタントデザイナーを経験したあとに母であるコシノヒロコさんの会社に入社をして経験を積みます。

そして1998年には「ユマコシノ」という自身のブランドを立ち上げました。コシノファミリーのブランドを受け継ぐ貴重な存在となっています。ユマコシノとしては洋画の「ホテルチェルシー」の衣装担当になったり、

コシノヒロコの自宅が豪華過ぎて、8LLDDKKってどういうこと?

コシノヒロコさんの自宅がとても豪華ですごいそうです。なんでも8LLDDKKもあるそうですよ!LとDとKが二個ずつあるのもすごいですけど、その他にお部屋が8室もあるなんて立派すぎて一般人の私には想像できません。なんだったら、掃除が大変そうと思ってしまう貧乏性の私です。

そんなコシノヒロコさんのご自宅ですが、10月15日(月)日本テレビ21:00~の1分間の深イイ話で紹介されます。紹介されましたら、こちらでも追記していきますね。ちなみにご自宅は高級住宅街としても有名な兵庫県の芦屋にあるそうです。

ちなみに以前住んでいた自宅はギャラリーとなっていて、予約制で見学することが出来ます。まだ無名だった頃の安藤忠雄氏が設計したそうです。安藤忠雄氏といえば、新国立競技場の建設問題で有名になりましたね。

コシノヒロコの年収をズバリ予想!?

一般のファッションデザイナーだと300万〜800万円くらいが年収の相場だそうです。ですが、コシロヒロコさんクラスになるとどのくらいなんでしょう。

一回ブランドのコレクションを開催して利益が数千万円はあるそうです。コシロヒロコさんの場合、本業のファッションデザイナーとしての仕事の他に、書籍や講演、テレビ出演、服飾以外のデザインやプロデュースなど精力的に活動されているので、数千万円はくだらないと思われます!億もやっぱりいっちゃうんでしょうかね!

コシノ三姉妹の経歴

コシノ三姉妹全員がファッションデザイナーとして活躍するスーパー三姉妹の経歴についてご紹介します。

長女:コシノヒロコ

引用元:http://www.hirokokoshino.com/designer/

幼少期より絵を描くことが大好きだったコシノヒロコさんですが、高校は大阪府立岸和田高校へ進学し、好きな絵を学ぶために美術部に所属しました。高校卒業も絵を学びたいと、美大への進学を希望しましたが、母に反対をされ断念をします。

しかしファッション業界であれば好きな絵を描くことができるかもしれないと思い、上京後に東京文化服装学院へ入学をしました。卒業後はギンザコマツ(旧:銀座小松ストア)の専属デザイナーを経て、独立をし自身のブランド「ヒロココシノ」を立ち上げました。

次女:コシノジュンコ

引用元:http://junkokoshino.com/about/

コシノジュンコさんも姉のコシノヒロコさんの後追い、同じ進路をたどります。文化服装学院時代にはのちに活躍する同級生が多数存在し、「花の9期生」と呼ばれています。ジュンコさんも大変優秀で文化服装学院では2年かかる基礎コースを1年で終え、デザイン科へ進みます。デザイン科時代には新人ファッションデザイナーの登竜門といわれる装苑賞を最年少の19歳で受賞をすると、以降ファッションデザイナーとして大活躍をするようになります。

北京で中国最大のファッションショーや、ベトナムで日本人初のショー、キューバで外国人初のショーなど、世界各国でのショーが注目を浴びています。

コシノジュンコさんが芸能人からも注目されており、ロバート秋山さんのデザイナーコレクションでもインスパイアされている(というかそっくり!)ようですしピン芸人のブルゾンちえみはあの特徴的なメイクはコシノジュンコさんを真似ているそうです。ブルゾンちえみさんはコシノジュンコさんとCMまで仲良さそうに出演されていましたからね。

三女:コシノミチコ

引用元:http://www.michikokoshino.co.jp/#profile

三女であるコシノミチコさんは姉二人とは異なり、高校を卒業後は神戸松蔭女子学院短期大学服飾科を卒業しています。進学した学校は異なりますが、やはり服飾を学ばれたんですね!

大学時代は服飾だけではなく、なんとソフトテニスで全国大会で優勝するほどの腕前だったそうです。そんなコシノミチコさんもやはり姉二人の活躍に影響を受け、本格的にデザインを学ぼうとイギリスロンドンに行っています。ロンドンを拠点に活動をし、成功されています。ブランド名は「ミチコロンドン」です。耳にしたことはありますよね。コシノミチコさんだけブランド名がフルネームではないのはこうした理由があったのですね。

スポンサーリンク

コシノ三姉妹の母小篠綾子さんが娘たちに与えた影響

コシノ三姉妹がファッション関係のお仕事に就かれたのは、単なる偶然ではなく母である小篠綾子さんの影響が大きかったといいます。そんな三姉妹の母小篠綾子さんについてみていきます。

小篠綾子さんの生い立ち~開業まで

呉服屋の小篠甚一と小篠ハナの長女として兵庫県加西市に生まれます。高校を中退後、紳士服店や生地店等で洋裁の修行を積みます。その後ミシン一台で大阪の岸和田でコシノ洋裁店をひらきました。当初は仕事がなかったので、自らあちこちに出向いて仕事を見つけては、ひたすらミシンを動かす日々を送っていました。

小篠綾子さんの結婚~出産、子育て

忙しい日々を送る中、紳士服のテーラーをしていた川崎武一さんと結婚をして、三姉妹を出産します。それがヒロコ、ジュンコ、ミチコです。ですが、三人目のミチコを妊娠中に夫の武一さんは太平洋戦争にて亡くなってしまいます。その後も洋裁店を経営しながら、三姉妹を女手ひとつで育て上げました。

小篠綾子さんブランドを設立

次女のジュンコさんが出演したトークバラエティ番組に飛び入り参加をしたことをきっかけに母である小篠綾子さんもメディアへの露出が増えました。当時小篠綾子さんは60歳を超えていました。そして昭和63年には74歳で「アヤココシノ」という自身のブランを設立し、92歳で亡くなるまで現役デザイナーとして活動を続けました。

小篠綾子さんが三姉妹に与えた影響

小篠綾子さんが洋裁店を営んでいたことが、コシノ三姉妹には大きな影響だったようですね。母である小篠綾子さんが趣味の洋裁ではなく、仕事として生きていくため、もっと言えば子供を育てるために働いていた姿を三姉妹は間近で見ていたでしょうから、洋裁を仕事にするというのはどういうことかというのを、三姉妹は分かっていらっしゃったんだと思います。

そしてなにより、還暦を過ぎてからも精力的に活動される母小篠綾子さんの姿は、長年ファッションデザイナーとして活躍する三姉妹には強力すぎる刺激となったことでしょうね。

コシノ三姉妹の家系図が華やかですごい!

ここで改めて小篠家のコシノ三姉妹の家系図をおさらいしたいと思います。

小篠甚一 ハナ(呉服屋)

川崎武一 小篠綾子(コシノ洋裁店)

ヒロコ、ジュンコ、ミチコ

コシノヒロコの娘が2人

小篠由佳(コシノヒロコ代表取締役)
小篠ゆま(ユマコシノ)

こうして改めて見てみると、呉服店からはじまり、洋裁店、ファッションデザイナーと続いていく、時代とともに形を変えながらも小篠家が先祖代々、服飾という仕事に関わっていくという姿をみると、感動さえ覚えます。

日本ではなかなかブランドが続いていかないという問題があります、こらからもコシノ三姉妹にはもっと活躍をしていってほしいですし、その娘さんたちもまたこの小篠ブランドをさらに伸ばしていってほしいなと思います。

まとめ

コシノヒロコさんには再婚した夫と娘さん2人がいました。ご自宅がとても豪華ということなので、1分間の深イイ話で紹介されるのがとても楽しみです。

またコシノ三姉妹の経歴や家系図についてもご紹介しましたが、家系図をみるとコシノ三姉妹も母から受け継いだ服飾という職で活躍されていることも妙に納得してしまいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする