ケンタロウ事故原因を調査。妻大谷マキとの子供はいるの?

スポンサーリンク

ケンタロウさんが笑顔で車いすに乗り、少しずつ回復されている様子が報道されてとても嬉しいです。ケンタロウさんの事故は何が原因だったのでしょうか。また妻の大谷マキさんとの間に子供はいるのでしょうか?事故原因の調査と大谷マキさんとの子供について調べます。

ケンタロウ事故の原因は何だったのか?

12年2月に大型バイクに乗っていたケンタロウさんは自損事故を起こしました。命は助かったものの頭部骨折をし高次脳機能障害を負い、介護が必要な状態となってしまいました。

事故が起きたのは首都高4号新宿線とされています。ケンタロウさんは左カーブを曲がり切れずにそのまま右側の壁に激突、ケンタロウさんは6m下の道路に落下をしてしまいました。壁が低いところなので、バイクは路上に残ったのですが、勢いがついていたので、ケンタロウさんはそのままバイクから飛ばされるような形になったのだと思います。

祝男子ごはん10周年!ケンタロウさんからのお手紙

ケンタロウさんは事故を起こす前にレギュラーを務めていた番組「男子ごはん」は、ケンタロウさんが事故を起こし出演できなくなってからも、もともとのパートナーだった国分太一とケンタロウさんに代わり、栗原心平さんがMCになり、番組を続けてきました。

そんな「男子ごはん」が2018年4月で10周年を迎えました。そこになんと療養中のケンタロウから直筆のお手紙が届いたのです!ケンタロウさんからの直筆のお手紙って、何が書いてあったんでしょうか。ご紹介します。

番組では国分太一さんがケンタロウさんからのお手紙を読み上げました。

10周年おめでとうございます。

勝手に事故ってごめん。太一君10年間ありがとう。心平ちゃん途中からごめんね。

今やすっかりテレビの向こう側の人とこっち側の人って関係だけれど、二人の男子ご飯をテレビで見られてうれしいです。

これからも美味しいものをたくさん作ってください。美味しいものを作って食べるのが全てです。

絶賛リハビリ中 ケンタロウ

こういった内容がケンタロウさんからお手紙として届きました。この手紙が感動を呼び、お手紙が送れるほど回復してきているんだという喜びの声や、リハビリを頑張ってほしいという激励の声など様々でした。

ケンタロウ母は料理研究家の小林カツ代?

ケンタロウの母親も料理研究家で、小林カツ代さんです。小林カツ代さんといえば、1990年代に放送していた人気の料理番組「料理の鉄人」で中華料理の鉄人である陳健一に勝ったことが有名ですよね。(若い方は知らないでしょうか…)

小林カツ代さんは人気料理研究家として、本の出版やテレビ出演など忙しく活動されていました。ですが、2005年に突然くも膜下出血で倒れてしまいます。以降メディアへの露出は無くなり、2014年1月に多臓器不全のために亡くなりました。

小林カツ代さんは2012年に事故を起こしたケンタロウさんのことは家族の判断で、亡くなる最後までご存じなかったそうです。

スポンサーリンク

妻大谷マキはフードスタイリスト。子供はいる?

ケンタロウさんの妻はフードスタイリストをされている大谷マキさんという方です。馴れ初めの詳細は分かりませんが、フードスタイリストというお仕事をされているので、お仕事関係でであったのかと思われます。

ケンタロウさんと大谷マキさんが結婚されたのは2010年です。結婚から約2年後にケンタロウさんが事故にあってしまうわけですが、事故後は生死をさまよい、一命をとりとめても、食事ができない、意思疎通が困難という状況でした。

そんな状況でも大谷マキさんは献身的な介護を続け、ケンタロウさんにもたくさん話しかけたりしていたそうです。当時は葉山に自宅を構えていたそうですが、入院しているケンタロウさんのために引っ越しもしています。

そうして賢明な介護を続け、事故から1年4ヶカ月後の2013年6月には退院をして自宅で生活をできるようになりました。大変な介護なので、施設への入居も勧められたそうですが、高齢者が多い施設に入れてはかわいそうと大谷マキさんが自宅で介護をすることを決意したそうです。

そうした大谷マキさんの支えとケンタロウさんのリハビリの成果が実り、支えてもらいながら歩いたり、話したりすることが少しずつできるようになっていったそうです。

お二人の間に子供がいるかどうか調べてみましたが、ケンタロウさんと大谷マキさんとの間に子供はいらっしゃないようです。

まとめ

2012年に大変な状況になってからすでに6年が経過しました。大谷マキさんの支えとケンタロウさんの賢明なリハビリで少しずつではありますが、回復をしていきてるようですね。そのお姿が直接拝見できなくても、またお手紙などでケンタロウさんのお話が聞きたいなと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする