鮎川誠はハーフなの?若い頃の画像や子供たちについて調査!

シーナ&ザ・ロケッツ鮎川誠さんは格好いい方ですが、実はハーフだったんですね。若い頃の画像など見てみたいです。そして子供である娘さんも芸能活動をしているらしいです。ハーフである鮎川誠さんの若い頃の画像や、子供たちについて調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

鮎川誠ハーフって本当?プロフィールまとめ


生年月日:1948年5月2日
出身地:福岡県久留米市

シーナ&ザ・ロケッツのリーダーでギタリストです。福岡出身で福岡を中心に発祥しためんたいロックの先駆けの存在です。身長180cmもあり、圧倒的な存在感です。

そんな鮎川誠さんですが、父親がアメリカ人でアメリカ軍の軍人だったとのことです。母親は日本人ですので、ハーフということになります。父親とは離れ離れで暮らし、会った記憶が無いそうです。

鮎川誠さんが中学生の時に、父親がなくなり、父親の家にあったレコードが最初のアメリカやロックとの出会いだったといいます。また。小学校高学年の時に母がガットギターをプレゼントしてくれ、練習を積んだそうです。

鮎川誠さんがロックの道へ進むきっかけとなったのは自信がハーフであったことも大きな理由の一つでしょうね。それにしても当時母からガットギターを贈られるなんて珍しいですよね?お母さんも昔の方らしからぬ、柔軟な考えの方だったのでしょうね。

鮎川誠若いころと現在の画像

年齢を重ねられても格好いい鮎川誠さんですが、若い頃はどんな感じだったのでしょうか。当時はバンドの活動だけではなく、その容姿や長身なことを活かしCMやドラマ活動もしており大変人気がありました。学生時代は生活のためにモデルの仕事をしていたこともあるそうです。ハーフ長身ですからね。若い頃の鮎川誠さんもとっても格好いいでですね。

鮎川誠の子供娘たち

鮎川誠さんとシーナさんは3人の娘を設けています。

長女陽子さんと次女の純子さんは双子の姉妹です。女の子で双子の姉妹なんてさぞ可愛かったでしょうね!でもバンドの活動もされながら、初めての子育てが双子だなんてとても大変だったでしょうね。

長女の陽子さんはモデル、女優として活躍しています。こちらお父さんの鮎川誠さんとのツーショットです。

陽子さんは生年月日:1976年10月8日生まれ(2018年時点42歳)です。すでに42歳の陽子さんですが、40代に見えないその可愛らしく、そしてどこか芯が強そうな雰囲気が魅力の方です。その美貌はご両親譲りですね。

次女の純子さんと、三女の知慧子さんは2人とも同じバンドで活動しています。

バンド名:DARKSIDE MIRRORS
ボーカル:知慧子さん
ドラム:純子さん

現在は活動を休止しているようです。

三人とも芸能や音楽に関わっているのは、ご両親の影響が大きいのだと思います。子供のころから、音楽や芸能という世界が身近にあったからこその活躍なんですね。

こちらは双子の陽子さんと純子さんのツーショットです。ん?どちらがどちらですか?笑

スポンサーリンク

鮎川誠嫁はシーナで病死?馴れ初めも


シーナとはシーナ&ザ・ロケッツのボーカルで鮎川誠さんのお嫁さんです。シーナさんのお名前は悦子さんといい1953年11月23日生まれで鮎川誠さんの5歳年下となります。

鮎川誠さんと同じく福岡の出身で、高校生三年生の時にシーナさんが鮎川誠さんに声を掛けたのきっかけで付き合うようになりました。そしてすぐ同棲をすることになり1976年にシーナさんが妊娠したのをきっかけに結婚をしました。

そして1978年にシーナ&ザ・ロケッツを結成して、上京をしました。翌年の1979年には「ユー・メイ・ドリーム」が日本航空のCMソングとして起用されてブレイクを果たします。

結婚をして、子供が産まれてからの結成と上京なんんですね。普通だったら、安定した会社員にでもなりそうなところなのに、幼子を抱えて東京に来てしまうなんてもう生き方がロックですね!

そんなシーナさんですが、2014年に子宮頸がんであることが発覚しました。ですが、治療に専念するよりも歌うことを優先して、闘病をしながら活動をしていたそうです。そして2015年2月14日に61歳の若さで亡くなってしまいました。病気が判明してから半年ちょっとでした。

まとめ

鮎川誠さんはアメリカ人と日本人のハーフでした。若い頃もかっこよかったですが、現在も年齢を重ねられて渋さも増し、また違った魅力がありますね。

三人の娘さんも子供のころから、きっとご両親の影響を受けて音楽や芸能の道に進んだのですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする