バンクシー展のチケットや前売り券情報!混雑状況やグッズ販売は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

遂にあのバンクシー展が日本でも開催されます。

芸術にあまり興味のない人でもバンクシー展は見に行こうかなという人も多いのでは?

ここではチケットや前売り券情報をご紹介!また前評判からかなりの混雑状況が予想されています。混雑状況の予想やグッズ販売の有無についてもご紹介します。

チケットや前売り券情報をいち早くつかんで、本物のバンクシーをこの目で見ましょう!

そして帰りにはお目当てのグッズをゲットしてバンクシー展を満喫してくださいね!

バンクシー展前売り券はいつからどこで購入できる?

バンクシー展を楽しみにしている方が多いだろうに残念ながら2020年1月17日の時点ではまだチケットや前売り券についての情報が出ていません!

私もかなりあちこち探しましたが、どこにも情報が出ていないので、詳細が出るまでもう少し待ちましょう!

前売り券情報については分かり次第追記してゆきます!

バンクシー展のチケットは当日販売や価格は?

前売り券を買わずに、当日販売分のチケットはあるのでしょうか?またその価格も気になるところですが、先ほど前売り券情報と同様に、まだ全く情報が出ておりませんので、こちらももう少しだけお待ちください!

バンクシー展の開催日程は?

バンクシー展では横浜開催について見かけることが多いですが、実は地方開催も決定しているとかしていないとか…(どっち!?ですよね。すみません)

まず日本初上陸として決定しているのが横浜での開催です。

まだ仮とされていますが、開催日程は2020年3月15日(日)~2020年9月27日(日)です。

約半年ほどやってくれているのです。意外に長い…。

そして東京でも8月になにやらバンクシーのなにか企画があるとい情報もありますね!

そして関東以外にお住いの方が気になる地方開催については2020年10月大阪開催を皮切りに

「その他地方も開催決定!」

なんていう曖昧な情報しかないんですよね!その地方がどこか知りたいんですが、という感じです。

今のところ、どこを探してもそれ以上の情報がありません。

それどころか直近の横浜開催ですら、日程と場所が明かされているぐらいで他の情報がないので、大阪を始め地方開催の情報について、もう少し待つ必要がありそうですね!

バンクシー展の混雑状況の予想は?

そしてこれだけ話題のバンクシーが日本初上陸でバンクシー展を開くということなので、かなりの混雑が予想されます。

すぐに見たいという人もいるので、開催直後は平日でもある程度、混雑することが予想されます。

またこういった企画展でよくある現象ですが、会期終了間際の混雑ですね。

なので、どうしても混雑を避けたいという方は、開催後、ある程度来場者が落ち着いてから、行くのがいいのではないでしょうか?

私が勝手に予想した混雑を避ける日程についてもご提案したいと思います!

開催が3月15日(日)からですが、直後はちょうど春休みに入るころです。

きっと春休みはさらに混雑が必至なので、春休みが終わる2週目以降には少し混雑も落ち着くのではないかと、予想しております!

旅行も春休みが終わって、GWに入る前にいったん金額なども落ちますが、それと同じ原理が働くのではと思っています。

更に土日関係なく動ける方でしたら、平日に行く方が良いかもしれませんね。

そして実際の混雑状況については、バンクシー展が開催後にどんなことになっているのか、詳細をこちらでお知らせできたらと思います。

私もバンクシー展はぜひ行ってみたいと思っています!

バンクシー展の開催場所やアクセス方法

それではバンクシー展横浜開催の開催場所やアクセス方法についてもご紹介します。

バンクシー展横浜開催の場所はずばりこちら!

横浜アソビル

横浜アソビルの基本情報はこちらです。

住所:〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル

アソビルは駐車場がないので、公共交通機関を使っていきましょう!

横浜駅みなみ東口通路直通、横浜駅東口より徒歩2分です。

めちゃくちゃ分かりやすいアソビルへのアクセス方法はこちら⇒クリック
※アソビルさんの公式サイトに飛びます!

バンクシー展の駐車場はどこが近い?

アソビルには駐車場がないとお伝えしましたが、車で行きたい方もいらっしゃいますよね。

アソビル近隣の駐車場のご案内です!

横浜駅東口地下駐車場

▼ 住所: 神奈川県横浜市西区高島二丁目18-1
▼ 台数: 500台
▼ 駐車場形態:地下自走式駐車場
▼ 営業時間: 6:00~24:00
▼ 料金:
*普通料金
06:00~24:00 30分 310円、00:00〜06:00 60分 310円

横浜東口地下駐車場

▼ 住所: 神奈川県横浜市西区高島二丁目18-1
▼ 台数: 500台
▼ 駐車場形態:自走式立体駐車場
▼ 営業時間: 06:00~24:00
▼ 料金:全日 06:00~24:00 30分320円
全日 00:00~06:00 60分320円

スポンサーリンク

バンクシー展のグッズ販売は?

バンクシー展ではグッズの販売があるのかどうかも注目されているんです。

以前バンクシーは期間限定で公式オンラインショップを開設したことがありまして、普通なら100万円を超えてもおかしくないような商品が数万円程度で販売されていたんですね!

これには理由があって

「ショップに並ぶグッズや作品はすべて、工場で大量に生産されたものではなく、バンクシーのアートスタジオで手作業で作られたものである。材料には出来る限りリサイクル品を使用し、限られた人数で、日中からお酒を飲む職場環境で制作しているので、制作できる数には限りがあり、発送にも時間が掛かる」ことや。

「今回、販売する作品・グッズは低所得者の顧客のために付けた価格で、市場価格と比較すると、はるかに低くなっている。なので、富裕層のコレクターの方は今回の抽選販売への参加はお控え頂きたい」と詳しく書いている。

引用元:https://theartofbanksy.jp/banksy-gross-domestic-product-online-shop/

というバンクシーの思いがあったみたいなんですね。

これを見ると大量に生産されるようなグッズをバンクシー自身はあまり好んでいないのかなと思います。

そういった意味でもこのバンクシー展、果たしてグッズはあるのか?と私は注目しています。

とか言いながら、バンクシーの意思はもちろん尊重するのですが、やっぱりグッズがあったらいいな、なんてミーハーな部分もちらちらしています。

そしてきっとそんな思いを持っている人は私だけではないはずです。

エビデンスはないのですが、海外のバンクシー展ではかわいいグッズが販売されていたという情報も見たので、日本開催のバンクシー展でもきっとグッズはあるでしょう!というのが私の見解です。

こちらも正確な情報が分かりましたら、また改めてこちらでご紹介したいと思います。

バンクシーとは?ここでおさらい!

バンクシーとはよく聞くけれど、結局はどんな人なのかよく分かっていないというのは私だけではないはず…

簡単にバンクシーのご紹介です。

Banksyとは?

イギリスを拠点に活動する匿名の芸術家。世界中のストリート、壁、橋などを舞台に神出鬼没に活動している。アート・ワールドにおいてバンクシーは、社会問題に根ざした批評的な作品を手がけるアーティストとして評価されている他、テーマパーク、宿泊施設、映画の制作など、その活動は多岐にわたる。バンクシーの代表的な活動スタイルであるステンシル(型版)を使用した独特なグラフィティと、それに添えられるエピグラムは風刺的でダークユーモアに溢れている。その作風は、芸術家と音楽家のコラボレーションが活発なイギリス西部の港湾都市ブリストルのアンダーグラウンド・シーンで育まれた。

引用元:https://banksyexhibition.jp/

なんだか表面的な説明で結局はどんな方はよくわかっていないというのが本当のところらしいですよ。

困ったときはWikipedia先輩だよねと思い検索してみると、バンクシーのページに「身元」という見出しがあったので、思わずチェックしました。

そこには、この人がバンクシーだとか、落書きしているのを目撃されたことがあるとか、いろいろ書いてありますが、結局フェイクニュースの可能性もあって、どれも絶対そうだとは言い切れないみたいです。

ここまで人物像が謎めいているのは、やはり「落書き」が原因のようです。もちろん、あまり表に出たくないという気持ちもお持ちなのかもしれませんが、落書き=犯罪なので、出てこない…正確には出てこれないのかもしれませんね!

謎が多いと余計に気になっちゃいますね。

バンクシー展のチケットや前売り券情報!混雑状況やグッズ販売は?まとめ

・チケット前売り券の情報は情報が分かり次第、お伝えしてきます。

・混雑状況は開催直後や土日は混雑が必至の可能性があります。

・グッズはおそらく販売があると思います。公式の発表を楽しみにまちましょう。

以上バンクシー展についてまとめました。

東京寺田倉庫開催情報や、大阪開催情報も分かり次第、順次記事にしていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする