石川昴弥(東邦)の読み方は?弟は中日ドラゴンズJr.で父母も東邦OB!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東邦高校の「石川昴弥」選手、難しい読み方ですが読み方は「たかや」と読みます。

「石川昴弥」には弟がいます。

弟も現在、「中日ドラゴンズJr.」に選ばれて活躍しています。

「石川昴弥」は今年(2019年)のドラフトで中日に1位指名されました。

今まで以上に注目されることでしょう。

今回はそんな「石川昴弥」にスポットを当てプロフィール、足跡を追っていきたいと思います。

石川昴弥(東邦)の読み方は?

今春のセンバツで大活躍、一躍全国区になりました「石川昴弥」ですが、活躍ぶりと同時にその難しい名前も注目されました。

なかなか珍しい字ですね。

読み方は「たかや」と言います。

プロ入りすれば今まで知らなかった方にも名前も覚えてもらえることでしょう。

石川昴弥(東邦)の身長体重プロフィールは?

それでは「石川昴弥」のプロフィールをご紹介していきましょう。

・生年月日          2001年6月22日

・年齢            18歳

・家族            4人

父 尋貴 読み方は(ひろたか)

母 由香子(ゆかこ)

弟 瑛貴 読み方は(てるき)

・出見小学校         半田市立有脇小学校

・出身中学校         半田市立亀崎中学校

・身長            185cm

・体重            85kg

石川昴弥の両親(父母)は東邦の野球部OB

実は「石川昴弥」の父、尋貴さんは東邦野球部のOBなのです。

母、由香子さんも東邦野球部でマネージャーをされていたそうです。

すなわち、お二人とも東邦野球部O Bなのです。

しかも縁あるもので、尋貴さんは東邦が前回センバツで優勝した時のメンバーだったのです。

前回優勝時は平成元年で、東邦高校は平成の最初と最後に優勝したことになります。

前回の決勝戦の相手は現ジャイアンツコーチ元木大介さんがいた上宮高校でした。。

1―2でリードされていて、相手の暴投で逆転サヨナラ勝ちします。

元木選手がライトへ転々と転がるボールを見て、ひざまずいてしまう、高校野球ファンなら誰でも思い出す、印象的な優勝シーンでした。

残念ながら尋貴さんはベンチ入りできず、スタンドからの応援だったそうです。この時のエースが元ドラゴンズの山田喜久夫さんでした。

そして興味深いことに、彼の息子さんも、「石川昴弥」と同じ東邦野球部員だったのです。

今春のセンバツは山田さんの息子「斐裕将 読み方(ひゅうま)」君は、スタンドからの応援でした。

2組の親子が立場を逆にしていたことになります。

前述で縁があると述べたのもこのことにあります。

しかもドラフトで中日から指名されたのも、偶然の賜物でしょうか。

ここで父尋貴さんの「石川昴弥」にかける思いを紹介しておきましょう。

尋貴さんは長男「石川昴弥」が生まれると、おもちゃの代わりに軟式ボールを与えて遊ばせたそうです。

3歳からは自宅でキャッチボールや素振りをしました。

この頃から、尋貴さんが教えればすぐ自分のものにする息子「石川昴弥」に野球の素質を感じていたようです。

小学校へ入ると、「石川昴弥」は尋貴さんがコーチを務める野球チームに入ります。結局、尋貴さんが「石川昴弥」にコーチしたのは小学校までですが、尋貴さんは「石川昴弥」に「野球ができるのは控えの選手がいるからだ。感謝の気持ちを忘れるな」と、徹底してチームワークの大切さを教えます。

「石川昴弥」も「野球の基本を教えてくれたのはお父さん」と父に感謝しています。

センバツ優勝後のインタビューでもこう言っています。

「ヒットになったと思った打球も、みんなが捕ってくれた」と。

「石川昴弥」は父尋貴の教えを守っている限り、プロで活躍するようになっても決して、テングになることはないでしょう。

30年前の春、自分が立つことができなかったマウンドでの歓喜の輪の中心に、息子「石川昴弥」がいる光景を、どんな思いで見つめたことでしょうか。

スポンサーリンク

石川昴弥(東邦)の弟は中日ドラゴンズJr.の石川瑛貴!

「石川昴弥」には4つ違いの弟がいます。

瑛貴君です。

兄「石川昴弥」と同じように中日ドラゴンズJr. に選ばれて、白球を追っています。

弟瑛貴君はすでに兄「石川昴弥」譲りの素質を披露しています。

地元の新聞にも「石川はここまでの6試合の練習試合で13打数7安打10打点とチーム内で断トツの活躍ぶりを見せている」と掲載されました。

弟瑛貴君は「兄はあこがれの選手、兄が立った同じ場所(ドラゴンズJr.)にいられるのがうれしい。兄はよくアドバイスをしてくれます。だけど目標は兄を追い抜くことです」と逞しいことを言っています。

そんな瑛貴君を母由香子さんは「瑛貴は常に兄と比べられてプレッシャーを感じていました。兄弟でドラゴンズJt. に選んでいただいてうれしいの一言です」

と言っています。

4年後、弟瑛貴君がどんな選手になっているか楽しみですね。

石川昴弥(東邦)の出身小学校や中学校は?

「石川昴弥」は半田市立有脇(読み方はありわき)小学校に通っていました。

「石川昴弥」は小学2年から「ツースリー大府」に入団、野球を始めました。

6年生の時、「中日ドラゴンズJr.」に選ばれています。

そして半田市立亀崎(読み方はかめざき)中学校に進みます。

中学では部活ではなく「愛知知多ボーイズ」という硬式野球チームに入ります。

三年時には「NOMOジャパン」に選ばれ、日本代表としてアメリカ遠征を経験しています。

石川昴弥(東邦)は投手と野手の二刀流?目標は大谷翔平?

「石川昴弥」は打者としても投手としても一流の実力を持っています。

打撃面では天性のバッティングセンスで広角に長打が打てます

投手では最速144kmの速球を持っており、変化球もいいものがあります。

当然まわりからは二刀流と騒がれていて、目標とする選手は大谷翔平かなと思われます。

しかし、「石川昴弥」本人の目標とする選手は松井秀喜なのです。

このことからわかるようにプロ入りしたら野手一本で勝負するつもりでいます。

センバツでの好投があったとはいえ、プロの評価はあくまで打者「石川昴弥」です。

とはいっても甲子園優勝投手です。

投手に未練があるのじゃないかと思われますが、そこは全くブレていません。

センバツを振り返ってこう言っています。

「完封したことや優勝の瞬間をマウンドで迎えられたことはうれしかったです。

でもそれ以上に2本ホームランが打てたことの方が喜びは上でした」

このことを一番理解していたのは、東邦森田監督です。

「高校に入ってきた時から打者としてプロに行きたいという目標を持っていま

した」と語っています。

森田監督としては「石川昴弥」を打者として専念させたいが、チームの勝利を考えると投手「石川昴弥」という選択をしなければならなかったジレンマがあったようです。

監督を悩ませる程、「石川昴弥」は能力が高かったということですね。

その森田監督は「石川昴弥」に主将を命じます。

人間的に大きくなって欲しいという親心からです。

投手を経験したことは投手の心境、心理を読む上でこれからの野球人生にプラスになるはずです。

森田監督は、これから先の「石川昴弥」をしっかり考えていたのです。

石川昴弥(東邦)の守備力は?

「石川昴弥」はどうしてもその打力に目が奪われがちですが、守備面でもプロから高く評価されています。

投手としてフィールディングに定評がありましたが、高校1年生の時にはショートも経験するなど、軽快なフットワークも魅力です。

実際に、サードではほとんどエラーは記録していません。

石川昴弥(東邦)のドラフト評価や通産成績は?

それではプロのスカウトは「石川昴弥」をどんな評価をしているのでしょう。

巨人スカウト

逆方向に強い打球を打てるし変化球の対応も良い。

中日スカウト

いろいろな打者を見てきたが、夏の予選第一打席でいきなりホームランはいない。

大舞台に強い。運も華もあるスラッガーだ。

広島スカウト

山本浩二の再来を思わせる。

と、いうふうに各スカウトは高い評価を下しています。

ここで「石川昴弥」の通算成績をご紹介します。

・2018年夏の予選

6試合   打率737 本塁打1本 打点12 出塁率783

・2018年秋季(明治神宮大会も含む)

17試合  打率437 本塁打7本 打点27 出塁率583

・2019年センバツ

5試合   打率300 本塁打3本 打点8 出塁率300

・2019年夏の予選

2試合   打率400 本塁打1本 打点2 出塁率667

・U18

8試合   打率333 本塁打1本 打点9 出塁率484

投手成績

・2018年秋季大会

7試合   43回2/3 防御率3.71  35奪三振 17四死球

・センバツ

5試合   40回   防御率0.68  28奪三振 11四死球

という成績を納めています。

石川昴弥(東邦)の読み方は?弟はドラゴンズJrで父母も野球部OB!まとめ

. 先日(10月17日)行われたドラフトで「石川昴弥」は中日から、1位指名されました。

3球団による競合で、相思相愛の中日に決まる当たり「石川昴弥」は運を持っています。

中日与田監督は「早速会いに行く。将来根尾と石川で中軸を打つチームにしたい」とコメントしています。

 

「石川昴弥」も「地元球団でもあり、非常にうれしい。優勝に貢献できたらいいなと思う。プロの目標は3冠王。落合さんのようなバッティングが出来ればいいなと思う。1位指名されて非常にうれしい。」と語っています。

打者としてだけでなく、野球選手として人間として大きく成長を遂げたスラッガーが、未来へ向かって逞しく羽ばたこうとしています。

読了いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする