佐々木朗希の身長体重wiki経歴!出身中学はどこ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

佐々木郎希の身長体重は?

すでにプロ野球で活躍できる逸材といわれる佐々木郎希投手は、身長190cm体重81kgと体格も超高校級ですね。

佐々木郎希投手と同じ岩手県出身の大谷翔平投手も、身長193cm体重92キロに圧巻の体格です。

メジャーリーグで大活躍している大谷翔平選手と比較しても、ほぼ遜色ない体格で佐々木郎希投手の無限の可能性を感じますね。

プロ野球の投手でも身長190cmとなると限られてくるので、どの球団も佐々木郎希投手を是が非でも獲得したいのは確実です。

投手にとって身長が高いことは大きな武器なので、佐々木郎希投手の上から投げ下ろすピッチングはプロでも即戦力になると言われています。

あとは身長190cmにしては体重が物足りない感じもするので、今後の課題は肉体改造が大きなポイントになりそうですね。

佐々木朗希の出身中学は?

佐々木朗希投手の出身中学は大船渡市立第一中学校で、中学生の頃から投手として注目されています。

中学時代に軟式ボールでストレートは141キロを記録し、硬式ボールよりスピードが出ない軟式で141キロを投げるのは驚異的です。

大船渡第一中学時代には軟式野球部で活躍していて、複数の高校野球の名門校からスカウトがあったそうです。

高校野球で甲子園の常連校である大阪桐蔭からも誘いがありながら、出身中学の仲間と一緒に野球がしたいと誘いを断っていますね。

大阪桐蔭の誘いを断り出身中学がある地元の大船渡高校に進学し、甲子園まであと一歩というところで惜しくもチームは敗北しました。

しかし佐々木郎希投手にとって甲子園に出場することよりも、出身中学の仲間と野球をする方が何より大事だったのは間違いなさそうです。

佐々木朗希投手の出身中学の大船渡第一中学校も、今の活躍ぶりを誇らしく見ているんでしょうね。

佐々木朗希のwiki風経歴プロフィールは?

佐々木朗希投手は岩手県陸前高田市の出身ということで、大谷翔平選手に続いて岩手県から怪物が2人誕生しています。

専門家の間でも岩手県に良い投手が集中していると言われていますが、なぜ岩手県ばかりなのか真相はわかりませんね(笑)

家族構成は両親と兄弟2人の5人家族でしたが、父親は2011年に発生した東日本大震災の津波で亡くなっています。

父親が亡くなったあとは兄の琉希さんが厳しく指導し、佐々木朗希投手の負けず嫌いの正確に火を付けていたようです。

兄の琉希さんも大船渡高校野球部OBで4番を任されていて、弟である佐々木朗希投手を一人前にした功績は計り知れませんね。

私が感じたのは最近の高校生とは思えない絆を大切にしている印象が強く、謙虚な姿勢も高校生とは思えませんでしたね。

スポンサーリンク

佐々木朗希の球速や球種!フォームの特徴は?

佐々木朗希投手の代名詞ともいえるストレートは、最速163キロを記録するなど剛速球が大きな魅力です。

柔らかいフォームから繰り出されるストレートは一級品で、プロ野球の投手でも数人しか投げれない160キロも軽く投げている印象さえあります。

しなやかなフォームが特徴的な佐々木朗希投手のピッチングは、170キロのストレートも投げれるんじゃないかと思うほど綺麗なフォームですね。

スライダーも打者の手元で大きく曲がる質の高い変化球を持っていますが、プロで活躍するには変化球を磨く必要があるのは間違いありません。

過去にも高校で活躍した投手がプロ入り後にフォーム改造し、自分のピッチングができなくなり引退した選手も数多くいます。

プロ志望届を出しているのでプロ野球入りは確実ですが、佐々木朗希投手のフォームが変に改造されないかだけが心配ですね。

佐々木朗希の腕が長い!

佐々木朗希望投手のしなやかなフォームは、腕の長さを最大限生かしているからこそのフォームだと感じますね。

身長が190cmなので腕が長いのは当然とも言えそうですが、それにしても佐々木朗希投手の腕の長さは際立って見えます。

佐々木朗希投手の腕の長さは公表されていませんが、身長193cmの大谷翔平選手の腕の長さは85cmと言われています。

大谷翔平選手より3cm身長が低いだけなので、佐々木朗希投手の腕の長さも82~83くらいはあると思います。

特に投手にとって腕が長いことは球持ちが良くなったり、より高いところから投げられるので打者としても打ちづらくなります。

佐々木朗希投手の腕の長さは外国人投手とヒケを取らないので、腕が長いこともプロ野球で活躍する大きなアドバンテージですね。

佐々木朗希はいつから早いボールを投げていたのか?

小学校3年生の頃から野球を始めている佐々木朗希投手は、いつから早いボールを投げていたか調査していきます。

まず小学校時代も早いボールを投げていたと思われますが、球速については情報は見つかりませんでしたね。

中学生になると軟式ボールで141キロをマークしていますが、硬式ボールだとすれば+5キロは上乗せされる計算になります。

中学生で軟式ボールで141キロを投げていますが、高校野球の投手で140キロ後半の球速でかなり早いといわれるレベルですね。

大船渡高校1年生の時に最速141キロをマークし、その後は163キロの剛速球を投げるまでに成長しています。

超規格外という言葉では表現できないほどの怪物ぶりで、今後どこまで早いボールを投げるのかワクワクする選手ですね。

佐々木朗希はバッティングのセンスもあり!

佐々木朗希投手は球速が注目されがちですが、バッティングのセンスも高いと評価されています。

大船渡高校ではエースで4番を任されていて、打者としても高い打率を残してチームの勝利に大きく貢献していますね。

練習試合ながら仙台育英高校から特大ホームランを打つなど、打者としても大きな可能性を感じさせるバッティングでした。

バッティングフォームは大谷翔平選手を彷彿とさせる感じで、相手投手は投げにくいと思わせるオーラがありましたね。

では大谷翔平選手と同じく投手と打者の二刀流かと思いますが、佐々木朗希投手は怪我のリスクもあるので二刀流の可能性はないと思います。

プロ野球のセ・リーグだと投手も打席に立つので、佐々木朗希投手の豪快なバッティングが見られるかもしれませんね。

佐々木朗希の大谷翔平との比較!

佐々木朗希投手と大谷翔平選手について、ピッチングや体格など比較していこうと思います。

佐々木朗希と大谷翔平の身長体重は?

佐々木朗希投手は身長190cm体重86キロに対し、大谷翔平選手は身長193cm体重92キロですね。

現時点では大谷翔平選手の方が体格もガッチリしていて、佐々木朗希投手は線が細い感じです。

佐々木朗希投手が体重を増やしていけば、大谷翔平選手以上の投手になる可能性はかなり高いと思いますね。

佐々木朗希と大谷翔平の球種や球速は?

佐々木朗希投手は球速160キロ前後の速球が特徴的で、大谷翔平選手も160キロ以上の速球と変化球が早いのも大きな特徴ですね。

変化球の球種と球速は現時点で大谷翔平選手の方が上ですが、佐々木朗希投手も変化球を磨いていけばプロで大活躍できるはずです。

佐々木朗希投手の変化球が早く投げることができれば、大谷翔平選手のように大活躍できる逸材なのは間違いないと思います。

佐々木朗希と大谷翔平のフォームの特徴は?

佐々木朗希投手も大谷翔平選手も柔らかいフォームは一緒で、どちらも軽く投げているように見えます。

特に佐々木朗希投手のフォームは柔らかいという印象が強く、無駄な力が入っていない投球フォームは魅力的ですね。

2人に共通している事は上手に体を使って投げるフォームで、無駄のない綺麗なフォームはプロの世界でも数少ない美しい投球フォームだと思います。

佐々木朗希の身長体重wiki経歴!出身中学はどこ?まとめ

佐々木朗希投手について簡単に紹介してきましたが、持っている才能は大谷翔平選手以上だと思える逸材でしたね。

プロ入りしても焦らず鍛えていけさえすれば、投手としてプロの世界でも十分に通用できるのは間違いないと思います。

まずは体作りに専念してケガをしないように注意し、周囲も騒ぎすぎないで静かに見守っていってほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする