同期のサクラ新潟出身?おじいちゃんの新潟弁が自然すぎる!

同期のサクラの第一回が放送され、北野桜が新潟出身でかつ離島の生まれということで、新潟弁の訛りがすごく話題になりましたね。ただ実際の新潟出身の方からは違和感を感じたりする方もいたようです。そこで同期のサクラでの新潟弁の評価や、またドラマ内で出てきた新潟の離島というものは実在するのかどうかを調べていきたいと思います。

また北野桜の新潟弁がフューチャーされていましたが、北野桜のおじいちゃん役を演じた方の新潟弁がかなり自然だったとも評判だったので、それについても口コミなどをご紹介したいと思います。

同期のサクラ新潟出身?新潟のどこ?長岡出身?

同期のサクラを見ると主人公の北野桜は新潟出身ということが紹介されていました。

ドラマ中で桜が新潟に住むおじいちゃんあてにFAXを送っていたのですが、そこには新潟弁でこのように書かれていました。

「じいちゃん 心臓の調子はどうら? 今日はいよいよ入社式らよ。買うてもろたスーツと靴、大事(でえじ)に使うっけね。行ってくっれ」

と、想像よりかなりガッツリ新潟弁っていう感じですね。

これを見た新潟出身はドラマで新潟弁が使われているのでうれしかったようです。

実際は私も新潟出身の友人に同期のサクラは新潟出身という設定なんだという話をしたら、「見てみたい」と言っていたので、やはり故郷がテレビに出ていると嬉しくなるものなんでしょうね。

そしてドラマを見た方からは新潟出身なんだ~ということでは、満足せずに、今度は「新潟のどこの出身なんだ?」というのも話題になりました。

北野桜が話す新潟弁から新潟のどこの地方かまで割り出す人まで現れました。

聞く人が聞くと新潟のどこ地方まで分かるんですね。すごい!!

皆さんの声を聞く限りでは、中越っぽい新潟弁なのでしょう!ちょっと関東生まれ関東在住の私にはその差が分かりませんが、Twitterを見ていたら新潟出身の方の熱量がすごかったです!

同期のサクラ新潟弁に違和感?それとも自然?

そんな中越っぽい?主人公北野桜の新潟弁はどんなかんじだったのでしょうか?

SNSでは北野桜の新潟弁に違和感を感じる人や懐かしさを覚える人がいたようです。

特にドラマなので、多少誇張して訛りを演出している部分もあるのかもしれませんが、どうやらSNSの情報によると最近の新潟出身の若者はあんなコテコテの新潟弁は使わないようですね。

新潟弁を話している高畑充希さんがかわいいという声や、地元を思い出して懐かしいという声は多数ありましたが、新潟弁が自然だという意見はあまりないようだったので、やはりちょっとコテコテすぎる訛りだったのと、最近の若者はあそこまで訛った話し方をしないというのが、みなさんの見解ようです。

同期のサクラおじいちゃんの新潟弁は自然すぎる!

主人公北野桜の新潟弁が注目されていましたが、北野桜のおじいちゃん役の人の演技が自然するぎるとひっそりと話題になっていました。

この北野桜の祖父役を演じていたのは津嘉山正種(つかやままさね)さんという俳優さんで、出身地はなんと沖縄県那覇市!

新潟とは全然離れたところで、しかも沖縄!新潟の方言なんて、おそらく聞いたことや話されたことはないんじゃないでしょうか?

それにも関わらず、新潟県民も認めるかなりネイティブな新潟弁だったとのこと!

北野桜が使う新潟弁は割と年配の方が使っている新潟弁ということだったので、おじいちゃんが話すと違和感がなかったのかもしれませんが、それでも沖縄出身の津嘉山正種さんがあそこまで流暢に話すのはさすがといったところでしょうか。

ちなみに津嘉山正種さん、声優としても有名な方で、アニメ「ワンピース」のロジャー(二代目)を演じたり、映画でも大人気だった「ちはやふる」の綿谷始役を演じていて、今回同期のサクラで共演している新田真剣佑さんと一緒に出演されていました。

津嘉山正種さんは同期のサクラでは北野桜のおじいちゃん役でしたが、主に北野桜とはFAXでやりとりをしていて、津嘉山正種さんの美声を披露しないのはもったいない!なんて声もあったくらいです。

同期のサクラ新潟に美咲島は実在する?
同期のサクラの離島ロケ地は佐渡島?粟島?
同期のサクラ北野桜は発達障害?
同期のサクラのキャストやあらすじは?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする