岡本依子副会長の話し方や口元が気になるが高学歴!結婚や経歴プロフィールは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テコンドー岡本依子副会長の話し方や口元が気になると話題になっています。どんな話し方や口元なのか動画など調べてみました。

また元テコンドーの選手だったという岡本依子副会長ですが、これまでの経歴や結婚されているかなども話題になっています。経歴やプロフィール、そしてご結婚されているのかどうか調べてみたいと思います。

岡本依子副会長の話し方が頼りない

岡本依子副会長ですが、朝の情報番組スッキリに生出演して、現在のテコンドーの一連の騒動について話をする機会がありました。

そこでの話し方がとてもおどおどしていて、視聴者に何を伝えたかったのか分かりにくい話し方になってしまっていました。

ご本人はとても真剣に話をしていらしたし、まじめな方なんだろうなというのは伝わってきたのですが、話か方が頼りない感じがしてしまうので、これではあの会長とは戦えないだろうと思う方が多かったみたいです。

特にあのテコンドーの会長はとてもインパクトがあるので、選手とのコミュニケーション不足があったとだけした会長に対し、理事会を解散、総辞職したほうがいいと訴える岡本依子副会長は果たしてどこまでやれるのでしょうか。

岡本依子副会長の話し方の動画はこちら!

岡本依子副会長の話し方について簡単にご紹介しましたが、実際に動画をご覧いただこうと思います。

スッキリでの生出演の様子は29:00ごろから見られます。

話始めを聞いてみると、確かに言葉遣いなど少し稚拙な感じがしますが、そこまでではないなと思いました。

ただそのまま続けて見ていただくと分かるのですが、一緒に出演している高橋美穂さんという理事の方が岡本依子副会長の後に話始めるのですが、高橋美穂さんがとても流暢に分かりやすく、現在の問題点を説明してくださるので、高橋美穂理事との対比で余計に岡本依子さんの話し方が気になってしまったのかなと思います。

59:00過ぎからは最後感極まって泣いてしまっていました。

こんなにも世間の注目を浴びて、そんな中で現在の現状を訴えなければいけない状況はとても緊張したんだろうなと思います。

それにしても高橋美穂さんの話し方がすごい分かりやすいし、的確でした。岡本依子副会長が伝えきれない部分を高橋美穂さんが補ってくれるような関係でしたら素敵ですね。

岡本依子副会長の口元が気になる

岡本依子副会長は話し方とあわせて口元にも注目が集まっています。

こちら岡本依子副会長のお写真です。

口元が少し特徴的なので、印象に残る方が多いようです。

岡本依子副会長の話し方や口元についてSNSの反応は?

やはり話し方には否定的な意見が多かったようです。やはり副会長という立場上、人に届きやすいという話し方というのは大切なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

岡本依子副会長の経歴は?

そんな岡本依子副会長の経歴についてもご紹介していきます。

岡本依子副会長はご存知の通り元テコンドーの選手で、2000年のシドニーオリンピックではテコンドーで銅メダルを獲得され有名になりましたよね!

実は岡本依子さんがテコンドーを始めたのは大学生になってからなんです。

大学生の時に交換留学生としてアメリカのオレゴン大学へ留学をしています。その現地でテコンドーに出会い、そこから始めたのです。

そして岡本依子副会長のすごい経歴というのは、そのスピード出世です!

テコンドーを始めた1993年にテコンドー全日本に初出場をすると、なんと優勝してしまうんです。

初めた年に全日本で優勝するってもちろん努力をされたんでしょうが、天性の才能というか、わたしのような凡人には無いテコンドーのセンスみたいなのが素質としてお持ちだったんでしょう。

1994にはアジア選手権2位
1996年アジア選手権2位
1998年アジア選手権3位
2000年シドニーオリンピック3位銅メダル
2001年東アジア大会2位
2002年ワールドカップ2位
2004年アテネオリンピック7位
2005年アジア選手権3位
2007年世界選手権ベスト8
2008年北京オリンピック

簡単に岡本依子副会長の現役時代の戦歴を書きましたが、こうしてみてみるとすごいですね。毎年のようになにかしらの結果を残しています。

そして岡本依子副会長は先ほどご紹介した通り、テコンドーを始めたのは遅かったのですが、引退も遅かったんです。

引退をされたのが37歳の時です。いくら始めたのが遅かったとはいえ、その年齢まで第一線で活躍されていたのはすごいことですね。

37歳で引退後は、テコンドーの経験を生かして、テコンドー教室も開かれているそうです。

現在話題になっているテコンドー協会に携わるようになったのは2015年からです。

全日本テコンドー協会の理事に選任されて、強化委員にもなっており、現役時代の実績を買われてか、選手強化にも携わっています。

岡本依子副会長の話し方は頼りないが高学歴だった!出身高校大学は?

岡本依子副会長の話し方が頼りないと話題ですが、実はかなり高学歴の方でした。

気になる出身高校と大学をご紹介します。

高校は通っていた四天王寺中学からのエスカレーターで四天王寺高等学校特別英数コースに通われていました。

みなみに四天王寺中学の偏差値は大体62~73くらいで、四天王寺高等学校の特別英数コースは55~72くらいでした。

そして大学はスポーツ心理学を学んでみたいという気持ちから、早稲田大学の人間学部で精神生理学を学ばれたようです。偏差値は70前後です。

実は岡本依子さんはまったくのスポーツ初心者ではなく、中学の時から空手を習っています。テコンドーをすんなりできたのは空手をやってきていたからだったんですね。

中学時代からなかなか偏差値の高い学校に通われていて、頭がいい方なんだと思います。早稲田大学にも一般入試で進学したとのことなのですごいですね。

話し方から見るとアウトプットは苦手なのかもしれませんが、勉強が得意そうなところを見るとインプットはとても上手な方なのかなと思います。

岡本依子副会長は結婚している?

岡本依子副会長の結婚についても気になる方が多いようなので調べてみました。

調べてみましたところ、岡本依子副会長は独身で、ご結婚はされていないようです。

ではなぜこんなに結婚キーワードがあるかというと、岡本依子副会長が以前ご自身のブログに「結婚しました」というタイトルで記事を投稿したことがきっかけのようです。

ただ実際はご結婚されていないので、本文には「嘘です!」と書いてありました。

岡本依子が牧師になったのはテコンドーがきっかけだった!

岡本依子さんにはまだまだ驚きの経歴があります。

それはテコンドーの選手だったというほかに、牧師でもあるということです。

牧師というのは自称ではなく、引退後、神学校に通い、しっかり勉強をなさっています。

ご自身のブログでも2018年4月末にキリスト教の聖地であるエルサレムに行き、儀式を受けています。

ご自身もブログで

エルサレムで牧師按手受けた日本人牧師なんて、珍しいと思います

と綴っていました。

本場エルサレムに行かれるほど、信仰されているんだなと思います。

そこで気になるのが岡本依子さんはどうして牧師になろうと思ったのかということですが、これにもテコンドーが関係していました。

テコンドーと言えば、韓国でとても盛んな競技です。岡本依子さんも現役時代は韓国人コーチに指導を受けていたのですが、韓国はアジア諸国の中でもキリスト教信者が多い国です。

その韓国人コーチもキリスト教を信仰しており、そのコーチと一緒にクリスマスに韓国の協会に足を運んだことがきっかけで牧師になることを目指したそうです。

現在は布教活動もされていて、礼拝時には同時通訳もこなします。

ここでも高学歴っぷりを発揮ですね。

アメリカに留学と、テコンドーで韓国にいた経験から語学は堪能な岡本依子さんです。

テコンドーとキリスト教がつながるきっかけは韓国だったんですね。

岡本依子副会長の年齢やプロフィール

名前:岡本依子(おかもと よりこ)
生年月日:1971年9月6日
身長:170cm
体重:67kg
出身地:大阪府門真市

ご出身は大阪府でした。先ほどご紹介した動画の中でも関西弁を使われていたので、お分かりですね。

そして年齢ですが2019年時点で48歳になられます。見た目はもう少し若く見えました!もうすぐ50歳にはみえないかな…。

岡本依子副会長の話し方や口元が気になるが高学歴!結婚や経歴プロフィールは?まとめ

以上テコンドーの岡本依子副会長についてまとめました。

・話し方は頼りなく、会長と対等に戦っていけるのか心配の声多数
・頼りなさそうな部分もあるが早稲田大学に一般入試で進学した高学歴
・結婚はしておらず、独身。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする