グレタトゥーンベリさん顔が怖い!障害や両親に気になる経歴とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

国連の国連気候行動サミットで地球温暖化対策を訴える演説をし、反響を呼んでいるスウェーデンの16歳の活動家グレタさん。

そんなグレタさんのグレタさんの顔が怖いと噂です!また自ら障害者であることも告白しています。

一体どんな経歴でどんなご両親をお持ちなんでしょうか。

顔が怖い画像や障害に両親、そして経歴についてまるっとご紹介します。

今、世界中で話題となっているグレタトゥーンベリさんについて徹底して調べました。

グレタトゥーンベリさんの障害アスペルガーとは?

国連の国連気候行動サミットでの演説が大きな反響を呼んでいるグレタさんですが、アスペルガー症候群であることを公表しています。

アスペルガー症候群とは

アスペルガー症候群は、広い意味での「自閉症」のひとつのタイプです。最初に症例を報告したハンス・アスペルガーというオーストリアの小児科医の名前にちなんでつけられました。アスペルガー症候群は、自閉症の3つの特徴のうち「対人関係の障害」と「パターン化した興味や活動」の2つの特徴を有し、コミュニケーションの目立った障害がないとされている障害です。言葉の発達の遅れがないというところが自閉症と違うところです。知的発達に遅れのある人はほとんどいません。

とあります。

引用元https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-03-006.html

グレタさんの、強い意思を持った真っ直ぐな演説は、アスペルガー症候群特有のパターン化した興味や活動からも影響を受けているのかもしれませんね。

自身のFacebookでは「アスペルガーは病気ではなく、1つの才能。アスペルガーでなかったら、こうして立ち上がることはなかったでしょう」と投稿しています。

このようにアスペルガーであることをオープンにし、それを才能であると誇りを持って生きている姿も、彼女の活動に賞賛の声が多いわけの一つではないでしょうか?

グレタトゥーンベリさんの演説全文

それでは米ニューヨークで2019年9月23日に開かれた、国連気候行動サミットでのグレタさんの演説を見てみましょう。

以下、演説全文です。

〝私が伝えたいことは、私たちはあなた方を見ているということです。そもそも、すべてが間違っているのです。私はここにいるべきではありません。私は海の反対側で、学校に通っているべきなのです。

あなた方は、私たち若者に希望を見いだそうと集まっています。よく、そんなことが言えますね。あなた方は、その空虚なことばで私の子ども時代の夢を奪いました。

それでも、私は、とても幸運な1人です。人々は苦しんでいます。人々は死んでいます。生態系は崩壊しつつあります。私たちは、大量絶滅の始まりにいるのです。

なのに、あなた方が話すことは、お金のことや、永遠に続く経済成長というおとぎ話ばかり。よく、そんなことが言えますね。

30年以上にわたり、科学が示す事実は極めて明確でした。なのに、あなた方は、事実から目を背け続け、必要な政策や解決策が見えてすらいないのに、この場所に来て「十分にやってきた」と言えるのでしょうか。

あなた方は、私たちの声を聞いている、緊急性は理解している、と言います。しかし、どんなに悲しく、怒りを感じるとしても、私はそれを信じたくありません。もし、この状況を本当に理解しているのに、行動を起こしていないのならば、あなた方は邪悪そのものです。

だから私は、信じることを拒むのです。今後10年間で(温室効果ガスの)排出量を半分にしようという、一般的な考え方があります。しかし、それによって世界の気温上昇を1.5度以内に抑えられる可能性は50%しかありません。

人間のコントロールを超えた、決して後戻りのできない連鎖反応が始まるリスクがあります。50%という数字は、あなた方にとっては受け入れられるものなのかもしれません。

しかし、この数字は、(気候変動が急激に進む転換点を意味する)「ティッピング・ポイント」や、変化が変化を呼ぶ相乗効果、有毒な大気汚染に隠されたさらなる温暖化、そして公平性や「気候正義」という側面が含まれていません。この数字は、私たちの世代が、何千億トンもの二酸化炭素を今は存在すらしない技術で吸収することをあてにしているのです。

私たちにとって、50%のリスクというのは決して受け入れられません。その結果と生きていかなくてはいけないのは私たちなのです。

IPCCが出した最もよい試算では、気温の上昇を1.5度以内に抑えられる可能性は67%とされています。

しかし、それを実現しようとした場合、2018年の1月1日にさかのぼって数えて、あと420ギガトンの二酸化炭素しか放出できないという計算になります。

今日、この数字は、すでにあと350ギガトン未満となっています。これまでと同じように取り組んでいれば問題は解決できるとか、何らかの技術が解決してくれるとか、よくそんなふりをすることができますね。今の放出のレベルのままでは、あと8年半たたないうちに許容できる二酸化炭素の放出量を超えてしまいます。

今日、これらの数値に沿った解決策や計画は全くありません。なぜなら、これらの数値はあなたたちにとってあまりにも受け入れがたく、そのことをありのままに伝えられるほど大人になっていないのです。

あなた方は私たちを裏切っています。しかし、若者たちはあなた方の裏切りに気付き始めています。未来の世代の目は、あなた方に向けられています。

もしあなた方が私たちを裏切ることを選ぶなら、私は言います。「あなたたちを絶対に許さない」と。

私たちは、この場で、この瞬間から、線を引きます。ここから逃れることは許しません。世界は目を覚ましており、変化はやってきています。あなた方が好むと好まざるとにかかわらず。ありがとうございました。〟

引用元https://www.google.co.jp/amp/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20190924/amp/k10012095931000.html

そしてこちらはスピーチの動画です。

かなり強い言葉で、地球環境、そして若者の未来について涙を浮かべながら訴える姿がとても印象深いです。

16歳の少女が話す内容としてはかなり強い言葉が並びますが、ここまで挑戦的でさらには攻撃的な内容で演説をしなければ、社会的にインパクトを残せないからなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

グレタトゥーンベリさんの顔が怖い?

こちらは国連気候行動サミットの演説の最中のグレタさんの表情です。

この鬼気迫る表情が怖いと噂になっています。

この表情には何か意味があるのでしょうか?

今回の演説で注目された言葉『よくもそんなことを=How dare you』。

こちらは演説の中で4回も登場しています。

他にも『決して許さない』など、感情的な言葉が多く、論理ではなく、感情にアピールしようという意図があると分析している専門家もいます。

社会的な関心を集めるためのアピールだったのかもしれませんし、本当に怒りと憎しみが全面に出てしまったのかは分かりません。

しかし、いずれにしても16歳の少女にこのような表情をさせてしまうことは非常に悲しく残念なことだと思います。

グレタトゥーンベリさんが炎上しているのはなぜ?

この投稿をInstagramで見る

Lunch in Denmark.

Greta Thunbergさん(@gretathunberg)がシェアした投稿 –

こちらのグレタさんのツイートの写真が炎上の原因となっています。

一見、ただの食事風景のようですが、食品がプラスチック容器に入っていることに注目が集まってしまいました。

スピーチだけではなく、SNSまでも批判の的にされてしまうグレタさん。

かわいそうにも思いますが、彼女の一挙手一投足に世界中が注目している証拠ですね。

グレタトゥーンベリさんの両親は?

そんなグレタさんの両親はこちら

父・スヴァンテ・トゥーンベリさん、母・マレーナ・エルンマンさん。

父親は俳優や作家、母親はスウェーデンのオペラ歌手、そして祖父も俳優という、芸能一家です。

グレタさんの活動が、親や左翼の活動家に操られたものと思う人もいるようですが、どうやらグレタさん本人の意思のようです。

グレタさんが、一人で議会前で座り込みを始めたとき、両親は心配して止めるように言ったそうです。しかし、彼女の意思は固く、両親はそれに付き合うことになり、母親は、海外での公演を休止することになったそうです。

グレタトゥーンベリさんへトランプ大統領と不仲?

グレタさんが険しい表情でドナルド・トランプ大統領を睨みつける動画が話題となっています。

トランプ大統領とグレタさんは一体どのような関係なのでしょうか?

グレタさんは国連気候行動サミットの翌日の9月24日、自身の公式Twitterアカウントのプロフィールを「明るく素晴らしい未来を夢見るとても幸福な若い女の子」に変更しています。

これは、トランプ大統領がグレタさんのスピーチ動画に対して「彼女は明るく素晴らしい未来を夢見るとても幸福な若い女の子のようだ。ほほえましい」とツイートしたことを受けたもののようです。

このツイートは、グレタさんが演説で訴えた内容に対して不適切であるだけでなく、グレタさんの障害に対しても極めて無礼な侮辱の言葉だ、との批判も多くあります。

グレタさんは、トランプ大統領のこのツイートにも屈せす、それを茶化すかのようにTwitterのプロフィールを変更しました。

これからも二人のやり取りには注目が集まりそうですね。

グレタトゥーンベリさんヨットに乗って帰りはどうする?

グレタさんは、温室効果ガスの排出を避けるために飛行機に乗ることを2015年から拒否していると明かしています。

そのため、国連気候行動サミットがおこなわれたアメリカには、ヨットで移動をしました。

しかし、自然界に廃棄物を排出しないヨットですが、大西洋を横断した「マリツィアII号」は傷みがひどいため、スタッフ2人が渡米して、ヨーロッパに戻されさらに、行きの船に乗船していた船長は、飛行機で帰国してしまっています。

それでも、グレタさんは飛行機の搭乗を拒否している為、「マリツィアII号」の修理を待つか、アメリカで別の船を借りる必要が出てきてしまいました。

ヨットのメンテナンスなどを考えると、飛行機よりも船のほうが環境への悪影響が大きいのではないかとも言われており、実際、すでにスタッフの渡米や船長の帰国で飛行機への搭乗が3回行われていることから、ヨットでの帰国にこだわり続けることに疑問の声も出ています。

未だにアメリカからヨーロッパに帰る方法が決まってないため、グレタさん自身も「どうやって母国に帰っていいのかわからない」と話しているそうです。

グレタトゥーンベリの帰国方法は?帰国した?

グレタトゥーンベリさんの話題も落ち着いてきた頃ですが、結局グレタさんは帰れたのかどうか、そしてその帰国方法はなんだったのかについて気になっている方も多いようです。

ということで、私なりに調べてみましたが、グレタトゥーンベリさんの帰国方法や帰国に関する情報は一切ありませんでした。

最新のグレタさんの位置情報が分かったのはツイッターです。

グレタさんのツイートを見ると、10月11日に「明日はコロラド州に行って気候ストライキに参加する」と言っています。

コロラド州はアメリカですから、国連に行くためにニューヨークに船で入ってからそのままアメリカにいるっていうことなのかなと思います。

まだしばらくアメリカにいそうなので、帰国方法が明かされるのはもう少し先になりそうですね。

そして更に言うなら、コロラド州への移動もどうしてるのか気になります。

まったく環境に悪影響を与えずに移動する方法を探す方が現代では難しいのではないでしょうか。

グレタさんの話題は落ち着いてきてしまいましたが、もし帰国したという情報があれば帰国方法については調べてみたいなと思います。

グレタトゥーンベリの経歴プロフィール

最後にグレタさんの経歴やプロフィールについてまとめたいと思います。

生年月日:2003年1月3日
出身地:スウェーデンストックホルム

先ほどもご紹介した通り、父は俳優、母やオペラ歌手、そして祖父は俳優兼映画監督という芸能一家に生まれ育ちました。

グレタさんがこのような環境活動を行うようになったきっかけは今から8年前の8歳のときです。

8歳のグレタさんは「地球温暖化」という現象を知り、あまりのショックに食事さえもできなるほど落ち込んだそうです。

周囲とのコミュニケーションにも困難が生じ、当時は母と信頼している教師以外とは話をすることができませんでした。

そして11歳の時に先ほどご紹介したアスペルガー症候群と診断をされました。

そんなグレタさんが有名になったきっかけは、一人で始めた金曜デモでした。

15歳の時にグレタさんは授業をボイコットし、スウェーデン議会が開かれている外で環境対策を求めるデモを金曜日にたった一人で行っていました。

こちらがその金曜デモの様子です。本当にたった一人でデモをしている様子が分かりますね。

グレタトゥーンベリさんがノーベル平和賞候補なのはなぜ?

そんなグレタさんですが10月7日から発表が始まるノーベル賞の平和賞候補となっていることが分かりました。

なぜ若干16歳の少女がノーベル平和賞の受賞候補になっているかということですが、それは先にもご紹介した一人で行ったデモがきっかけです。

若干16歳の少女がデモを行う様子がSNSで瞬く間に拡散されて、世界中で200万人以上のグレタさんと同年代の若者が同様に学校をストライキしたのでした。

この活動に賛同した人たちが地球温暖化対策を訴える大規模な「世界気候ストライキ」へと発展し、グレタさんはその中心人物として注目をされました。

ただし、毎年受賞者予想をしているオスロ国際平和研究所の関係者は「グレタさんが主張している気候変動と平和賞の伝統的なテーマである武装紛争などとの直接的な関連がない」ということから、受賞は無いのでは?という見方が強いようです。

はたしてどうなるでしょうか。

グレタトゥーンベリさん顔が怖い!障害や両親に気になる経歴とは?まとめ

「よくもそんなことを=How dare you」

この強い言葉でのスピーチが世界中で大きな反響を呼んでいるグレタトゥーンベリさん。

今回のスピーチや彼女の行動には賛否両論ありますが、彼女の思いや行動を無駄にしないためにも、大人たちは環境問題について真剣に向き合う必要がありますね。

これからのグレタさんの一挙手一投足に注目です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする