豊原謙二郎アナウンサー年齢や経歴!ラグビー経験者で実況に安定感!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

NHKの豊原謙二郎アナウンサーといえばラグビー経験者で実況が的確で好評です。そんな豊原謙二郎アナウンサーの年齢や経歴を調べたいと思います。

またラグビーはいつやっていたのか詳細も追っていきたいと思います。

それでは豊原謙二郎アナの年齢や経歴プロフィールをどうぞご覧ください。

豊原謙二郎アナウンサーの年齢や入局年次は?

それでは早速、豊原謙二郎アナウンサーの年齢や入局年次などをご紹介します。

まずご年齢ですが、1973年4月15日生まれの46歳です。

NHKには1996年に入局、二か所目の赴任先であった京都局にてスポーツアナウンサーを目指して本格的に練習に取り組み、現在ではスポーツ実況ができるアナウンサーとして定着しています。

入局から23年のベテランアナウンサーですね!

豊原謙二郎アナウンサーNHK入社後の経歴は?

1996年にNHKに入局後、初めての赴任先は佐賀局でした。

豊原謙二郎アナウンサーはモータースポーツ好きということもあり、佐賀出身の眞子智実さん(ロードレーサー)への長期にわたる取材をしていました。

その取材を実を結び番組にもなっていたったのが、スポーツ実況ができるアナウンサーを目指す一番初めのきっかけだったかもしれません。

2011年からは仙台局にも赴任しており、楽天ゴールデンイーグルスの実況もかなり担当していました。

ラグビーの実況においては2015年のワールドカップで日本代表戦の実況を担当しました。(南アフリカ戦とサモア戦の2戦)

南アフリカ戦においては、「いけー、いけー、トライ!ニッポン!!」と叫んだ後に35秒間無言となる実況が話題になりました。

豊原謙二郎アナウンサーはラグビー経験者だった!学歴は?

そんな豊原謙二郎アナウンサーは実はラグビーの経験者でした。

ラグビーを始めたきっかけは関東大学ラグビー対抗戦早稲田大学VS明治大学をテレビ観戦したことでした。

この試合は雪が降る中で行われ、雪の早明戦ともいわれた有名な試合です。

これを当時中学二年生だった豊原謙二郎少年はテレビで観戦し、ラグビーをやりたいと心を動かされたわけですね。

ラグビーをやると決心した豊原謙二郎少年は神奈川県立湘南高校に進学し、ラグビーを始めます。

高校時代にはキャプテンもつとめ、県大会ベスト8の結果も残しています。

ラグビー実況に定評があるのは、ラグビー経験者だったからなんですね。次に豊原謙二郎アナウンサーのラグビー実況についてもご紹介します。

スポンサーリンク

豊原謙二郎アナウンサーのラグビー実況が好評

豊原謙二郎アナウンサーはスポーツ実況に安定感があり、視聴者からも好評ですが、やはり経験者というだけあり、特にラグビー実況は人気です。

先ほどご紹介した2015年のラグビーワールドカップでみせた絶叫と沈黙も話題になったのですが、これは言葉に詰まったわけではなく、きちんと狙いがあります。

ご本人は「テレビ映像にパワーがあるときはどんなコメントもその映像には勝てない」という信条から、映像にパワーがあるときは敢えて沈黙を作っているそうです。

これはアナウンサーの先輩である山本浩氏からの教えだそうです。

とはいえ、実況という離すことが仕事の中で、沈黙の時間を作るというのは、とても勇気のいることだと思いま。

ですが、数々の経験をされてきた豊原謙二郎アナウンサーは絶妙な間での沈黙と、後半盛り上がってきたときの絶叫ぷりのバランス感覚とギャップが好評なのです。

今回話題になっている日本で開催されているワールドカップで日本代表がアイルランドに見事勝利したときにも名実況が飛び出しました。

 「日本、前大会に続いて2度目のジャイアントキリング!これはもう奇跡とは呼ばせない!

こんな言葉を残し、話題になっています。

この豊原謙二郎アナウンサーの言葉にSNSでも反響が大きいようです。


このようにSNSでは好意的な意見ばかりです。

・経験者だからこそルールを熟知した的確で冷静な実況
・盛り上がってきたときの感情爆発実況
・不必要な話はしない沈黙のある実況

まとめるとこんなところが評価されているアナウンサーなのかなと思いました。

豊原謙二郎アナウンサー年齢や経歴!ラグビー経験者で実況に安定感!まとめ

以上、豊原謙二郎アナウンサーについて調べました。

ラグビーの実況が素晴らしいのは、ご経験者だったからなんですね。さすがの安定感です。また一口に実況といっても、あえて沈黙の時間を作るなど、その時々の様子を瞬時に判断されていて、黙ることでその実況をより素晴らしいものにしていることが分かりました。

また大番狂わせの試合のときにはなぜかいつも豊原アナが実況されているようなので、今後も日本代表の試合には専任で実況してもらいたいものですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする