ホアキンフェニックスは口蓋裂?若い頃のイケメン画像に兄弟は伝説俳優!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホアキンフェニックスが口蓋裂という噂があるのをご存知ですか?また若い頃の画像がかなりイケメで、実は伝説の俳優をお兄さんにお持ちです。ホアキンフェニックスの口蓋裂や若い頃の様子を画像でご紹介します。またお兄さんはどんな方だったのかについても調査します。

ホアキンフェニックス口蓋裂?

ホアキンフェニックスさんの口元に傷跡があるのは、生まれつき口蓋裂で手術した跡だと言われています。

口蓋裂は生まれつき唇の一部が裂けてしまう先天性の病気で、生まれてすぐ手術をするケースが多いようです。

ホアキンフェニックスさんの鼻と口の間に傷跡があるのは、生まれてすぐに口蓋裂の手術をしている可能性がありますね。

口蓋裂は手術すれば治る障害ではありますが、完治するまで幼少期から大人になるまで治療が続くようです。

ホアキンフェニックスさんも大人になるまで治療していたか不明ですが、口蓋裂と言われないと気付かないくらいですね。

ホアキンフェニックスの若い頃がイケメン


ホアキンフェニックスさんの若い頃はキリッとしたイケメンで、現在のダンディーな感じとは一味違った魅力があります。

現在のホアキンフェニックスさんもイケメンですが、若い頃の方が眼力がすごくて引き込まれそうな感じがしましたね。

ホアキンフェニックスさんは完全菜食主義者としても知られ、撮影時でも毛皮や革製品など動物の毛などの服装は着ないそうです。

若い頃は取材などで多くを語ることなく黙り込んでしまうなど、気難しい一面はこの頃から有名でしたね。

若い頃からイケメンおして注目されたホアキンフェニックスさんですが、実際は寡黙な好青年といった感じかもしれません。

ホアキンフェニックスは子役だった?

ホアキンフェニックスさんは10歳から子役として活躍していますが、子役時代はリーフフェニックスという名前で活動しています。

日本だと子役として活躍しても大人になると消えていくケースも目立ちますが、ホアキンフェニックスさんは子役時代から現在まで活躍し続けていますね。

子役として出演した作品は注目作も多く、すでに子役時代からホアキンフェニックスさんの演技力は高く評価されていました。

15歳の頃から現在のホアキンフェニックスという名前に変更し、その後も数多くの作品に出演しトップ俳優へと駆け上がっていきます。

家庭が貧しかったこともあり子役として活動していますが、そんなことを感じさせない圧倒的な演技力は子役時代から異次元ですね。

ホアキンフェニックスの過去の出演作は?

ホアキンフェニックスさんの代表作は数多くあり、どの役柄でもなりきって演じることができる貴重な俳優ですね。

まず映画「ビューティーフル・ディ」では退役軍人で殺し屋の役を演じ、残忍ながら温かみのある役を見事に演じています。

殺し屋で近寄りがたい雰囲気がありながらも、本当は心優しい不器用な感じは映画の中でも特に印象的でしたね。

映画「ザ・マスター」は第二次世界大戦後のアメリカが舞台で、ホアキンフェニックスさんは戦争で精神を病んだ帰還兵を演じました。

精神が病み酒と女に溺れていく帰還兵の役は、ホアキンフェニックスさんの雰囲気とマッチしていて適役といった感じですね。

ホアキンフェニックス引退も結婚も大胆な嘘!

ホアキンフェニックスさんは過去に俳優引退を宣言し、ラッパーに転向すると表舞台から姿を消したことがあります。

この引退宣言は世界中に知れ渡り大きな衝撃を与えて、多くのファンが引退を惜しみ悲しんでいました。

またアメリカのテレビ番組内で婚約宣言もしていますが、この婚約宣言も嘘で人騒がせな俳優としても知られることになります。

引退宣言から2年後にホアキンフェニックスさんの密着映画が公開されますが、引退も人生に苦悩していたことなど全てが嘘でした。

自身に密着した映画の制作費もホアキンフェニックスさんが自費を出し、仕組まれた大ウソに世界中が騙されましたね。

スポンサーリンク

ホアキンフェニックスはベン&ケイシーアフレックと義兄弟?

ホアキンフェニックスさんが俳優引退と歌手転向を発表しましたが、これは悪ふざけでは済まない大掛かりなウソでしたね。

ドキュメンタリー「容疑者、ホアキンフェニックス」で、監督を務めたのはケイシーアフレックさんです。

ケイシーアフレックさんはベンアフレックさんの実の弟で、ケイシーアフレックさんはホアキンフェニックスさんの妹と結婚していますね。

ですのでホアキンフェニックスさんとケイシーアフレックさんは義兄弟になり、家族ぐるみで大掛かりな仕掛けを演じたともいえます。

義兄弟だからウソのモキュメンタリーが制作できたとも思えますし、アメリカだから許されるウソだなと感じましたね。

ホアキンフェニックスの兄は伝説の俳優リバーフェニックス

ホアキンフェニックスさんの兄は伝説的な俳優のリバー・フェニックスさんで、アメリカを代表する名俳優でした。

しかしリバーフェニックスさんは薬物の過剰摂取で若い頃に亡くなり、兄の死でホアキンフェニックスさんも一度は俳優業から身を引いています。

リバー・フェニックスさんの代表作「スタンド・バイ・ミー」は、全世界で大ヒットした普及の名作です。

早くから天才と言われ順風満帆のように見えましたが、世間の評価とは対照的にリバーフェニックスさんは世間と自分のギャップに思い悩んでいたようです。

現在でも伝説の俳優と言われるリバーフェニックスさんがいたからこそ、弟のホアキンフェニックスさんも俳優の道へ進めたと話していましたね。

ホアキンフェニックスの性格は内気で人見知り?

俳優として輝かしい実績を誇るホアキンフェニックスさんは、周囲を驚かせようとドッキリを仕掛けるなどお騒がせ俳優としても知られています。

俳優引退宣言のウソは2年間の歳月を要する大ドッキリで、目立ちたがり屋と思いますが実際のホアキンフェニックスさんは内気で人見知りでしたね。

内気で人見知りな性格だからこそ大それたウソをついて、世間を楽しませて自身の確信に迫られないようにしていると思いました。

内気な性格は取材時に知らない人んに囲まれると口数が少なくなったり、どう対処していいか困ってしまうほどですね。

ホアキンフェニックスさんの演技を見れば内気な性格とは想像できませんが、実際は繊細で人見知りする性格のようです。

ホアキンフェニックスは映画ジョーカーでアカデミー賞確実?演技の評価は?

映画「ジョーカー」に出演するホアキンフェニックスさんは、公開前からアカデミー賞確実と言われています。

ジョーカー役を演じるために24キロも減量するなど、ホアキンフェニックスさんの役作りはプロの域を超えていますね。

映画「ジョーカー」のトッドフィリップス監督は、ホアキンフェニックスさんに熱烈オファーを出しています。

トッドフィリップスさんがホアキンフェニックスさんを起用したのも、日々の役作りへのストイックさを高く評価していたからこそです。

ホアキンフェニックスさんの個性的な演技力は、必ずジョーカーの役にマッチして大ヒット間違いなしだと思いますね。

ホアキンフェニックスのプロフィール

名前:ホアキン・フェニックス(Joaquin Phoenix)
生年月日:1974年10月28日
出身地:プエルトリコ・サン・フアン
身長:173cm
デビュー作:1986年「スペースキャンプ」
主な出演作品:「グラディエーター」・「ウォーク・ザ・ライン/君に続く道」

兄のリバーフェニックスさんを筆頭に俳優一家に育ち、若い頃から個性派俳優として高く評価されています。

完全菜食主義者ベジタリアンでもあるホアキンフェニックスさんですが、以前にアルコール中毒で治療を受けるなど破天荒な一面も持ち合わせています。

俳優としてアカデミー賞にノミネートされた時には、賞レースを否定する発言をし世間を騒がせました。

高い演技力は申し分ないホアキンフェニックスさんですが、気難しい一面も持ち合わせる俳優としても有名ですね。

ホアキンフェニックスは口蓋裂?若い頃のイケメン画像に兄弟は伝説俳優!まとめ

映画「ジョーカー」でジョーカ役を演じるホアキンフェニックスさんは、繊細で真面目な性格というのが伝わってきました。

口蓋裂だったと言われていて傷跡もありますが、同じ障害で苦しむ方の大きな励みとも言える存在だと思います。

伝説的俳優のあにリバーフェニックスさんと比較されて、思い悩んだ日々もあったのは想像に固くありません。

しかしホアキンフェニックスさんだからこそ演じれる役も多く、兄に負けない名俳優として今後も活躍してほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする