中村匠吾の出身中学校や高校は?両親や兄弟構成調査!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マラソン東京五輪代表を決めるMGCで優勝した中村匠吾選手は、ダークホース的な存在ながら見事な走りでした。

優勝したことで両親や出身中学校や航行も注目されて、一気に時の人になりましたね。

そこで中村匠吾選手の出身中学校や高校について、両親や兄弟構成を調査していきます。

中村匠吾の出身中学校や高校は?

MGCで圧巻の走りで見事に優勝した中村匠吾選手について、出身中学校や高校について紹介していきます。

MGCで2位以内に入るとマラソン東京五輪内定になる大一番で、注目された有力選手を退く圧巻の走りは驚きましたね。

中村匠吾選手の出身中学校は三重県四日市市立内部中学校で、中学校時代には三重県の駅伝大会で区間賞を獲得しています。

中学校時代から長距離の才能があった中村匠吾選手は、中学校の頃から地道に練習を積んでいくタイプだったそうです。

そして出身高校は三重県上野工業学校を卒業していて、高校3年生の時に5000m走で高校歴代7位の記録を残しています。

上野工業高校は高校駅伝の常連校ということで、中村匠吾選手も沖縄インターハイの5000m走で3位入賞などの実績があります。

今回のMGCでも終盤に見事なスパートで優勝したように、5000m走が得意ということは大きな武器だと思います。

中村匠吾選手はフルマラソン経験も数えるほどしか走っていないので、まだまだ伸びしろがありそうで今後が楽しみですね。

中村匠吾の両親や実家は?

中村匠吾選手の両親や実家についての情報は少ないですが、これからメディアに登場してくる可能性はありそうですね。

両親がどんな人なのか現時点ではわかりませんが、中村匠吾選手が走ったMGCの沿道で家族が応援していたとのツイートがありました。

41キロくらいの中村匠吾選手がラストスパートをしたあたりで、両親が応援していたとの事でしたね。

中村匠吾選手の両親が応援されてたと書かれているので、知り合いではなく側にいた人のツイートかなと思われます。

中村匠吾選手の実家についての情報もありませんが、MGCで優勝したことでメディアが黙っていないはずです(笑)

MGCを沿道で応援していた中村匠吾選手の両親は、目の前で息子が東京五輪マラソンの代表に内定した時の気持ちは計り知れませんね。

中村匠吾の兄弟はイケメン?

中村匠吾選手には弟がいて2人兄弟と言われていて、弟も陸上競技をしていて中村匠吾選手より3歳年下と言われています。

しかし一方で中村匠吾選手の弟は陸上競技はしていないとの情報もあり、信憑性は微妙な感じもしますね。

中村匠吾選手と弟は見た目もそっくりで双子と勘違いするほどとの噂もありますが、弟さんの画像を見つけることはできませんでした。

弟さんはツイッターやインスタグラムをしているようですが、非公開にしているので見ることはできないようです。

噂によると弟さんが駅伝の中継所にいたところ、中村匠吾選手と間違えられて人が殺到したとの情報もありましたね。

中村匠吾選手もイケメンで大学時代から人気でしたが、弟さんも兄に負けないくらいイケメンと言われていました。

中村匠吾は彼女がいる?結婚の予定は?

中村匠吾選手は駒沢大学の出身で在学中には陸上部人気投票で1位になるなど、甘いマスクのイケメンで彼女がいるかも気になりますね。

中村匠吾選手に彼女がいるとの情報はないので、おそらく現在は彼女はいない可能性が高いと思われます。

過去に一般の方がブログ内で中村匠吾選手と遭遇したときに、彼女と手を繋いで歩いていたと書かれていましたね。

この女性が彼女かどうかは定かではありませんが、手を繋いでいたのが事実なら彼女かもしれません。

中村匠吾選手が結婚している可能性については、MGC優勝インタビューでも家族について触れられていないので独身の可能性が高いと思います。

結婚の予定があるかは現段階でわかりませんが、今は東京五輪に集中していて彼女はいない気がしますね。

スポンサーリンク

中村匠吾はどんな性格?

私はMGCで優勝した中村匠吾選手を知りませんでしたが、テレビ画面から実直で真面目そうな人柄が伝わってくるようでした。

実際の中村匠吾選手はマイペースで周りに流されない性格で、一人でのんびりするのが好きとのことでした。

高校時代にはケガに苦しんで精神的に辛い時期もあったそうですが、コツコツと愚直に練習を重ねている真面目な性格でもあるようですね。

また大の負けず嫌いだと大学時代の監督も話していて、マラソンを走っていても根性がすごいと絶賛していました。

中村匠吾選手は海外遠征などで食事面でトラブルがあっても動じることなく、寡黙ながら強い信念を持ち闘志は内に秘めているタイプにのようですね。

言葉にしなくても真面目な性格と言うのは伝わると思いますが、中村匠吾選手が走っている姿だけを見ても真面目で誠実だなと感じました。

中村匠吾の身長体重は?

中村匠吾選手の身長は172cmで体重は55kgと、平均より細目な体格といった感じかもしれませんね。

日本の26歳〜29歳の平均身長が約171cmで体重が68kgなので、中村匠吾選手は体重をかなり絞っている感じがします。

マラソン選手は食事にも細心の注意をしなければいけませんし、食べる量も制限したりと過酷な競技ですね。

練習中に嘔吐することもあるほど過酷な状況でも、弱音を吐くことなく実直に練習に取り組む姿勢は素晴らしいです。

厳しい練習に耐えれるのも純粋に強くなりたいと思えるからで、もしかしたら中村匠吾選手は厳しい練習だと思っていないかもしれませんね。

とにかくケガにだけは細心の注意を払って、無事に東京五輪の舞台に立てるように願うばかりです。

中村匠吾の指導者大八木監督とは?

中村匠吾選手の指導者である大八木監督は駒沢大学の監督で、低迷していた駒沢大学陸上部を強豪校に復活させた名将です。

大八木監督は熱血指導者として駅伝ファンに知られている方で、中村匠吾選手は駒沢大学卒業後も指導を受けていますね。

駒沢大学としても大八木監督としても初の五輪選手誕生に、大八木監督は夢が叶ったと男泣きしていた姿が印象的でした。

中村匠吾選手が大学を卒業するときに大八木監督から、卒業後も一緒にやろうと誘っています。

大八木監督は熱血指導なのでパワハラではとの噂もありますが、熱い指導は選手との絆があるからこそ可能なんだと思います。

大八木監督は中村匠吾選手が駒沢大学卒業後も指導しているのも、早くから才能を見抜いていたと考えると名将と呼ばれるのも納得ですね。

中村匠吾のプロフィール

名前:中村 匠吾(なかむら しょうご)
生年月日:1992年9月16日
出身地:三重県四日市市
所属:富士通陸上部
血液型:A型
趣味:ショッピング
好きな食べ物;焼き肉・すし

中村匠吾選手は3大大学駅伝で区間賞をマークするなど、大学3年生の頃に才能が一気に開花していますね。

最大の特徴は暑さに強いということで、暑くなればなるほど持久力が生かされると本人も話しているほどです。

どんなに才能豊かなランナーでも暑さで苦しむ事が多い中で、中村匠吾選手の暑さへの対応力はずば抜けていますね。

中村匠吾の出身中学校や高校は?両親や兄弟構成調査!まとめ

中村匠吾選手の家族や学歴について調査しましたが、まだまだ情報が少ないのも伏兵と言われる由縁かもしれませんね。

今回のMGCは4強と言われていて日本記録保持者2人の初対決が注目される中、見事に中村匠吾選手が優勝し世間を驚かせた印象です。

中村匠吾選手には東京五輪出場で満足することなく、出場するからにはメダル獲得へ向けて頑張ってほしいところですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする