大坂なおみコーチ陣女性は誰!?サーシャ・バインのコーチングに学ぶこと

大坂なおみフィーバーが起きています。連日メディアでも特集が組まれよく見かけますが、コーチ陣に交じっている女性が誰なのか話題になっています。大坂なおみさんと言えばサーシャ・バイン氏のコーチングも話題ですよね。コーチ陣の女性とコーチングについて調べます。

スポンサーリンク

大坂なおみプロフィール

引用元:https://www.instagram.com/p/Bm4QNiyF966/?taken-by=naomiosakatennis

名前:大坂なおみ
生年月日:1997年10月16日
出身地:大阪府大阪市中央区
身長:180cm
体重:69㎏
所属:日清食品

これまでの経歴
2011年 ITFサーキット モンテゴベイ大会でデビュー
2013年 ITFサーキットエルパソで準優勝。プロに転向。
2015年 カンガルーカップで準優勝。
2016年 全豪オープンで予選突破、グランドスラム初出場⇒3回戦で敗戦。
日清食品と所属契約を締結。
2018年 元世界ランキング1位のシャラポワに勝利する。
WTA初優勝。世界ランキングが22位になる。
USオープンで優勝し世界ランキング7位に浮上。

大坂なおみコーチ陣の女性は誰なのか?

大坂なおみさんのまわりにいつもよく見かける女性がいます。

ここにいます。

View this post on Instagram

Squad up 💪

Naomi Osaka 大坂なおみさん(@naomiosakatennis)がシェアした投稿 –


あ、ここにもいます。

引用元:https://victorysportsnews.com/articles/6659/original

「この人誰なの?」とちょっとした話題になっているので、調べました。

この方はトレーナーではなくて、大阪なおみさんのアスレティックトレーナーをつとめる茂木奈津子さんという日本人女性でした。茂木奈津子さんのプロフィールはこちらです。

名前:茂木奈津子(もぎなつこ)
生年月日:1982年8月29日
出身地:東京
最終学歴:慶応義塾大学

学校法人花田学園(鍼灸や柔道整復の専門学校)で勤務後、アスレティックトレーナーとなり活躍されています。中学高校とずっと慶應義塾だったそうです。アスレティックトレーナーとは、スポーツの現場においてケガを予防するためのトレーニングやストレッチなどを行ったり、ケガをしてしまった場合には、ケガの程度を判断したり応急処置をしたりするのが仕事となっています。

茂木奈津子さんは2018年3月から大坂なおみさんの専属トレーナーとなっているようで、いわゆるアスレティックトレーナーとしての仕事を全うするほかに、大坂なおみ選手の日本語の話し相手にもなっているそうです。ストレッチやマッサージを受けながら、たわいもない話を日本語でしながら、大坂なおみさんは日本語の勉強もしつつ、リラックスする時間にもなっているのでしょう。

大坂なおみのために結成された「チームなおみ」って何?

現在6名のメンバーでチームなおみとして、大坂なおみさんを支えています。
サーシャ・バイン氏、吉川真司氏、アブドゥル・シラー氏、他トレーニング担当コーチと先ほどご紹介したチームなおみ唯一の女性アスレティックトレーナーの茂木奈津子さんです。

これまでは父のフランソワさんと転戦をし、こうした手厚いサポートが無かったが、専属スタッフを置くことにより、それぞれが大坂なおみさんを役割ごとにきちんとサポートできるようになったそうです。そのため大坂なおみさん自身も「各コーチが役割をは果たしてくれ、私もいい影響を受けている」とコメントしていました。

メンタルを支えたサーシャ・バインコーチの経歴と指導法。彼女とのインスタが話題

昨年までほぼ無名だった大坂なおみ選手をいっきにスター選手にまで押し上げた立役者として有名なのがサーシャ・バインコーチです。もともとポテンシャルはあった彼女ですが、ありあまるパワーと気持ちのコントロールの仕方を知らなかったのです。

サーシャ・バインの指導法1「明るく楽しくポジティブに」

なるべく楽しい雰囲気で過ごすために、練習で目標が達成できない場合に罰ゲームをしてたのしんだといいます。たとえば、渋谷のスクランブル交差点でダンスを踊る、納豆を食べるなど、SNSで罰ゲームを募集する?とまで言っていたそうです。そうして練習が辛いものにならないよう工夫をしていたそうです。

サーシャ・バインの指導法2「常に対等に」

コーチと選手と言うと、日本ではコーチの存在が絶対なイメージがありますよね。昨今の日本スポーツ界でもパワハラが横行していますが・・・。サーシャ・バイン氏は上から話すことはありません。大坂なおみさんと同じ目線になって常に彼女をはげますような言葉がけをしています。

サーシャ・バイン氏の彼女が話題

そんなサーシャ・バイン氏ですがSNSでアップしている彼女フェデリカさんとの画像も話題になっています。フェデリカさんはサーシャ・バイン氏のことを「誇りに思う。苦労は必ず報われる。幸せで言葉にできない」とラブラブなコメントをしていました。

スポンサーリンク

無名時代からサポート吉川真司コーチ

チームなおみの一人で無名時代から大坂なおみさんをサポートした吉川真司さんをご紹介します。

2013年の東レパンパシフィックオープンの予選で大坂なおみ選手を見た日本テニス協会女子代表コーチ吉川真司コーチはすぐさま強化本部長に「すごい才能だ」と報告をし、nationalトレセンの利用など日本協会としてできるサポートをしてきた人物です。始めた大坂なおみさんを見たときの感想を「あの時の衝撃は忘れない。パワー、体のしなやかさ、ゲーム性、世界でも見たことのない選手だった」と語っています。

セリーナ専属経験のあるアブドゥル・シラー

ストレングス&コンディショニングコーチのアブドゥル・シラー氏について紹介します。シラー氏はサーシャ・バイン氏と同様にセリーナ・ウィリアムズ選手のもとで専属の経験があります。主にフィジィカル強化を担当しています。

シラー氏は楽しく明るい人柄で、試合中には大きな声を出して大坂なおみ選手を応援しているようです。

大坂なおみのコーチ陣の報酬はいくらなのか

一流スポーツ選手とコーチがどのぐらいの金額で契約しているのかについてはなかなk表に出てこない情報なので、具体的な情報はありませんが、錦織圭選手がマイケル・チャンコーチに日当50万円ばつ20週間で7000万円という莫大な金額を支払っていたそうです。

ですが、今回USオープンで大坂なおみ選手は日本円で4億2000万円ほどの賞金を手にしているので、同等の金額を支払っているのかなとは予想されます。

世界が注目!日本人初快挙大坂なおみが成長を遂げた理由と今後の活躍

大坂なおみ選手がここまで活躍できたのはもちろん小さいころからの努力や家族の支えがあってこそですが、やはりサーシャ・バイン氏の存在が大きいと思います。

大坂なおみ選手といえば、威力あるグランドストローク、長身から打たれる200キロスピードサーブがすごいと言われていますが、サーシャ・バイン氏に出会うまでは、力任せなところがあり精度にかけたといいます。「君の球なら緩く打っても決まる」と大坂なおみ選手にいい、緩急をつけること、精度をあげること、そして我慢することを彼女に教えてきたといいいます。セリーナ・ウィリアムズのヒッティングパートナーを務めてきたコーチの言葉だからこそ説得力があったのでしょうね。

そして彼女自身も先日の東レパンパシフィックオープンの初戦で1時間未満の超スピード勝利をおさめました。そこで「自分の限界がわからないから、今日の出来は80%」だと言いました。彼女自身も分からない自分の限界、コーチに師事してからまだ1年もたっていません。まだまだ伸びしろがあるという証拠だと思います。

セルフコーチングが注目

大坂なおみ選手の活躍でセルフコーチンが注目されています。セルフコーチングとはいったいなんでしょう。

セルフコーチングとは読んで字のごとく、自分で自分のことをコーチングすることです。通常コーチングというものはコーチをする側とされる側の2人以上で成立しますが、すべてを自分ですることになります。ですが、自分で理想の自分を目標として設定し、その目標に自分で自分に問いながら進めていくものになります。

興味がある方や、目標の自分に近づきたい方は挑戦してみて下さいね。

まとめ

大坂なおみ選手は今まで個人でずっとがんばれてきましたが、今年に入り手厚いサポートが受けられるようになり、今後の活躍がますます期待されますね。

またチームなおみ唯一の女性茂木奈津子さんも個人的には応援したい存在です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする