佐々木朗希母子家庭なのはなぜ?父親の職業や兄弟を調査!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

佐々木朗希投手は母子家庭で育っていますが、父親は東日本大震災で被災して亡くなっています。

佐々木朗希投手は兄と弟の3人兄弟の真ん中で、兄が父親代わりになって母子家庭を支えていますね。

そこで超高校級と言われる理由についてや、佐々木の朗希投手の人間像に迫ります。

佐々木朗希は母子家庭?父親はどんな人?職業は?

佐々木朗希投手の父親は2011年の東日本大震災で被災し、津波によって自宅も流され亡くなられています。

佐々木朗希投手は岩手県陸前高田市出身で、津波によって祖父と祖母も亡くなり母子家庭で育っています。

37歳という若さで亡くなった佐々木朗希投手の父親は、明るい性格で自分よりも周囲の人へ気配りを絶やさない気遣いの人だったそうです。

東日本大震災が発生したとき佐々木朗希投手は小学3年なので、あまりに早い父親の死を想像するだけで胸が痛みますね。

スノーボードやジェットスキーもするアクティブさで、佐々木朗希投手も父親に連れられて様々なスポーツに触れてきていますね。

父親の職業は葬儀屋さんということで勤務時間も不規則ながら、休みの日には子供達と遊んでいたりと優しくもあり厳格な父親という印象でした。

父親が亡くなり母子家庭となった後はお兄さんが父親代わりとなり、佐々木朗希投手を厳しく指導して今の姿があるのは間違いありませんね。

佐々木朗希兄弟は?野球をやっている?

佐々木朗希投手は3人兄弟で兄と弟がいますが、名前が長男の琉希さんと三男の怜希さんで3人とも「希」という漢字が入ってますね。

長男の琉希さんも大船渡高高校野球部OBで、4番を任されていた実力で琉希さんの影響で佐々木朗希投手は野球を始めています。

佐々木朗希投手より3歳年上の琉希さんは、母子家庭の中で誰よりも厳しく指導していたと母親も話していましたね。

野球だけでなく生活面でも佐々木朗希投手に厳しく接して、母親が見ていて可哀想なくらいだったそうです。

琉希さんの厳しい指導もあり佐々木朗希投手は進化していって、気付けば兄をも超える圧倒的な才能を開花させていきます。

佐々木朗希投手も負けず嫌いな性格に火がついたのも、兄である琉希さんのおかげで感謝していると話していましたね。

弟の怜希さんも野球をしていたとの情報もありますが、どこの高校なのかなど詳細はわかりませんでした。

佐々木朗希の出身小学校・中学校はどこ?野球はいつから?

佐々木朗希投手の出身小学校は岩手県陸前高田市立高田小学校で、小学3年の時に高田スポーツ少年団に参加し野球を本格的に始めています。

小学校3年生の時に被災してから母子家庭となり岩手県の大船渡市立猪川小学校に転校していますが、現在まで岩手県で生活していますね。

中学校も岩手県の大船渡市立第一中学校に進学し、軟式野球で141キロを投げ注目を集めています。

硬式よりも軟式だと5キロくらいスピードが落ちるそうなので中学生で軟式で141キロを投げれるのは本当に驚異的な能力ですね。

中学時代には高校野球の強豪校も注目する逸材へと成長し、多くの高校から推薦入学の打診がありました。

しかし佐々木朗希投手は地元の岩手県から離れなかったのも、母子家庭で育った母親の苦労をわかっているからだと思いましたね。

佐々木朗希高校野球での過去の結果は?

佐々木朗希投手は岩手県の大船渡高校に進学していますが、大船渡高校は高校野球の強豪校という感じではありません。

大船渡高校としては1984年に春夏1回ずつ甲子園に出場していて、春の甲子園ベスト4の成績を残しています。

佐々木朗希投手が加入してから大船渡高校は県大会で上位に行きますが、甲子園出場は果たしてませんね。

先日開催された岩手県大会決勝で強豪の花巻東と対戦して、2―12で敗れ今回も甲子園出場は叶いませんでした。

決勝戦に佐々木朗希投手が出場しなかったことに賛否両論ありますが、将来を考えて出場させなかった国保監督の英断は素晴らしかったと思います。

もちろん佐々木朗希投手もチームメイトも甲子園に出たいのは当然ですが、故障のリスクを考えて休ませれるのはも国保監督だけです。

結果的に甲子園出場はあと一歩で叶いませんでしたが、国保監督が批判にさらされているのは私は理解できませんでしたね。

佐々木朗希の進学先はなぜ大船渡高校だった?

中学時代から全国区になり注目を集めていた佐々木朗希投手は、高校野球の名門校の大阪桐蔭からも誘いを受けていました。

普通に考えれば大阪桐蔭に進学した方が甲子園出場の可能性も高く、プロ入りするにもプラスなのは明らかです。

しかし佐々木朗希投手は大阪桐蔭や他の強豪校からの誘いを断り、地元である岩手県の大船渡高校に進学しています。

どうして佐々木朗希投手が大船渡高校を選んだのかは、中学時代から一緒に野球をしてきた仲間と高校でも野球がしたいという理由でした。

仲間と一緒に野球をしたいという気持ちと、東日本大震災で被災した岩手県のためにも地元で野球をすることを選んだんだと思いましたね。

もし大阪桐蔭に入っていれば甲子園で優勝していたかもしれませんが、佐々木朗希投手にとって甲子園で活躍するより大切な事があったはずです。

結果的に惜しくも甲子園出場は叶いませんでしたが、佐々木朗希投手にはプロ入りしてもらって大活躍を期待したいところです。

スポンサーリンク

佐々木朗希の身長体重は?体格が良くてイケメン!

佐々木朗希投手は身長189cm体重89キロですが、引き締まった体格で甘いマスクのイケメン投手ですね。

高校に入った時から体重も10キロ増えているので、自慢の剛速球はさらに進化しているのも間違いなさそうです。

体重を増やすために1日6合のご飯を食べる毎日で、高身長に伴う強靭な体格も形成されていますね。

こちらのツイートでも分かるように一人だけ身長がとびぬけているのが分かりますね。

間違いなく日本人離れした体格で超高校級ですが、もう少し体重が増えれば安定感は増すと思います。

アメリカで活躍している大谷翔平選手も岩手県出身ですし、プロ野球の阪神タイガースの藤浪晋太郎投手など大柄な選手が確実に増えていますね。

それにしても東北から大活躍する投手が多く輩出されるのは、たまたま偶然なのかも気になるところです。

佐々木朗希のプレースタイルや球種は?

2019年のドラフト会議の超目玉候補の佐々木朗希投手は、あの大谷翔平選手よりも潜在能力は高いといわれるほどの逸材です。

日本だけでなくメジャーリーグのスカウトも熱視線を送っていて、日米で注目されている大器ですね。

そんな佐々木朗希投手の代名詞ともいえるストレートは、最速163キロをマークする異次元の剛速球が持ち味です。

大谷翔平選手が高校時代に記録した160キロが高校最速記録でしたが、佐々木朗希選手は163キロとプロ野球でも投げる選手は稀な域に達していますね。

ストレートだけでなくスライダーやフォークなど変化球も曲がりが大きく、緩急を織り交ぜた投球は圧巻です。

まだまだ荒削りな部分もある佐々木朗希投手ですが、高校生として史上最高の逸材といわれるだけの実力はすでに備わっていますね。

佐々木朗希2019年のドラフト目玉候補!プロフィールは?

2019年ドラフトの超目玉候補の佐々木朗希投手について、気になるプロフィールを簡単に紹介していきます。

まず気になるのが朗希(ろうき)という名前の由来ですが、兄の琉希さんが好きだった百獣戦戦隊ガオレンジャーが名前の由来でしたね。

琉希さんはガオレンジャーのキャラクター「狼鬼」が大好きだったので、漢字を変えて朗希望と名付けています。

噂では好きなアイドルは女子高生日本一の福田愛衣さんが好きで、彼女にしたい女性No1のようですね(笑)

令和の怪物と言われている佐々木朗希投手も普通の高校生だなと、好きなアイドルなど何だか癒やされました。

強豪校の誘いを断り地元である大船渡高校に進学するなど、確固たる強い信念があって真面目だなと感じましたね。

佐々木朗希母子家庭なのはなぜ?父親の職業や兄弟を調査!まとめ

佐々木朗希投手について紹介してきましたが、甲子園で勇姿を見られないのは残念ですがその分プロ野球で大活躍が期待されますね。

2019ドラフトの目玉候補で注目され華やかに見えますが、活躍の裏には壮絶な苦労があったと思うと感慨深いです。

これからケガだけには気をつけてプロで活躍する姿を、1日でも早く見せてほしいなと久々に思う選手ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする