八村塁父親の職業は居酒屋経営?身長や元バスケ選手という噂を検証!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

八村塁選手が日本人初のNBAドラフト一巡目指名され、今後どこまで活躍するかワクワクしますね。

八村塁選手の父親の職業は日本で居酒屋経営していて、元バスケ選手だとネット上で話題になっています。

そこで八村塁選手の父親の職業や経歴についてや、居酒屋経営の真相を探っていきます。

八村塁の父親の職業は居酒屋経営?

日本人初のNBAドラフト1巡目9位で指名されたことは、日本人にとって間違いなく歴史的快挙といえます。

NBAドラフトでは年間60人しか指名されない狭き門ながら、さらに9位で指名されたことは大偉業ですね。

一躍注目の的となった八村塁選手を育てた両親にも注目が集まっていますが、父親の名前はジャビロウ・ザカリさんで西アフリカのベナン共和国出身です。

そんな八村塁さんの父親が居酒屋を経営しているとの噂がありますが、今現在も居酒屋を経営しているか詳細はわかりませんでした。

ただ八村塁さんの父親が居酒屋を経営していたことは確かなようで、富山県内で居酒屋をしていたのは間違いなさそうですね。

ザカリさんは日本が大好きで移住しているので、父親として異国の地で頑張る姿は八村塁選手の心に刻まれた感じがします。

バスケ日本代表としても活躍しているアイラ・ブラウン選手は、八村塁さんの父親が経営していた居酒屋の常連だったそうです。

もし現在も居酒屋を経営していたらマスコミが放っておくはずがないので、閉店しているのではと推測しました。

おそらく今現在は居酒屋経営はしていない可能性が高く、どんな仕事をしているか詳細はわかりませんでした。

八村塁の父親の出身は?元バスケットボール選手だった!

八村塁選手の父親ザカリさんは西アフリカのベナン出身ですが、父親も以前はバスケ選手として活躍していました。

強靭なバネの強さとフィジカルの強さは間違いなく父親譲りで、高い身体能力は日本人離れしてますね。

これは父親の影響でバスケを初めたのかと思いきや、八村塁選手は当初は野球をしていたようです(笑)

バスケを初めたきっかけはコーチや友人に誘われたからだそうで、父親も八村塁選手を励まし続けていましたね。

ザカリさんとしては息子がNBA選手になったことも通過点で、信じられない気持ちよりも必然くらいにしか思ってない気もします(笑)

八村塁選手もドラフト1巡目指名されたことは通過点と話していたので、ザカリさんも八村塁選手も遠い未来を見つめている感じがしますね。

最近では大坂なおみ選手やサニブラウン・ハキーム選手などが大活躍していて、ハーフという感覚よりも日本人選手としてみんなが応援している印象が強いです。

元バスケ選手だったザカリさんの高い身体能力を受け継いだ八村塁選手は、日本人が見たことのない世界へと導いてくれるはずです。

八村塁の父親の身長は?妹も弟も高身長!

八村塁さんの身長は2m4cmとも言われていますが、父親のザカリさんの正確な身長は公表されていないようです。

私の身長は183cmですが190cm以上の人を見るとビビってしまうので、2m以上の八村塁選手は間違いなく巨人ですね(笑)

ザカリさんの身長は見た目で判断するしかありませんが、写真を見比べると190cm前後はありそうに感じました。

また八村塁選手には弟と妹が二人いますが全員が高身長で、家族全員が身長が高くて日本人離れしていますね。

弟の八村阿蓮(はちむら あれん)君の身長が194cmで、妹の安美菜(あみな)ちゃんは中学生で172cmと和田アキ子さんもビックリの高身長でした(笑)

八村塁選手と同様に二人ともバスケ選手として活躍しているので、3人で日本バスケ界を牽引していく可能性十分ですね。

これだけ全員がバスケ選手として活躍しているのを見ると、遺伝って本当に重要なんだなと改めて再認識させられます(笑)

もちろん遺伝だけで才能が開花するわけではありませんが、確かな身体能力と天性のセンスがあるからこそ、異次元の活躍ができるのかなとも思いましたね。

スポンサーリンク

八村塁の母親の職業は?父親との馴れ初めは富山県?

八村塁選手の母親は富山県出身で名前は麻紀子さんという方で、職業は英会話スクールで講師をされているようです。

過去には外国語活動講師という仕事もしていて、日本全国の小中学校に出向き英語を教えていたとのことですね。

日本全国の子供達に英語を教えて回るとの事なので、英会話の実力は相当なレベルなのは間違いなさそうです。

麻紀子さんとザカリさんの馴れ初めは公表されていませんが、麻紀子さんもガナンさんも英語を通して仲良くなった感じがしますね。

麻紀子さんが富山県出身でガナンさんと富山で知り合って、急速に恋に落ちたのかなと勝手に想像しました。

きっとガナンさんは日本人男子とは違って積極的にアプローチして、麻紀子さんのハートを鷲掴みにしたのは間違いないはずです(笑)

麻紀子さんも英会話講師として働いていたので意気投合し、国際結婚というハードルも気にせず幸せを掴んだ感じがしました。

家族全員がより団結している感じもしますし、家族それぞれが人を思いやることができる温かい家庭だなと強く思いました。

おそらく今後は二人の馴れ初めもクローズアップされると思うので、どんあ出会いだったか新展開が見られるかもしれませんね。

八村塁の家族が大好き!仲良しエピソード!

八村塁選手は家族思いで家族全員が仲良しでも有名ですが、ドラフト指名後に着ていたジャケットにも家族愛が詰まってましたね。

ジャケットには日本の富士山とベナン共和国の伝統的なデザインが描かれていて、自分のルーツを表現したと八村塁選手は話していたのが印象的でした。

おそらくジャケットはオーダーメイドなのかなとも思いますし、両国のデザインを刻むところにも八村塁選手の人柄を感じましたね。

また同時に今までお世話になった方々への感謝の言葉も述べていたので、両親の教育がちゃんとしてたのが伝わってくる記者会見でしたね。

仲良しエピソードの中でも特に印象的だったのが日本代表として戦ったイラン戦で、試合後のインタビューの中で妹のまりちゃんのためにバースデーソングを歌っていました(笑)

くしくもイラン戦が行われた9月17日はまりちゃんの誕生日だったので、試合に勝利して興奮していた勢いそのままに歌っていた感じでしたね(笑)

また日本での学校生活で見た目が周囲と違うことでからかわれていた兄弟を、いつも守っていたのも八村塁選手だったそうです。

家族思いの八村塁選手なので大きな壁にぶつかったとしても、人の気持ちや痛みがわかる人なので、どんな壁でも乗り越えられると思わせる仲良しエピソードでした(笑)

日本とベナンのハーフとして誇りを持っている八村塁選手は、大スターになれる要素をいくつも持っているなと思いましたね。

八村塁父親の職業は居酒屋経営?身長や元バスケ選手という噂を検証!まとめ

八村塁選手の家族構成について紹介してきましたが、本当に家族思いで心優しい好青年そのままでしたね。

とても素直な雰囲気がエピソードからも滲み出ていて、どんな偉大な選手になるか将来がとても楽しみでドキドキするほどです(笑)

異国の地である日本での逆境にも負けることなく、自分の家族を大切にしてこれたのも両親の八村塁選手への愛情の深さです。

日本人初のドラフト1巡目という快挙はあくまで通過点として、今まで日本人が想像すらできなかったNBAでの活躍も遠い未来の話ではなさそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする