キングヌー常田大希の身長や高校は?中毒性のある音楽センスが最高!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キングヌーは独特な世界観が魅力の4人組バンドで、リーダーの常田大希さんに注目が集まっています。高校時代から独創性に優れていた音楽と、身長以上に存在感を感じるのも大きな特徴ですね。そこでキングヌーの音楽性についてや、常田大希さんの出身高校や身長も調査します。

常田大希の身長は何センチなのか?

常田大希さんの身長は何センチなのかについては、非公表なので見た目から身長を想像するしかありません(笑)

写真から見て身長は175センチ前後だと思いますが、身長以上にオーラがあって大きく見えましたね。

メンバー全員の身長が非公開になっているので、ミステリアスな雰囲気もキングムーの魅力を倍増させている感じです。

メンバーの中でも特に女性人気が高い常田大希さんは、渋くてワイルドなオーラで女性人気が高いのも納得しますね(笑)

普段はワイルドでクールな印象が強い常田大希さんですが、笑うと可愛くてギャップ萌えしてしまいます。

私の意見として音楽バンドは非日常間を出せば出すほど、より魅力的になってファンも楽しめると思っています。あまりプライベートを公開してしまうと幻想しずらくなって、世界観に入り込みにくくなるような気がします。

そういう面から見てもキングムーは非日常感が満載なので、とても気になってしまう音楽バンドなのは間違いありませんね。

常田大希の高校はどこ?

常田大希さんが通っていた高校は長野県立伊那北高等学校で、地元の高校で長野県内でトップレベルの偏差値の高さです。

常田大希さんは長野県が地元で間違いないので、長野県の高校をに進学するのは自然の流れですが、伊那北高校は優秀な進学校なので秀才なのも間違いありませんね。

多くの卒業生は難関大学へ進学するのも大きな特徴で、きっと常田大希さんも音楽と学業を難なく両立していたのかなと想像します(笑)

また伊那北高校は制服がなく服装も派手過ぎなければ自由なので、校則に縛れない自由な感じも好印象ですね。

高校時代の常田大貴さんの情報は少ない感じでしたが、小学生の時からチェロを弾いていて音楽一家で育っています。小学生の時からチェロに触れられる環境は中々ないと思うので、音楽一家で育った環境も現在の常田大希さんの音楽スタイル確立の要因かもしれませんね。

またキングヌーメンバーの井口理さんとは幼馴染ですが、井口理さんの出身高校は非公開のようです。

ただ井口理さんの出身高校は長野県内のようなので、ひょっとしたら常田大希さんと同じ高校の可能性も考えられますね。

常田大希は東京藝術大学出身?

常田大希さんは長野県立伊那北高校の出身でしたが、長野県でも指折りの名門校で文武両道という感じですね。

常田大希さんは東京藝術大学の音楽部に進学していましたが、1年くらいで大学を退学しています。東京藝術大学で常田大希さんはチェロを専攻しているので、超難関大学に合格できるほどチェロの腕前もプロ級なのは間違いありません。

大学在学中には世界的指揮者の小澤征爾さん率いるオーケストラに在籍していたので、音楽センスは底知れずな感じですね。

東京藝術大学でクラシック音楽を学んでいましたが、クラシックで頑張っていく気がなくなって退学しています。

普通に考えたら超難関の東京藝術大学に入学できたら、とりあえず卒業してから進路を考えると思います。

しかし常田大希さんは自分の音楽性を追求するために、大学をキッパリ辞めてしまうのも音楽に対する姿勢の高さが伺えますよね?

まとめると常田大希さんは東京藝術大学出身ではなく、入学はしたが1年未満で退学しているというのが真実でした。

スポンサーリンク

常田大希が作るKingGnuの音楽とは?人気曲は?

常田大希さんが作るキングヌーの音楽の魅力は何と言っても、キングヌーにしか作れない独創的な音楽にあります。

2017年に大ブレイクした米津玄師さんも大絶賛する音楽センスは、研ぎ澄まされた日本刀のような切れ味です。

テレ朝の国民的音楽番組Mステで披露した曲「Slumberland」は、荒々しい曲調ながら激しすぎず心地よい音が印象的ですね。
練りに練られた音楽ですが重すぎず心地良い感じが、キングヌーの音楽に惹き込まれる魅力の一つだと思います。

私が一押ししたい曲は「Sympa」という曲で、落ち着いた曲調ながら透明感ある歌声がクセになる一曲ですね。

そしてMVが個性的でセンス抜群なのも大きな魅力で、この曲を聴けばキングヌーの世界観を間違いなく体感できるはずです。

キングムーはメンバー全員が音楽センスが抜群なのはもちろんですが、しっかりとした下地が出来ているからこそ独特の世界観が生み出されている印象でしたね。

キングムーにしか作れない音楽という表現が全てで、個性的という言葉では表現しきれないほど魅力が詰まった音楽がキングヌーです。

常田大希はイケメンでファッションもおしゃれ

常田大希さんは音楽センスも抜群でイケメンで、ファッションセンスも個性的で男女問わず高い支持を得ています。

26歳とは思えない大人の色気が漂う常田大希さんは、服の着こなし方がさりげなくて男から見てもイケメンですね(笑)

多種多様なファッションを楽しんでいる感じが伝わってきますし、自分が着たいものを着るという強い信念を感じます。

迷彩柄の服やアイテムを身に着けている事が多く、ラフな感じながらも自然なに着こなしてしまうのはセンスが良いからですね。

時には服を後ろ向きに着ていることもあり、ファッションの概念に縛られない自由な発想も魅力的です。特にファッションはに関してはセンスがないと個性的というより、似合わない奇抜な怪しい服装になることもあります(笑)

さりげなく着こなすという事は本当に難しいと思うので、常田大希さんのファッションセンスは本当に羨ましいですね。

常田大希のプロフィール

キングムーのメンバーはプロフィールも非公開の部分が多い感じですが、ここでは常田大希さんのプロフィールをわかる範囲で紹介していきます。

名前:常田 大希
生年月日:1992年5月15日
出身地:長野県伊那市
身長:推定175cm前後
体重:推定65〜70kg

キングムーは現在の4人で活動を始めたのは2017年ですが、前身は2015年にソロプロジェクトとして活動していた「サーバー・ヴィンチ」が始まりです。

数回のメンバーチェンジを重ねて結成されたのがキングムーで、常田大希さんが作詞作曲を担当していますね。

音楽制作だけに留まらず「ペリメトロン」というクリエイティブレーベルを主宰し、映像制作でも独創性豊かなセンスを発揮しています。

ご両親が音楽に精通していた影響もあり幼いころから音楽が身近にあって、中学生の時にはすでに曲作りしていますね。

常田大希さんの作る音楽はジャンルに当てはめることのできない、その時の直感で生まれてくる曲をストレートに表現していると思いました。

キングヌー常田大希の身長や高校は?中毒性のある音楽センスが最高!まとめ

キングヌーの常田大希さんについて紹介してきましたが、2019年に大ブレイクするバンドで間違いないと確信しました。

最初の見た目は激しいロックバンドという印象でしたが、実際は激しさと優しさが融合していて中毒性が強くなるのも納得ですね。

キングムーの音楽を聴くと「他人に流されないで生きることの大切さ」をより強く感じれて、自分の悩みも小さく感じてきて元気が湧いてきます。

マルチな才能を持っている常田大希さんの作る音楽は、今後の日本音楽界に激震を与える予感がしてなりません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする