メーガン妃の子供の肌の色は黒い?髪の毛はチリチリになるのかも!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メーガン妃の子供の肌の色は黒いのだろうかと思っている方がいるようです。メーガン妃は子供の頃髪の毛がカーリーでチリチリだったので、そのあたりも子供に遺伝するかもしれませんね。生まれてくるメーガン妃の子供の肌の色が黒いのか、また髪の毛についてもメーガン妃の子供の頃の様子を踏まえながら見ていきたいと思います。

メーガン妃は子供の肌の色が黒いかもしれないことを気にしている?

みなさんの注目事である、ロイヤルベイビーの誕生がもう間近に迫っていますね。近年のロイヤルベイビーのお披露目といえば、王室ご用達のセントメアリー病院前となんとなく皆さん思っているのかと思いますが、今回ヘンリー王子とメーガン妃は産後すぐのお子さんやご自身のお披露目はしないと発表がありました。

これを受けて、ネット上ではさまざま憶測が飛び交っています。メーガン妃といえば、スピード妊娠だったり、妊娠中のお腹の出方が不自然だと言われたりして、代理母出産で本当は妊娠していないんじゃないか?なんて言われていました。

もちろんこれは根拠のない話ですし、病院前でのお披露目がなんとなく当たり前になっていますが、それを始めたのがチャールズ皇太子と元ダイアナ妃からでした。それが、ウィリアム王子とキャサリン妃も受け継いで通例となっていますが、それまでは自宅出産をし、後日写真を発表というのが一般的だったので、昔に戻ったといえばそれまでなんですよね。

ただ、こうした憶測が広がるのは、メーガン妃が黒人と白人とのハーフだったり、離婚歴があったりと、その生い立ちから、一部のアンチメーガンの人たちがそのように言っているようです。

ですが、今回産後すぐのお披露目はしませんよ!と発表したことで、ネットではますます「見せられないってことは、やっぱり代理母出産ってこと?」と皮肉にも言われてしまっているのです。

メーガン妃自身も世間で色々言われていることを知っているでしょうし、産後すぐの自分や子供を世間の目にさらすことに、ストレスを感じたのかもしれませんね。というか、普通の女性は産後すぐは人前には出れないですよね、普通。無痛分娩が主流の欧米でもそうだと思うのですが…。

それにやはり産前産後の女性って、どこか普通ではないんです。子供を産むために、頭の中がハイになったり、特に初めての出産だと不安なことが多くてネガティブになったり、産後はその疲れで横になって休みたいでしょうしね。

ただ、一方で産後すぐに披露しないのは、やっぱり子供の肌を気にしている?という意見も世間にはありました。

なるほど…。いろいろ考える人がいるなぁ。

ただ単にそっとしておいてほしい、ということだけだと思っていましたが、肌の色について気にしてるかもしれない、という見方もあるのですね。

たしかにメーガン妃と言えば、黒人と白人のハーフです。ご自身の生い立ちの関係から、たとえメーガン妃自身がそういった肌の色などを気にしなかったとしても、世間はそういうのに、絶対触れてきますからね。

実際にはヘンリー王子とメーガン妃の子供の肌の色は黒いという可能性ってあるのでしょうか?次にそのあたりについて見ていきたいと思います。

メーガン妃の子供の肌の色は黒い場合もある?

先に結論をいうと、メーガン妃の子供の肌の色は黒い場合もあります。

遺伝子の優性か劣性(このいい方もどうかと思いますが)かと言う点について見てみると、肌の色に関しては有色人種の方が優性なんです。なので、白人と黒人の子供は黒人の肌の色が形質として現れるはずなんですが、面白いのが必ずそうとも言えないというところみたいですね。

たとえば、メーガン妃自身そうですよね。メーガン妃って白人の父と黒人の母のハーフですが、肌の色が真っ黒じゃないですもんね。なんだかちょうど、間をとったような肌の色ですよね。ほんとに優性だったらお母さんのように黒くなるのでは?と思います。

世界には、やっぱりいろんな事例があって、黒人と白人の両親から肌の白い子が産まれたり、ものすごい稀ですけど、黒人の両親から遺伝子のものすごい確率があたって、肌の白い子が生まれた事例もあるそうです。当然両親は自分の子か?って驚いたそうですけども。

なので、遺伝子の話をみると、肌の黒い子とか褐色とかの子供が産まれる可能性が高そうな気がしますが、絶対といえない、神のみぞ知るってことになるんでしょう。

そう思うと、なんだか肌の色が何色なの?ってそんなことに色めき立つことが、すごくちっぽけなことのように思えてしまいますね。日本では、同じような肌の色をしている人が多いから、この問題には疎いように思いますが、欧米ではすごくデリケートな問題です。特に王室の人間となれば注目も浴びるでしょう。

メーガン妃の子供の頃は髪の毛がチリチリだった!子供はどうなる?

そして肌の色ともう一つ注目されているのが、髪の毛の質や色です。メーガン妃ってアフリカ系アメリカ人の母の血を継いで、髪の毛は子供の頃チリチリでとてもカーリーだったそうです。

こちらが子供のころのメーガン妃の画像です。

おぉ!予想以上ですね!。顔立ちはなんとなく面影がありますね。

ちなみにこちらがお母さんのドーリアさんとのツーショットです。

このように髪質については、母親のドーリアさんに似ているようですね。

一方で子供の父親であるヘンリー王子はどうでしょうか?

ヘンリー王子の髪の毛は赤毛で有名ですね!

父親のチャールズ皇太子と髪の毛の色が似てないので、父親が違うのでは!?なんて噂もありましたが、実は母親であるダイアナ元妃の出身のスペンサー家が赤髪家系みたいですね。

若い頃のスペンサー伯爵(ダイアナ元妃の弟)とハリー王子がそっくりすぎて驚きです。

そしてこちらが現在のヘンリー王子です。こんな感じの髪の毛の色をされています。

髪の毛もどちらに似るかというと先ほどの肌の色と同じで濃い方に出やすいということなので、メーガン妃に似た黒とか暗めの色の髪の毛になる確率が高そうですね。

またカーリーなくせ毛についてですが、これも直毛よりくせ毛が遺伝しやすいみたいなので、くせ毛のカーリーな髪の毛の子が生まれるかもしれません。でも書きながら思ったのですが、ヘンリー王子もサラサラストレートヘアって感じじゃないですよね。

なんとなくクセ毛な感じですよね。

なので、髪の毛の質に関して言えばご両親どちらに似てもクセ毛っぽい感じなるのかなと予想しております。

〇関連記事
ヘンリー王子の子供時代が愛くるしい!実の父親と噂されるヒューイットとは?

メーガン妃の子供の肌の色は黒い?髪の毛はチリチリになるのかも!まとめ

以上、メーガン妃の子供の肌の色は黒いのか髪の毛にかんしてはどうなるのか考えてみました。

先ほどもご紹介しました通り、遺伝の確率的な面でお話をさせて頂きましたが、世界には色々な事例があるようで、その通りにいかない時もあるのが人体の不思議です。

ついつい目に見えるものに囚われがちですが、新しい命の誕生ってやっぱりすごく喜ばしいことですし、一部のアンチがいたとしても、イギリスをはじめ世界ではロイヤルベイビーの誕生にお祝いの声が殺到して幸せな雰囲気になると思います!

ロイヤルベイビーの誕生楽しみですね!

スポンサーリンク

〇関連記事
メーガン妃が妊娠虚偽?妊娠してないとネット拡散その理由は?
メーガン妃に代理出産説?お腹出すぎと不自然さが疑われる!
メーガン妃のお腹に違和感?お腹に手を当てすぎて話題に!
メーガンマークルの母はどんな人物?メーガンの子供時代の画像あり

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする