奥川恭伸投手の身長体重は?U18に抜擢されたドラフト評価が気になる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

奥川恭伸投手が注目を集めていますよね。U18にも大抜擢された実力の持ち主です。さらに奥川恭伸投手は身長が高いと言われています。いったい何cmあるのでしょうか。奥川恭伸投手の身長やU18に抜擢された理由などについてまとめてみました。

奥川恭伸投手の身長体重は?

奥川投手は、2001年4月16日生まれの17歳です。ちなみに奥川恭伸投手の読み方は、「おくがわ やすのぶ」です。珍しい読み方ですよね。

身長は181cm、体重は78kgと公表されています。とても長身の持ち主です。高校生男子ですし、これからも更に伸びるのでしょうか。

奥川恭伸投手の中学校は?

奥川投手は、石川県かほく市出身です。小学校、中学校は地元の学校に通っていました。小学校は、かほく市立宇ノ気小学校。中学校は、かほく市立宇ノ気中学校です。ちなみに「宇ノ気」は「うのけ」と読みます。

小学校時代に野球を始めた奥川投手。中学校では学校の軟式野球部に入部しました。でも、普通の公立中学校の軟式野球部でしょ?と思いますよね。実は、奥川投手が通っていた宇ノ気中学校というのは、野球の強豪校として知られているのです。現に、奥川投手が中学3年生の夏、「全国中学校軟式野球大会」で全国大会優勝を果たしています。

生まれ育った地元に、たまたま野球の強豪校があったという、なんという幸運の持ち主なのでしょうか。

中学卒業後はご存じの通り、同じ石川県内にある、こちらも野球の強豪校として知られている星陵高校に進学しています。

ちなみに、今現在、星陵高校で供に汗水を流している山瀬慎之介捕手とは、小学校4年生のころからのバッテリーです。もちろん、中学校も同じで、供に野球部に所属し、全国制覇を果たしました。

この2人が星陵高校に進学を決めた理由は、「星陵高校での高校野球全国制覇」です。この2人がバッテリーとして存在するだけで、仲間としては心強いですし、敵としては嫌な組み合わせですよね。

スポンサーリンク

奥川恭伸投手のフォームや球速、球種は?

高校2年生の現在で、ストレートの最速は150km/hです。高校2年生で150km/hを投げることが出来た投手は、過去を遡ってみてもたった4人しかいないのです。

安楽智大投手、田中将大投手、大谷翔平投手、そして奥川恭伸選手の計4人です。

ちなみに、スライダーは120km台、カーブは110km台、フォークは130km台、チェンジアップは120km台となっています。

また、ストレートも試合の展開に合わせて4段階も使い分けることができるというのです。驚きですよね。更には、この4段階に使い分けることのできるストレートのコントロールが抜群なのです。このコントロール抜群なストレートによって、奪三振率の高さも驚異的なものになっています。

秋に行われた明治神宮大会では、今まで田中将大投手(駒大苫小牧)が大会奪三振率記録保持者として14.1という記録を持っていました。

しかし奥川投手は、奪三振率14.63で、田中投手が持っていた記録を塗り替えたのです。当時、田中投手もコントロール抜群ということで支持されていましたが、その大記録を越えたということで、今後更に注目が集まる気がします。

奥川恭伸投手の驚愕のトレーニング方法とは?

奥川投手のトレーニング方法が、とても独特だと話題になっているのです。

電車通学をしている奥川投手。暇な車内で、バインダーのクリップをつまむという自己流すぎるトレーニングをしているというのです。このトレーニングのおかげで「練習方法が正しいかはわからないが、指先にボールが引っかかる感覚がつかめた」らしいのです。そして、ボールの回転数を上げることが出来るようになり、直球の質を高めることに成功したのだとか。更には、このトレーニングによって様々な球種を自分のものにしたのだとか。

一見、それは何かの役に立つの?と思うものでも、実は役に立つということがあるのですね。それに学校へは毎日通いますし、その車内で気軽に出来るトレーニングっていうところが良いですよね。

奥川恭伸投手U18に大抜擢!

奥川投手は「第12回 BFA U18アジア選手権 U18日本代表」に、2年生で唯一抜擢されています。

2年生で大抜擢された理由は、星陵高校という野球の強豪校で、高校1年生のときからエースを任されていた実力と、その将来性を評価されたからだとされています。

また、2018年の夏の甲子園大会の地方予選でも、5試合無失点という驚異の実力で、チームを甲子園出場に運びました。1年生の時から強豪校でエースとして試合に挑んでいた実力が買われたのですね。

奥川恭伸投手ドラフト評価や今後の課題は?

早くも2019年ドラフト有力候補と呼ばれている奥川投手。

なんでも2018年の神宮大会では、プロ野球全球団のスカウト陣が奥川投手の元へ訪れたのだとか。しかも、阪神に至っては、スカウト7人体制で挑んだというから驚きです。

広島のスカウトは、「球が速いし、変化球も低めに集まる。あまりこの時期には言わないけれど来年の1位候補、来年の目玉になるね。担当スカウトは星陵の近くに引っ越したほうがいいんじゃないか」と語っています。

DeNAのスカウトは、「高校生の中では頭1つ抜けている。順調にいけば、来年のドラフトではどの球団がくじ引きを当てるかという存在になる」と語っています。

また、「フォームもボールの軌道もぶれない。下半身の使い方がうまい」と語るスカウトや、「ストレートのギアを4段階で使い分ける組み立てのうまさがある。すべてが高校生離れしているレベル」と語るスカウトもいて、高校生らしからぬ実力に、どの球団のスカウト陣も衝撃を隠せないようです。

ここまで、奥川投手は高校生にしては完璧すぎて、欠点がないように記載してきましたが、どんなプロ野球選手でも欠点はあるように、もちろん奥川投手にも欠点はあります。

それは、上体が勝った投げ方をすることです。上体が勝った投げ方をすると、肩を痛める原因にもなるのです。そして球持ちもよくないのです。

プロに入ったあとの投球練習で、フォームを改善させられる可能性もあるということですが、改善したとしても奥川投手の強みでもあるコントロール力はなくさないでほしいと願うばかりです。

スポンサーリンク

奥川恭伸投手のこれまでの実績は?

奥川恭伸投手は星稜高校に入学後、1年生の時の春の北信越大会からベンチ入りをしています。星稜高校は言わずと知れた強豪校ですので、各学年30名弱、3学年で約80名にもなるので、その中で1年生からベンチ入りすることは、とてもすごいことなんですよね!

同じく1年生の秋にはエースとして活躍し、登板した8試合に全て先発出場し、63奪三振という、まさに奪三振ショーをみせてくれました。この奥川恭伸投手の活躍で、見事県大会優勝、続く北信越大会でも準優勝に貢献しています。

2年生の夏の甲子園では、球速150kmをマークして注目されたのは記憶に新しいところだと思います。

そして19年の選抜の初戦では、強豪履正社を相手に17奪三振で見事完封し、幸先の良いスタートを切っています。

2019年でのドラフトでは、複数の球団から上位での指名が入るのではないかと言われている逸材です。

奥川恭伸投手の性格は?

奥川投手の性格をよく知る、宇ノ気中学校の野球部の監督は、「とにかく謙虚」と語っていました。そして、「真面目」だそうです。

奥川投手は、どのマウンドに立っても常に笑顔を絶やさないそうです。それが甲子園でも同じなのです。野球少年には憧れの地・甲子園でも、緊張せずに笑顔を見せられる奥川投手。相当ハートが強いのだなと感じました。

この常に笑顔を絶やさないことについて、奥川投手は、「常に笑顔でいることで、観客やいろんな人を味方に付けられる。野手にも安心感を与えられる」と語っていたのです。投手という責任感重大なポジションにいる中、他の選手のことまで気にかけることのできる器の大きさに驚きです。

笑顔を絶やさない奥川投手。星陵高校野球部のスローガンが「必笑」なのです。「必勝」ではなく「必笑」なのです。逆転が出来なさそうなゲーム展開になっても、笑顔で居れば結果は変わるという歴代監督の言い伝えなのですが、実際に2014年の夏の甲子園の石川県予選で、9回裏に8-0で星陵高校が負け確実かと思われていた試合があったのです。しかし、当時の監督が「笑おう」と言うと、なんと9回裏で逆転し、サヨナラゲームとなったのです。それだけ笑顔の力って大きいのです。

奥川投手もそのことを知って、笑顔を大事にするようになったのでしょうか。

奥川恭伸投手の彼女は?

高校の中できっと野球部は特別で、しかも強豪校となると部員もたくさんいますよね。その中のエースピッチャーと言えば、女子がほおっておくわけがありませんよね!

ですが、今のところ奥川恭伸投手に彼女がいるという噂はありませんでした。

情報がないだけで彼女がいる可能性もゼロではありませんが、もし今後野球を続けていこうと思ったら、とても大事な時期を迎えているはずです。高校野球に悔いを残さないためにも、そしてこれからの野球人生の為にも、今は野球に集中している時期なのかもしれませんね!

今後彼女に関する情報があれば、こちらでもお知らせしていきます!

奥川恭伸投手はマー君に似てる?

そんな奥川恭伸投手ですが、マー君こと田中将大投手に似てると話題のようです!

さっそく画像を見てみましょう!

いかがでしょうか?

SNSでの反応では目元がよく似てるという意見が多かったです。

顏のほかにはフォームが大谷翔平選手に似てるという声も見かけましたので、次の星稜の試合では奥川恭伸投手の顔やフォームにも注目してみてくださいね!

奥川恭伸投手の身長体重は?U18に抜擢されたドラフト評価が気になる!まとめ

怪物と言われた松坂投手よりも、怪物感がある投手なような気がします。強豪校で1年生からエースを任されるのは本当にすごいですよね。上級生からのやっかみも少なからずあったのでしょうけれど、それを跳ね除け、自分の持つ力を試合で出しきれるところに、強い精神力を感じます。

ドラフトの行方が本当に気になりますし、楽しみですね。どうなるのでしょうか。わくわくします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする