メーガンマークル髪の毛がボサボサで王室にふさわしくない?妊娠予兆説もあり!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メーガンマークルの髪の毛が英王室らしからぬボサボサになっているとか…。ボサボサは王室にはふさわしくないとまで言われているようです。ですが髪の毛がボサボサなのにもメーガンマークルのスタイルがあるようですね!王室にふさわしくないと言われている髪の毛ボサボサ画像と合わせて、ご紹介していきたいと思います。

メーガンマークル髪の毛がボサボサ画像はこちら

これはメッシ―バンというヘアスタイルで、海外発の無造作に後れ毛などを出したおしゃれなお団子ヘアのことなんです。なので、ボサボサというとちょっと語弊があり、一般的にはおしゃれなヘアスタイルなんですよね。

メーガンマークルといえば、このヘアスタイルが定着していて

キャサリン妃と一緒に写っているこちらも、無造作な感じで顔のサイドの髪の毛も無造作にでていますよね。

メッシ―バンをしたメーガンマークルの後ろ姿もありました。ゆるふわっとまとめられたヘアスタイルがとてもおしゃれですよね。

メーガンマークル王室にふさわしくない?

ですが、このおしゃれなヘアスタイルですが、なんとイギリス王室にふさわしくないということでイギリス国内ではよく思わない人もいるようで、評判はいまひとつのようです。

一般的におしゃれなこの髪型ですが、ロイヤルファミリーともなると話は別なんでしょうね。「その辺のモデルじゃなくて、ロイヤルファミリーなんだからもっと気品ある高貴なヘアスタイルをしてほしい」というのがイギリス国民が王室に求めるあり方なのかもしれません。

そういったふさわしくないという声がメーガン妃に届いているのか、心なしか最近は同じお団子ヘアでもサイドがキチっとまとめられているように感じるのは私だけでしょうか…

なんとなーく、こんな感じで髪の毛をきっちりまとめていることが多い気がします!!

メーガン妃もしかして…気にしてる!?

スポンサーリンク

メーガンマークル髪の毛ボサボサは妊娠の予兆だった?

メーガン妃の髪の毛がボサボサだったのはただのおしゃれではなくて、妊娠の予兆だったという説もあります!これはどういうことかといいますと、メーガン妃の髪質に関係しています。

メーガン妃は黒人の母と白人の父のいわば黒人と白人のハーフということになります。黒人の血を受け継いでいるメーガン妃の本来の髪質は母のドーリアさんのように非常にカーリーだそうです。

あれ?でもメーガン妃はお母さんのようにそんなにクルクルしてないよね?と思ったあなた!

その通りです。メーガン妃は女優時代にそんなカーリーな髪の毛をまっすぐにするために「ブラジリアンブローアウト」を施術していることを話していました。

その施術をずっとしてきていたと仮定すると、やはり気になるのが化学物質です。日本でも妊娠中はあまり髪を染めたりするのは良くないといったりしますが、メーガン妃もその施術での化学物質の影響を考えて施術を控えているのではと考えますよね。

施術を控えて、本来のメーガン妃のカーリーな質感が出てきてしまい、ボサボサになってしまっているのかもしれません!これもメッシ―バンといえばおしゃれだけど、ボサボサといえばボサボサ…

メーガンマークル髪の毛がボサボサで王室にふさわしくない?妊娠予兆説もあり!まとめ

以上メーガン妃の髪の毛について調べてみました!

・メーガン妃のヘアスタイルとして定着しているメッシ―バンがボサボサに見える
・ふさわいくないというのはロイヤルファミリーらしく気品のあるヘアスタイルにしてほしいというイギリス国民の期待がある様子
・メーガン妃の本来の髪質はとてもカーリー。ボサボサに見えるのは妊娠中のため矯正を控えているからという説もあり

ロイヤルファミリーになると、髪型一つとってもここまで話題になってしまうので、とても大変ですね。生まれてくる子供の髪質がメーガン妃に似たらまたそれも話題になりそうですね。

スポンサーリンク

〇関連記事
ヘンリー王子の子供時代が愛くるしい!実の父親と噂されるヒューイットとは?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする